すぐに役立つコンテンツ

会社が倒産して借金の残る60歳の社長が行える新しいビジネスはありますか?【Q&Aコーナー】第529回

こんにちは。河野です。
今日も開封していただきありがとうございます。
(テキスト、動画、音声それぞれでお届けします。)

「知人が近年ビジネスに失敗して任意整理をする羽目になってしまいました。
そんな方でも取り組めるビジネスはありませんでしょうか?
知人は60歳を超えており、会社に勤めつつ親の介護もしています。」

非常に胸がギュッと苦しくなるご質問を視聴者さんからいただきました。
だから真剣にお話していこうと思います。

要約すると、何かのビジネスをなさっていた先輩で、
任意整理ということは、負債つまり借金を抱えたまま倒産したということだと思います。

生活と返済があるので会社勤めに戻られていて、
かつプライベートでは親御さんの介護があり、
年齢は60歳とのことです。

字面だけでは測れないほどの、ご苦労や苦悩、悔しさ、日々の暮らしに追われるけど体力が減っている辛さ、
体力を増強したくてもその時間もなくて悪循環。

などがおありになるかもしれないなと思いをはせると、
軽々しく「大変でしたね。でもね!人生100年。もう1回チャレンジできるじゃん!」みたいなノーテンキなことは僕には言えません。

ただね、希望は盛りだくさんだと思います。

ポイントは「なにか取り組めるビジネスはあるか?」って質問をしていただいているところ。

ご友人からのコメントなので、ご本人もそう思ってるかはわかりませんが、
何かできるビジネスはあるか?と前向きな課題を持ってるだけでも、ものすっごい希望だと思います。

結論から言えば、もちろんあります。

が、いささか説明が必要です。

なぜか?

「年齢なんて関係ない。なんでもいいからやってみよう!」
とか
「とにかく成功するか試していこうよ!」

という類ではないからです。

カーネルサンダースは65歳のときにケンターッキーフライドチキンを創業しています。

こう考えればまさに「人生100年時代。年齢は関係ない。」となるのですが、
僕は50歳60歳でのオンラインビジネスへの参入もたくさん支援してきましたので、そんなにノーテンキではないこともよく知っています。

つまり、その人ならではのやり方を選ばないと結構むずいんです。

このかたならではのやり方、それが重要になります。

てことでこのかたならどういうビジネスか?それはなぜか?みたいな話をさせていただきますね。

Aさんご友人のことご心配だと思いますがお答えお送りします。

今日もYouTube動画とPodcast音声でどうぞ。
*今回からメール下部に文字起こしバージョンもおつけしています。*

動画で見る|会社が倒産して借金の残る60歳の社長が行える新しいビジネスはありますか?【Q&Aコーナー】

*文字起こしバージョンは最下部にあります。

【雑談】悪口を言われたけど笑った話。

僕は10年以上ネットで情報配信をしてきました。

巷のインフルエンサーとは違い、視聴者や世間にさらされる数はしれてますので、いわゆる誹謗抽象に悩まされたり、
嫌がらせに困ったりはほぼありません。てか全然ありません。

でもね、たまーに悪口を書かれることもあるんです。

あ、ご意見じゃなくて普通の悪口って意味です。

どんなのかというと、、、

「その高い声なんとかしろ!頭いたくなる!」

みたいなの。(笑)

たまーにですよ。10年で3回くらい。

最初の1個は見ると落ち込むのと腹たつのが混在してました。
「どうせ俺なんて・・・いやいや、お前がなんぼのもんじゃい!人の声とか馬鹿にすんな アホ!」みたいな。

次の2個目は無視するようになります。
なんていうか忙しいから、気にならないっていうか、気にしてあげられない感じ。「暇な人だなー」てところ。

で12年ごしで先日3個目を発見しました。

でもねこれは無視しなかったんです。
腹もたちませんでした。落ち込みもしませんでした。

笑ったんですよね。

あ悟ったんじゃなくてですね。

なんて書いてあったかというと、僕の話している動画のコメント蘭に一言

「ヘリウム?」

って書いてあったんです。

なんていうか、質問すか? って感じなんですよね。

あなたの声は異常に高いですが、ヘリウム吸って話しているのですか?

