ポッドキャスト

海外と日本をつなぐビジネスを主婦目線で生み出してみる【第546回】

日本日本

海外に住んでいる人って日本に住んでいる人より強く
「日本」のことを意識する傾向があると思います。

そう考えれば、ビジネスをする場合に、
海外と日本をつなぐビジネスがしたい。
日本と自分の国の架け橋になるビジネスがしたいって思うのも自然な流れだったりしますよね。

先日のこのご質問も特徴的です。
「何か海外と日本を繋ぐビジネスがしたいと思っています。
でも普通の主婦目線ではアイテムが見つけるのが難しく感じます。
どの様に考えると良いアイデアが出てきますか?」

とにかく、日本と海外と繋ぐためには、どのようなビジネスをすればいいか?
全然思いつかないんですけど。

みたいな論点だと思います。

先に答えを言います。

実はこの考え方だといいアイデア見つからないんですよね。
主婦目線だからではありません。

日本と海外なんてつながらないわけでもないんです。

なぜか?

条件設定がが多すぎるんです。

わかりやすい例を出してみましょう。

先日テレビに元ブルーハーツのボーカル甲本ヒロトさんが出ていました。
(40代以上なら好き嫌いは別としてわかりますよね?)
そこで視聴者からの質問に答えていたんですが質問はこんなの。

「バンド活動をして、お金持ちになりたいんですが、どうすればいいですか?」

ヒロトさんの回答は単純でした。

「両方は諦めな。バンドやりたいならバンドやっただけで夢を叶えたことになるし、
金もちになりたいなら、もっと楽に金持ちになれる会社とかやって金持ちになるって夢を叶えな。」

つまり、バンドをして、かつ金持ちになるなんてのはすごく難易度が高いって話をしていて、
かつ、どっちが君の夢なの?と突きつけられてると思いました。

海外と日本を繋ぐビジネスってのもこれと実は同じ。

もし、思いの中に

・主婦目線でビジネスを見つけたい。
・日本と海外を繋ぎたい。
・ビネススをしてお金を稼ぎたい。

この3つが存在するとしたら、結構しんどいです。

もちろん、音楽でお金持ちになるほど難しくはないんですが
きちんと論理的に何を満たさなければならないか知っておかないと
火傷しがちです

ということで、海外と日本を繋ぎ、ビジネスをしていく上で
どのように考えてビジネスを選べばいいかお話します。

今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

番組無料登録はこちらから

今すぐ聴くにはこちら

リスナーからのご感想
最新の記事はこちら

コンサルティングサービスについて
お問い合わせ