ポッドキャスト

いかがわしいビジネスはお嫌いですか?【第577回】

日本日本

僕は3年前からオーダースーツのビジネスにも経営参画しています。
おかげさまで規模は年々大きくできています。

そのビジネスで、最近とても大きな変化がありました。

悪い方のね。

何かっていうと、顧客獲得単価の高騰です。

顧客獲得単価がピンとこない人のために解説。

広告費を10万円使って5着のスーツが売れるなら顧客獲得単価は2万円。

インフルエンサーが商品を紹介してくれる1投稿の報酬が100万円で、
結果100着売れたのであれば顧客獲得単価は1万円。そういう意味です。

この顧客獲得単価が倍近くに変化したんですよね。

もちろん顧客獲得コストは規模が大きくなればなるほど上がるし、
広告メディア毎に若干変化していくものなんですが、
全広告メディアで一斉に上がりました。

こういう場合考えられる理由は2つ。
自社サイトのリニューアルや、価格変更などで購入率が悪化したケース。

今回はこのケースではありません。

もう1個は市場の急激な縮小。
危険成分があるとか報道された直後のサプリメントとかにありがちです。

これも今回は違います。

確かにコロナでビジネスアパレルって不調って言われていますが
バリバリの去年から売上は伸びてたくらいです。

じゃ何なのか?

分析してわかったんですが、とっても単純でした。

競争激化による広告単価の高騰。

売れる確率が同じでも、アクセスあたりの広告費が上がると、
結果的に顧客獲得コストは跳ね上がります。

でグーグルの中の人にも聞いてみました。

曰く「大手各社がこの一年でやっとオンライン販売への完全シフトが完了し、
いよいよ広告に資金を投下し始めてる。」

ま。納得です。

我々にとって、もちろん喜ばしいことではありませんが、幸い顧客リストは多いので
リピートで相殺できます。

で、今日話したかったのは「実は僕、今大変なんですよー」ってことじゃなくてですね。

こんな風に自分たちのせいじゃないのに、
大手が参入することでいきなり景色が変わることがあるっていうリスクの話です。

しかもですよ?

大手ってめっちゃ動きが遅いから、安心している頃とか、
大手のことなんて忘れて油断している時にどーんとやってきたりします。

なので今ある程度効率的に集客できているなら、
何か意味不明にセーブせずに一気に顧客リストを増やしておくほうがいいです。

ある程度お金が留保できているなら、無駄なものに使わずに
広告費に投下して取れるだけ顧客をとっておくのをお勧めします。

そして、なにより既存客からの課金を最大化できる努力を怠らないことです。

でもね、、、本当なら大手となんて戦いたくないですよね?
できれば永遠に大手になんて影響を受けたくないですよね?

てことで今日は、大手とできれば永遠に戦わなくて済む方法の話をします。

大手と戦わないためにどうするか?の代表的なアイデアです。

今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

番組無料登録はこちらから

今すぐ聴くにはこちら

リスナーからのご感想
最新の記事はこちら

コンサルティングサービスについて
お問い合わせ