って聞かれてるような、
馬鹿にしてるような。。

ってことでこの絶妙さに笑ってしまいました。
子供たちもこの話をしたら爆笑。

(てか おい!って突っ込んどきましたが)

ま本当どうでもいい話でしたが、とはいえみなさんは悪口なんてネットに書き込んだり
それを一生懸命読むような暇人にはならないでくださいね。

自分は座ったまま、自ら歩いていて転けた人を笑うのがたぶん世界一格好悪いですしねw

文字起こしで読む(テキスト版)|会社が倒産して借金の残る60歳の社長が行える新しいビジネスはありますか?【Q&Aコーナー】第529回

■文字起こしバージョン
「知人が近年ビジネスに失敗して
任意整理をする羽目になってしまいました。
そんな方でも取り組めるビジネスはありませんでしょうか?
知人は60歳を超えており、会社に勤めつつ親の介護もしています。」

こんにちは。河野です。
今日も僕のpodcastとYoutubeご覧いただきましてありがとうございます。

さて今日の撮影は9月の末に行っておりますが、
なぜかと言うと、いろんなご質問に答える配信を増やしていきたいと思ってますので、
今日は撮りためで利用させていただいております。

多分配信回数529回目になってると思いますが、今日も張り切っていきましょう。

今日も皆さんのご質問にお答えします。

アンケートで皆さん視聴者の皆さんから河野に直接配信で答えて欲しいことを頂いて、
すごいたくさんいただいています。

イタリア・トルコ・スペイン・オーストラリア
カナダ・アメリカ・バンコク・シンガポール・デンマーク・スイス
フランスはもちろんですねイギリス、あらゆる国からいただいてます。
早いもの順に答えてますので自分の番がくるまで待ってください。

じゃ今日の質問いきます。

「知人が近年ビジネスに失敗して
任意整理をするはめになってしまいました。
そんな方でも取り組めるビジネスはありませんでしょうか?
知人は60歳を超えており、会社に勤めつつ親の介護もしています。」

というご質問でございますですね。

とってもプライベートな内容を頂きました。
本当にありがとうございます。

タイトルに倒産とかってかいているかもしれませんが倒産とはちょっと意味が違いますからね。
誤解なきように補足しましたけど、でもやっぱり事業を失うと言いますか存続できなくなっているって事だから
今日は倒産と呼ぶようにしましょう。

六十歳で改めて会社に多分まあ収入が必要だからか、会社にも勤めていらっしゃって、
親の介護もあるのだから、老々介護になりつつあるのかもしれません。

60だと僕と10個しか上ではない形ですけれども老老介護という感じで非常にしんどいと思います。
しんどいと思いますね。

本当に心中お察しなったことない奴が言ってもしゃーないけどお察しするわけでございます。

本来のご質問は、そんな方でも取り組めるビジネスはないか?ってこと。

だからもう1回ビジネスをしたいということだと思うんです。

ちょっと背景が前の仕事が何だったか?つまり任意整理をした事業は何だったか?
ちょっと分からないのと、あとに任意整理はするってことは日本の方ですよね?

というふうに想像して申し上げます。

まず一つ、前提として大切な話を先に。

まず一つ言えることなんですが
このご時世でございますし60歳という年齢でございますので、
とにかく心身ですね。

心身。心とフィジカルという風にしましょう。

心の問題は僕今把握できませんので
心身ともに健康でい続けるということを
とにかく優先いただく方が良いと思うんですね。

人の資産を金融資本、社会資本、自己資本とよく言ったりします。

自己資本って自分の働く能力のことなんですが
これがある限りは食っていけるし、なんとでもなります。

年金の支給年齢引き上げても大丈夫という説って僕は賛成なんです。

もうは政府もそういうつもりですからね。(長く働いてもらう)

