コンサルティングサービスについて
お問い合わせ

ポッドキャスト

売れるアイキャッチはこう作る【第590回】

日本日本

「ランディングページのコンバージョン率が上がれば、業績が爆上がりする。」

すでに常識になってきてますよね。

同じ予算で見込み客の総数が増えれば、そこから新規客になる人も増えるし、
新規客が入っての確率でリピートすれば利益が複利で増えていくからです。

だからこそ、ランディングページで最初に表示される部分であるファーストビューのキャッチコピー(ヘッドライン)とか、
レスポンスデバイス(申込ボタン)をどうしようか思考を巡らせている人も多いと思います。

予算が大きければ大きいほど、ランディングページのコンバージョン率が0コンマ数%の差でも、
最後に残る利益はすごい差になっていきます。

ただね、こんなに重要なファーストビューの中でも、
適当にやりがちなのが、アイキャッチ画像と呼ばれるパーツ。

アイキャッチって「ページを開いた瞬間にそのページを閉じさせないために惹きつける何か」って意味だから、
一般的には画像のことを指す場合が多いです。

これを適当な素材写真にしたり、入れなかったりってこと多くないですか?

なぜかというと、キャッチコピーやレスポンスデバイスのテストを優先することが多いし、
実際、この2つの要素でコンバージョン率が変わることが多いからだと思うんです。

どうしてもアイキャッチは後回しになりがちです。

僕にも、そういう傾向がありまして、「これで可能性を狭めてしまうのは良いことではないぞ。」と、
専門家として思ったわけです。

そこで改めて今、アイキャッチだけのテストをしたいと思ってたんですよね。

ということで、この前アイキャッチだけでちょっとしたテストをしました。
そしたらですね・・・コンバージョン率が倍になったんです。
いや、正しくは倍以上。

今日はそのテスト結果とともに、そこから導けるアイキャッチで成果を出すコツをお話しますね。

 

今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

番組無料登録はこちらから

今すぐ聴くにはこちら

>>いますぐ無料で視聴する<<

リスナーからのご感想
最新の記事はこちら
メルマガに登録する
ここでしか知れない海外在住者のための
ネットビジネス/起業ノウハウ配信中
メールアドレス