コンサルティングサービスについて
お問い合わせ

すぐに役立つコンテンツ

広告とSNSどっちで売るか?【第631回】

あなたはSNSで集客したい派ですか?

・インスタでフォロワー増やして集客したい
・YouTubeで再生増やして集客したい
・TikTokで新規客を獲得した

でも、多分なんですがSNS集客とかの理解は”ざっくり”か”ふわっ”としていると思うんです。

自分のSNSアカウントを見る人が増えて、その人たちがものを買ってくれる。
それなら無料だし信頼関係のある顧客なのでその後もビジネスが有利に進められる。

こんな感じですよね。

ま、その通りなんですが、
1個だけ明確にしておきたいことがあるんで今日はそれをお話しますね。

「SNSで集客だけしたいなら簡単だけどなにか?」って話です。

経験者には当たり前な話かもしれませんが、
フワッとしてるならぜひ読んでみてください。

YouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。
*メール下部に文章バージョンもおつけしています。*

 

動画で見る|広告とSNSどっちで売るか?

文章バージョン続き|広告とSNSどっちで売るか?

まず僕らの目的を整理してみましょう。

きっと何かを売ることですよね?

または売りたいものがあるってことだと思います。

それを売りたい。
SNSを使って、SNS経由でその商品なりサービスを知って買って欲しい。

きっと良いもの、役にたつもの、人が欲しくなるものだと思います。
知ってもらえれば売れると思うもの。

知ってもらう方法がSNS。

SNSでアカウントを作って、そこで自分の商品やサービスに興味がありそうな人、買いそうな人をたくさん集める。
そこで商品を紹介していく。

ここまであってます?

てことはインスタなり、YouTubeなりで誰かに見てもらえれば目的は果たせることになりますね。

極論を言えば商品を紹介する投稿なり動画なりが多くの人の目に触れればいいわけです。

自分のアカウントで大量の人がみようが、広告で人気投稿の合間に露出しようが結果は同じ。

SNSで売るってことになります。

そして広告のほうが何十万人に露出できるだけ有利。

てことは、SNSで集客したいってことは
FB広告を出稿するのと、YouTube広告を出稿するのと同じことになります。

でも違いますよね?

SNS集客したいんだってざっくり考えている人はそんなことは言ってないわけです。

自分のアカウントなり自分のチャンネルの視聴者を増やして、その人に商品を紹介して売ることを
SNS集客って理解をしているし、そうしたいと思ってると思うんです。

だってユーザと信頼関係ができてるから買ってもらいやすい。
絶対に楽に売れるし売ってるほうも楽しそうですしね。

ただ残念ながらSNSってのは本質的に、物を買いたい人を集めるメディアじゃないんですよね。
何か無料で情報、コンテンツを見たい人、読みたい人が集まるメディアなんです。

てことはですね。
売りたいものがある人が何かを売るためにアカウントを作っても
フォロワーなり視聴者なり登録者が増えないんですよね。

みんなが見たいもの、みんなが知りたいものを投稿してはじめて視聴が増えます。

つまり人気を出すには売りたいもの売るために投稿をするんじゃなくて、
そのSNSアカウントが人気が出るってただ1点に絞らないといけないんです。

SNSはSNSで人気を出すことだけに命をかけてる人が沢山いる世界。
そんな中で自分だけは物を売るために物が売れるように器用にアカウントを成長させるのは無理がでちゃうんです。

たとえばですよ?

オーダースーツを売りたいからといってオーダースーツの着こなしなどを紹介する投稿を続けても視聴は増えないでしょう。
SNSとしてでかくしたいなら、メンズファッションの着こなしとかまで広げないとやりようがありません。

なぜならそれを求めてる人のほうが圧倒的に多いからです。
しかも自社製品じゃなくて、ユニクロなり他者の紹介もふんだんにしないと人気は出ません。

だってSNSとして人気を出すてのはそういうことだからです。

そうすると当たり前ですが自社の商品を欲しがる人からは遠くなっていきます。
確率は減ります。

なので、SNSそのものの視聴者を巨大にしないといけないんです。

巨大にするためには、もっと商品から離れた人が求める無料コンテンツを投稿する必要がありますよね。

意味伝わりますか?