ずっと働けるということがとにかく社会の前提なら、
心身の健康を保つことを妨げるものはとにかく排除するということが重要じゃないかと。

彼はこれをとにかく最高に優先することだと思います。

僕も年を取ってきたので(まだまだ若いつもりですけどね)
健康って本当に大事になってると思うので。

これはねまあ不健康になってからしか、気づかないかもしれないけれども、
心とか特に大事です。

それを優先して長く働ける体と心を維持するということは何ものにも変えがたいです。

なんか金儲けできる一攫千金狙うようなyoutube見てるぐらいだったら絶対に心身を整えることに使うべきだと思いますね。
太陽の下で歩くとか、好きなもの食べるとか?運動するとか。嫌いな奴とは付き合わないとか。

それがまず一つです。

人生の先輩の方に対してですが、つくづく思います僕は。

さて本論に戻ります。

何かできるビジネスはあるか?

ということなんですが、非常にあのー生意気なことを言いますと
六十歳の方でいらっしゃるのでITスキルが僕読めないんですね。
怪しいかもしれませんよね?

ただインターネットのマーケがどうのこうのって配信してる僕に対して質問しちゃうってことは、
その後本人もITに強いのかなという、ちょっとぐらいわかるのかなあという前提でお話をします。

やれるビジネスには二つの流れがあると思います。

一つはキャッシュを早くって流れ。

「とにかく金になればいい。」

だって、時間もないですよね。
介護もなさってるからとにかく時間がない。ヘトヘト。
時間があまりない中でキャッシュがとにかく早くしたい。
という流れが一つ。

もう一つは、もう一回ちゃんとビジネスをやってきたい
という流れ。

しっかりとビジネスを作ってみたい。
そのためには時間がかかってもいい。
というこの流れ。

どちらにせよ、お金はないという決め事にします。

かなり最近この配信で、
「もしあなたが明日全てを失ったらその次の日からどうしますか?」
というテーマに答えはまあまあかぶります。

それの六十歳バージョンということになると思うんですね。

六十歳の人でもITが得意で、時流の流れにも詳しくて、
深みがあって、すごいスピード感あるような60歳の人もいれば、

なんも分かんねえ!みたいな人もいるじゃないかな。

この方がどっち側の人かわからないとちょっと何とも論じられないんだけども、
どっちのケースについても触れていきたいと思います。

行えるであろう2つのビジネスですね。

1つ目:

すぐに副業としてキャッシュを得るということで言うと、
一番早いのは、転売で中国あたりで日本で売れてるものをOEMとかにして仕入れてくる方法。

ただこれはお金も使うしリスクも多少とるので、
べたな転売をしていくのが一番いいです。

キャッシュは早いと思います。

売れてるものを探して出品する。
ただし条件はamazon転売できるもの。
FBAを使うものだと金がかかるので、無在庫でも送れるものですね。(ほんとはダメだけど)

そうなると、自ずと商材は海外のものだったりになるんだけど、
収益が出てくれば、在庫をちゃんと抱えながら転売する形に転換するとか、
このスピードはやっぱり早いは早いとは思います。

でもあのあえて言うとしたら、こっち側は選ばなくてもいいかなとも思っています。

それが2つ目の流れです。

2つ目:

だって、せっかく会社も経営なさって、すごく経験があるわけですよ。

いろんな人生経験もあると思います。
人の機微についても含蓄をおもちなんだろうと思いますね。

そういう経験や人間力を使うほうが、長い目で見たら金になるとは思うんですよ。

そうなるとやっぱりこれね。
前の畳んだビジネスが何かを知りたいんですけど
一番長くなさっていた、ビジネスの得意なものを
今すぐに売れるものに置き換える
ってのが一番いいと思います。

あくまで例ですけど、

任意整理をなさっているんですから、
任意整理をする際には、おそらく司法書士か弁護士とかに手伝ってもらったりなさったんだと思うんです。

任意整理というのは、要求がとても多い。

これから、ほんと不吉なこと言いますけどもすごい任意整理とか倒産はもっと増えると思います。

そう考えていくと、
任意整理をなさってるって事は
任意整理は詳しいですよね?

