ポッドキャスト

究極の“ひとりビジネス”は一人でやるんじゃないんやで?【第576回】

日本日本

「ひとりビジネスをしよう。」
「ひとり起業がおすすめ。」

こう言われて久しいですが、
2021年現在では、さして珍しくもありませんよね。

それもそのはず。
ネットを使って収益を得るってことが珍しかった10年前とは違い、
今ではネットを使って収益を得ること以外のことをしているほうが珍しいからです。

そして、ネットのビジネスはひとりでやれるものが多いので、
結果としてひとりビジネスもやりやすくなったということだと思います。

ところで、ひとりビジネスってどういうイメージを持ってますか?

ひとりだからオフィスを持たなくてもよいから固定費もかからない。
スタッフを抱えないからコストも抑えることができて利益も増える。

ひとりなので勤務時間や場所も自由でストレスがない。
スタッフのマネジメントに悩むこともない。

こんなところでしょうか?

僕自身もたったひとりでビジネスを始めましたし、
海外のクライアントさんもひとりでビジネスを始めた人が圧倒的多数です。

そのおかげで初速がついたことは間違いないし、
ピンチになっても身軽さから切り抜けやすかったことは間違いありません。

“ひとりビジネス”が正解の一つであることには疑いなさそうです。

でもね、10年以上経過した現在。

僕もクライアントさんも、たったひとりでビジネスやってる人、、、、いないんですよ。
一人ではビジネスをやっていません。

かといって、ひとりビジネスのメリットを失ったかというと、そういうわけでもありません。

利益額?圧倒的に増えてます。

ストレス?圧倒的に減ってます。

自由度?自由な時間も圧倒的に増えてます。

固定費?ほぼゼロのままです。

それは、ひとりでビジネスをやってるわけではないんだけど、
ひとりビジネスのメリットをそのまま継承しているからなんですね。
ひとりでビジネスをしないけどひとりビジネスのメリットだけ得る方法を採用しているからです。

今日はこの辺のカラクリをお話ししたいと思います。

今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

番組無料登録はこちらから

今すぐ聴くにはこちら

リスナーからのご感想
最新の記事はこちら

コンサルティングサービスについて
お問い合わせ