ポッドキャスト

あなたの売上が3倍にならない理由【第554回】

日本日本

「月収100万円の憂鬱」

って言葉ご存知ですか?

ご存知ないのも無理はないです。
だって僕が作った言葉ですから(笑)

簡単に言えば、そこそこ儲かるようになったところで
ピタッと収益が伸びなくなる現象のこと。

金額は人それぞれだけど、月商がある程度で停滞することってものすごく多いです。
これが300万以上もあれば、物価の高い都市に住んでいてもそれでもいいって思うかもしれないんだけど、
微妙に不安が残る額なんですよね。

ひどい時には何年もなります。

今日はその停滞期の抜け出し方をお話ししようと思います。

なぜなら僕もその1人だったから。

「このままじゃ嫌だ感」を感じはじめたのは創業5年目くらい?

そこそこ食えてるし、ちょっとした贅沢もできる。充実感も感じてる。
同時に不安や不満、渇望感が消えないわけです。
理由は単純。本来欲しかった売上(利益)規模より、現実ははるかに小さいから。

実際、そこそこ食えて、贅沢しはじめる程度の利益のビジネスなんて、不安定極まりないしね。

そこで、いい加減だめだと気合を入れて色々と「やり方」を変えてみることにしました。

結果、規模が格段に大きくなりました。

たとえば、小さいことから言えば、初めてバンコクでやった海外セミナーは参加者8人でした。
やり方を変えてから開催したセミナーは参加者約80人です。

それまで7年ほど月商200万程度で停滞してたアパレル販売は、3年で月商1000万を遥かに超えました。
まるで、どこかで宣伝してるプログラムみたいな煽り文句に見えますが、そんなこと言いたいんじゃなくてね、

月商100万の憂鬱は、そのビジネスや商材のせいで停滞してるんじゃないって言いたいんです。

たいていは、僕らの問題。
僕自身も振り返ると理由は単純でした。

とゆうことで、月商の停滞期を抜け出せない理由と抜け出し方、僕なりの解釈でお話ししますね。

今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

番組無料登録はこちらから

今すぐ聴くにはこちら

リスナーからのご感想
最新の記事はこちら

コンサルティングサービスについて
お問い合わせ