自分のSNSアカウントで売るって入り口に無理があるってことです。

自分のSNSアカウントをアカウントとして人気を出すって目的があって、
そのあとにマネタイズの1手段として商品の紹介がくるならいいのですが
順番が逆だと理屈としてうまくいかないんですよね。

しかも自分のSNSで紹介するだけで大量に自社の商品が売れる頃には
そのSNSアカウントは相当強くなっていますので、
別に自社のその商品だけを売らなくてもいろんな広告案件やコラボ案件が入ってきています。

メディア事業が成立しているんですね。
もうビジネスが違うものになっています。

意味伝わりますかね?

繰り返しますね。
SNSで集客するってことには2つの意味があります。

自分がSNSの自分メディアで大量の視聴者を集めるってことを描いた時点で
それはSNSアカウントを成長させることが目的になります。

自分の商品をSNSで売りたいだけなら、それは広告露出でもよいことを表します。

この2つの違いを分けて考えていると、無駄な投稿もしなくていいでしょうし
もっと効果的なSNS運用ができると思うんです。

あ。もちろん売り込むこととSNSの視聴者を増やすことが同一のものもちょとだけあります。
それはアパレルやインテリア、アクセサリーなど嗜好品のEC。

この場合は商品を知りたいって層を集めることと
商品を紹介するってアクションが同一なので唯一売り込むために自社アカウントを作り
売り込み続けてもSNSが成長するってサイクルが可能なことがありますね。

ま。もちろんインフルエンサー気質の人とか
スーパーSNS運用者さんにはこんなの関係なく
SNSでもさらっと売上をだしちゃうんですが凡人の場合は

SNSとして人気を出すメディア事業するのか?

商品が売れるメディアへ広告だしてひたすら売るのか?

この違いだけは理解してSNSを捉えたほうがいいと思います。

ーー動画だと、もっと詳細に語っていますので、
もっと理解したい人は、そっちもご覧ください。

ーー細かい質問があるようでしたらコンサルでどうぞー。

【雑談】ライブ行ったよ

ライブとかフェスってやつには、
はるか20年以上前にいったっきりでした。

レゲエサンスプラッシュってのに真夏に仲間とノリで行った記憶しかありません。
(当時はレゲエが流行っていた)

それからはもっぱら家族のライブへの送迎専門。
娘のすとぷりとかね。
特に音楽好きでもありませんから我慢しているとかじゃありません。

ただですね、ひょんなことから超ひさしぶりにライブ行ってきました。
ケツメイシです。

会場のサイタマスーパーアリーナは1万9千人の満員御礼
すごい熱気でした。

もともとケツメイシさんはライブの人たちなので、コロナで数年ライブができなかったのが
相当珍しいことなんだそうで、ファンも待ちわびていたそうです。

僕もやるからには楽しもうと決めてますので
タオルも買って挑みました。

で、慣れてないので面食らいましたが、
ライブがはじまったらもうね、会場が揺れてるんですよね。
床が。

ああいいうのひとつになるっていうんでしょうね。
僕ももちろんノリノリで汗かきましたよ。

ただね。
ちょっと面白かったのは客層。

もうケツメイシのメンバーさんも50前。
ファン層も40代50代になってるんですよね。

なので会場はおじさんおばさん(笑)

そして、子供達もいました。
これはアニメのクレヨンしんちんとかの主題歌を歌ってるからなんだそうです。

MCでご本人たちも言ってましたが、アーティストがいて、長く続けてくれていて
そのファンもずっとファンでいてくれてお互い歳をとるみたいなのいいなと。

僕も10年以上この仕事をしてるので
僕も歳をとりましたし、クライアントさんも歳をとりました。
どんどん新しいことにチャレンジしてくってのはもちろん面白いんだけど、
長く続けてるからこそってのもあるんだろうなーなんて思ってました。

ちなみにケツメイシさんは新しいアルバムを出し続けられてるので、
ライブでは古い曲はあまりしてくれません。
が逆にそれは新しいことに挑戦し続けてるかっこよさでもあってですね。

まとにかく、よかったっす。って話でした。

海外在住の起業家がこんな時代でも
ネットを使って売上を5倍*にした方法

インターネットビジネス
売上アップ
実践ガイドブック

今すぐ無料で読む

*2021年時点。ordercompany社販売実績データ

最新の記事はこちら
メルマガに登録する
ここでしか知れない海外在住者のための
ネットビジネス/起業ノウハウ配信中

    メールアドレス