ポッドキャスト

富裕層向けに集客するには?【Q&Aコーナー】第537回

日本日本

こんにちは。河野です。
今日も開封していただきありがとうございます。
(動画、音声 文章 すべてでお届けします。)

「儲けたいなら金持ちから狙え。」

日本のユダヤ商品こと、故藤田田さんの有名な言葉。

この文脈は、金もちから流行っていくって意味で使われてるんですが、
当たり前に、金持ちに売るものは高いものだから、
利益率もいいし、多数の顧客を必要としないからビジネスとして秀逸だろう。

こういう理屈も存在します。

僕も賛成。
単価がひくいビジネスは、数を必要とするから、
いろんな意味でスケールが必要なんです。

単価がひくいから顧客がたくさん必要。
顧客がたくさんいるとカスタマーサポートやスタッフが多く必要。

単価がひくいものを買うお客さんは、
乱暴に言えばクレーム発生率も高い。

弱者こそ単価の高いものを売るべきです。

となると、多くの人が富裕層を狙いたいです。
という目的に行きつくわけで。

こんなご相談につながるのだと思います。

「旅行や車の運転が好きで、5〜6人の家族などを対象にした観光タクシーのような事業を起業しようと計画中です。
自宅までの送迎、写真撮影、動画撮影、アルバム制作、動画制作も行い、旅の思い出作りのサポートをしたいと思っています。
ターゲットはまず高齢者、その後富裕層に広げていきたいと思います。
高齢者がターゲットの場合、その家族向けに広告をうつことになると思いますが、どういった広告が効果的でしょうか?
また、富裕層に向けた場合もお聞きしたいです。
よろしくお願いいたします。」

Aさん、ご相談ありがとうございます。

富裕層と高齢者をターゲットに、観光タクシーのような事業をした場合の集客プランについてとなると思うんですが、
まさにこの事業を米国のサンフランシスコで行なっている僕のクライアントさんもいたります。

お客様は富裕層や高齢者やその家族です。
まさにビンゴ。

その事業もうまくいくと思います。

ただですね、うまくいく理由が違うんですよね。

富裕層をターゲットにする。
とか、
高齢者をターゲットにする。

だからうまくいくわけじゃないんです。

結果として富裕層や高齢者がお客さんになるんだけど、
マーケティングの順序が違うんですよね。

その辺もふくめて取るべき施策をお話してみたいと思います。

富裕層を狙う。
高齢者を狙う。
といったターゲットありきでビジネスを考えてる場合には
すべて当てはまると思いますので、参考になると思います。

今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

番組無料登録はこちらから

今すぐ聴くにはこちら

リスナーからのご感想
最新の記事はこちら