すぐに役立つコンテンツ

何をやっても成功しない人が成功するにはどうすればいいですか?【Q&Aコーナー】第531回

こんにちは。河野です。
今日も開封していただきありがとうございます。
(文章、動画、音声 3パターンでお届けします。)

「何をやっても成功しない人が成功する方法はありますか?」

今日もアンケートでご質問頂いた中からのアドバイスです。
ご質問ありがとうございます。

1行の書き込みでしたので、深いところはわかりませんが、
このご質問にはいろんなニュアンスが含まれるのかもしれませんね。

たとえば・・

「どうせ私なんて」というネガティブな響き。

「いろいろやったけど何にもモノになってません。」というもどかしさ。

実は僕「成功」という言葉があまり好きではありません。

ナポレオンヒルも、ザシークレットもなんども読みましたし影響を受けましたが、
「うーん。そーか?」と今は思いますし、てか「成功」ってなんだ?って思うから。

つまり、

「何をやっても成功しない人が成功する方法はありますか?」

この質問そのものに成功しない要因が含まれてるのじゃないかとも思うんですよね。

ポイントはリアルさ。

あとは成功のお化けと戦う愚かさ。

なんだか禅問答みたいになってきましたが、
その辺りの話をしつつも、
それでも何をやっても成功しない人が成功する方法の解説をしてみたいと思います。

今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。
*今回からメール下部に文字起こしバージョンもおつけしています。*

動画で見る|何をやっても成功しない人が成功するにはどうすればいいですか?【Q&Aコーナー】第531回

*文字起こしバージョンは最下部にあります。

【雑談】お金がないときに限って電子レンジが壊れる説

お金がないときに限って生活の必需品が故障します。

これは科学的に証明できないけど、たぶん本当(笑)

僕も起業当時お金がないときに、エアコンが壊れました。
しかも初夏。

友人も今お金に困ってるんですが、ちょうど冷蔵庫がやばいそうです。

おんなじやね。といって二人で笑ってました。

(正しくは、後知恵バイアスと言って、
いつも家電は壊れてるんだけど、特にお金がないときにはその出来事を重大だと認識するだけだとは思うんですがねw)

で、今日の話に繋がるんですが、
家電が壊れるとまずい。っていうリアルな問題があるくらいがちょうどいいかもねって思うんですよ。

成功の亡霊にも惑わされない程度の超具体的な問題が目の前にあるし。
(明日から暑い夜をどうすごすか?みたいなこと。)

てことで、
起業して金がないときの精神バランスを保つ意味では
家電が壊れるってのは 逆にいいことかもしれません。

ま。もう二度のあのヒリヒリした感じは僕は味わいたくないですが^ ^

文字起こしで読む(テキスト版)|何をやっても成功しない人が成功するにはどうすればいいですか?【Q&Aコーナー】第531回

■文字起こしバージョン「何をやっても成功しない人が成功するにはどうすればいいですか?」

(文字起こしですので流れはまとまっていません。
深く理解するには動画か音声をご覧くださいね。)

「何をやっても成功しない人が成功するには
どうすればいいでしょうか?」

こんにちは。コンテンツラボの河野です。

今日も僕のpodcastyoutube
ご覧いただきましてありがとうございます。

今回は531回目の配信になってると思いますが
張り切って送りたいと思っております。
撮りためですので

おそらく10月某日に配信していると思います。(撮り溜めです)
皆さんから頂いたアンケートでのご質問にどんどん答えていくためには
数が多すぎてですね、ペースを上げないと間に合わないと思いますですね
今日も違う質問にお答えしていきます。

では早速行きましょう。
今日の頂いた質問はこれです。

「何をやっても成功しない人が成功するには
どうすればいいでしょうか?」

というたった一行のご相談でございますね。
ありがとうございました。

「私なんて何をやっても僕なんて何をやってもダメだし・・」
という感じなのかなと思ったりもしました。
ネガティブな気持ちなのかもしれませんね。

ちゃんと答えてきたいと思います。

僕は自己啓発系のコーチとかではないので
僕なりの意見になるんですが、

まず答えを言います。

成功てなんだろう?と考えると・・・
僕自身も何をやっても成功しないなーって今でも思ってます。

「お前は違う」

と言われてると思うんですが、本当です。

僕なんかでも、僕も成功してるとか思った事や
成功したなと思ったことはありません。

僕が向上心の塊とかなんかそういうことじゃないです。

成功というものについての捉え方じゃないか
なって言うんです。

そもそも成功って言葉をほとんどこの配信で使ったことないとんですよ。

3000名の顧客獲得に成功した。
みたいな意味で成功という言葉を使うことはあります。

刹那的な何かの数字を果たしたとか
たった一人の海外旅行を成功させたとかね。

そういう言い方をすることはあるかも
しれないけども
成功というなんか
そうなってる状態みたいなことって
使ったことない。

なぜかというと、、、

成功なんていろんな人によって捉え方が違うし
価値観も違うから成功と呼ばれるものを定義してもしょうがない
というのがひとつ。

もう一つは、
(動画では絵で解説しています。)