であれば、任意整理の相談を受けたりとか
その仕事をアサインするようなサービスなら立ち上げられるかなと。

非弁行為とか法的な問題ありますから、弁護士事務所だったり
なんとか事務所しか受けちゃいけないというサービスの場合は
自分ならできないんだけど儲かってない弁護士や司法書士の方と交渉して
その集客をアサインするディスパッチするっていう所っていうのはできるはずなので
そういうビジネスを立ち上げるのは可能じゃないかと思います。

仕事が取れるかどうかがとにかく重要なので、
任意整理の相談を受けつつ、コンサルティング的なことをして、
業務実業務は事務所に任せる。

そして利益を分ける立ち上げ方ってのは非常にやりやすいだろう
というふうには思います。

もちろん集客は広告使うのでも、
自分の経験とかからブログ書くのでもいいと思います。

広告のお金ないよ。
youtubeの時間もないよって話はあるかもしれないけど、
お金は小銭、1万円とかで始められますから、
広告も出せるとは思うんです。

前の仕事を生かすももっといいです。

前の仕事がどういう仕事かにもよるんですけども、
たとえばフランスのクライアントさんで、
電子回路を設計するような専門的なエンジンニアとして働いてた方がいます。

そういう方がいらっしゃいましですね、
すごい頭のいい方で、真面目な方でしたが
なんだかんだでやっぱりいろんな商売に目が行くんだけども
あの現在はその時のスキルだったり
知識を活かして
IOTの構築を受託するようなビジネスで独立なさいました。

電子回路の基礎知識がそのまま流用できるし、
新しい技術を覚えたり、何かを作るのは本業なわけです。

こういうのをBTOBで立ち上げることによって
お客様がどんどん来ています。

やっぱり自分が得てきたスキルや経験を上手に使ってる例だと思いす。

極端に言えば、前と同じ仕事とか、前と同じ会社をやれっていうのもあります。

もちろん、やり方が悪かったから倒産したんだからまだダメかもって話でもあるんですが、

倒産ていうのは、簡単に言えば
出ていくお金より入ってくる金が少ない状態が預金がなくなるまで長期続いたってことです。

これって、簡単に言えば、
そのお金の出入りをいじくるだけでもたちゆくこともあるし、

そのサービスや商品の販売の量を増やすことをしていけるならそれでもいいと思うし、

売れないものだったのであれば、付随する別の売れる物を売っていくというのもいいと思いますね。

もちろんかったるいこと言わず明日儲かること教えろよってことかもしれません。

それなら転売をしたほうが早いです。

来月とかにとにかく金にするなら、転売やったほうが圧倒的に早いです。

もちろん、それが50万円とかの収入を超えてくるとちょっと違う領域に行くんですけども
10万20万みたいな収益からスタートしてくのであればね、
転売が一番早いのかなと思ったりもしますね。

もちろんオンラインビジネスをしようってのもありです。

ただ、60歳という年齢と
これまでは社長業と考えると
できる条件は限られてくると思います。

例えば何だろう。
設計事務所を経営してて、
設計事務所を倒産させてしまったんであれば、
CADの習得講座をオンラインでやるとかね。

そういう何かの資格取得講座をやるとかいうことでもいいかもしれませんね。

このご回答でもし足りなければ、
また質問だけをいただくことをやろうと思ってますけど
メールとかでもいただければ追加アンサーもしていきますね。

その場合はまた教えてください。

まーでも非常にしんどいとと思います。

60歳になっては勤めにもいかなければいけない。
雨でもいかくちゃいけない。
新しい職場で慣れない。
親御さんの介護をしなければならなくて。
お父さんのお母さんはどちらかわからないけど
やっぱり痴呆が進むとイライラしたりとか
強くなろうってこともあると思ってて
とてもしんどいですよね。

僕が起業した時に子供がちっちゃくて、給料払えなかったんですよ自分に。
子供の靴も買えなかったんです、
みたいなのとは次元の違うストレスだと思うんです。

だから、とにかく僕は一番怖いのは、心身です。

とにかくね。
心身のケアを優先して、ケセラセラ(なるようになるさ)になっていただいた上で、
取りくんでいただいた方がいいかなって思います。

転売も、宝探しみたいで楽しいって人もいっぱいいるからそういう気持ちでやってほしいですね。
他のビジネスも同じくです。

あまり長く働けなくなるようになることだけは避けていただきたいなと思います。

あとね。

今コロナの時期だからか知らないけど、
投資先もしくは投資詐欺まがいの案件がすごい。

それだけ気をつけて。

儲け話を他人に話す人なんて世界にいませんからね。

ということで、、
今日は短めでございますけども
追加でまたいただければ
お答えできるかと思います。

論点は、その方の経験は宝なので、それをずらした形でサービスができるんではないか
ということなんです。

応援してます。
本当応援します頑張っていきましょう。

相談いただきましてありがとうございました。

(雑談)
今日の雑談はですね
悪口について話そうと思ってまして
これあの子供に言うと
いつも受けるんで話すんですが
僕がこれまでささやかながら配信もしてますね
有名人じゃないですからそのコメントとかね
誹謗中傷なんてほぼ
来ない敵とかにありますけども
来ないだけですけども
悪口を明確に書かれたこともありますね
そうか今回も
食われたことがある内容なんですけど
広告かなんかかな
なんか広告で子が喋ってる
広告クリエイティブがあって
そこにコメント書けるでしょ
facebookとかってその
コメントに書いてるので一言ですよ
たった一言ヘリウムはてなって書いてあったよ
と思ってなぜかと言うと声高いですか
声高いから今
この声が嫌いな人は木に来たけども
これだけだもん
高いからしょうがない
将来とら大黒喋れないから高いんだけど
もうこれかっこいいんですね
僕podcastにも
そのヘリウムみたいな声をやめろって書かれたり
とかあと何にかかるのかなんか加減だよ
声みたいな事を考えが参加ですよ
でも人の身体的特徴とかを嫌がってよ
という風には思う思うけども
もうごじゅーになって
これを持ち込むほどまやはではない
つもりなんですが
最初あって渋い声だなと思ったけども
できないしと思ってるしね
でも今回の悪口は結構面白くて
でかいダンス悪く言うか疑問なんだなーって
捉え方で面白いな
初めてなんか間口っぽくないし
てきっぽい悪口見てくださって
笑わしてあげましたこれ子供に言うと
ね結構やって笑って喜んでくれるので
そんなことして言っちゃだめだ
よっということでは
面白いなぁと思っておりまして
なので皆さんですねいないと思うけども
悪口とかね
誹謗中傷という格好いちゃもんと言いますか
そういうのはね暇暇そんな暇ないでしょ
あのいろいろ自分の
ことでね当たった方がいいと思うので
笑えるやつだったですよね
ぜひね反射的にこうなんかやっちゃう子だった
そうですかイラっと金太のトムソーヤ
深呼吸して
まああのあれですよ
アドラーじゃなくて昨日ですね
感心のあなたには関係ない
僕らには関係ないことですか誰が何
をしようかどうしようかね
ほっとけほっとけ
時間関係なくそういう風に思えばね
いろんな自分のことに集中できるかな
と思いますので
あと声が高いとか自分の声が低いとか
あの気になってる人のですね
言われることはせいぜいヘリウムぐらいですから
自信を持ってこの声が嫌い
だったら聞くんじゃねえよ
この野郎と言うぐらいで
ちょうどいいと思いますので
お互い気にせず行きましょう
どうでもいいなことで悪口でもね
面白い悪口だったら笑える
相手が笑うようなるってだったら
あのなんか面白いかもねございました
それではまた来週お会いしましょう来週
じゃない、また今度!

似たような記事はこちら
最新の記事はこちら