ここに成功した人というか、
目指したい成功という漠然とした状態があって
そうなりたいと思ってるとするじゃないですか?

この人たちの成功の定義が何かはわかんないけど
例えば、自由なライフスタイルを獲得しているとかさ、
自分が周りの人から人気者になってるとか、
時間的な自由を確保している状態だったり
あと売上とか年収を表しているのかもしれない。

素敵な奥さんとかさなんか優秀な子供とかがいる状態なのかもわかんないけど
そんな感じの「成功者」という
感じなことを成功している状態だとイメージしている時に、

何をやってもそのような状態になってない状態のことを
「成功しない。」という風に思ってるのとしたら

この状態って僕は「成功のお化け」という風に呼んでるんです。

こういう状態は間違いなく幻想で、お化け、幽霊みたいなものなんです。
まだなったこともないし見たこともないんだから、
成功していると定義する状態があるとしたらその成功している状態って
実態のないお化けみたいなものなんです。幻。

もちろん、現在と成功と定義している状態とのギャップが埋めようと思って
いろいろ頑張るんだけど、そこに全く到達しません。

ただ、これになれてないけど、絶対なりたいと渇望しすぎるとですね、
何が起こるかというと、、

今いる位置は本当の自分じゃないと思ってしまうんです。

自由じゃなくて、お金もなくて、素敵な家族もいなくて、
儲けてもいない。
好きな仕事もしない。

今の状態は本当の自分じゃない。
今が幻で成功と定義している状態が現実だと認識することすらあると思うんですよね。

成功とか成功してる状況ってのは、お化けなんです。

僕はお化けはまだ見たことありません。
そこには誰かしらいるかもしれないけども
見たことなんだか幻想。存在はしてないものです。

成功法則の神。ナポレオンヒルさんは言いました。

「燃えるような熱い情熱で覚悟を決めろ」

って言ったけども、渇望しればするほど、
「今の自分は本当の自分じゃない。本当の自分はここにいない。」
ことを痛感しちゃうだけだと思うんです。

なりたい自分と今の本当の自分を比べて
そうじゃない自分をずっと認識するだけなんです。

お化けをおいかけてるリアルがあるはずなのに、
本当の自分の方がお化けになっちゃう。

結果、不健康な気分になるんじゃないかと。

てかその成功の定義はなんだよってことすらありますしね。

僕は成功していると呼ばれる人の実態も知ることがたまにありますが、
配信とかでは人気があって、金もあって、素敵な家族もいて、
友人に囲まれれてて 感謝です。とかいってる人でもさ、

どれか欠落してんです。たいてい。

しんどそうですよ?まーま人生しんどそう。

まあそれはいいとして、、

だから自分がなんか不完全だと思うことによって
さっきみたいに
「何をやっても成功しないから私はだめだ」
とかいうふうになるのもこういうことって
多いんじゃないかなって思うんですよね。

幻みたいな成功を定義して、そのようにならないとそもそも今は全部ダメなのって話が伝えたい1個目ですね。

反論もあると思います。

これは僕が言えることかもしれないからです。

僕は今今生活に困ってません。
独立もしていますから、自由はあります。

嫌なやつにごめんなさいと謝らなければいけない機会もほぼありません。

誰にも理不尽に従う必要もありません。

会社に毎日通勤することもないないですし、
休もうと思えばたくさん休めます。遊べます。

商売が駄目になったらどうしようと不安はあるけれども、
やはり安定しているのだろうと思います。

そんな僕がいっても「何言ってんだよお前は今でもいいだろうよ」
ということかもしれません。

かもしれない。でもね。

成功しなきゃいけないっていう話はおかしいですよ。

何をやっても成功する人が成功するにはって話に戻ると、
そもそも論としてその成功定義については
何かにならなきゃ成功じゃない。そうじゃなきゃいけない
という風には思わない方がいい。

何かになるのを成功の定義にするのが
そもそも無理があると思うんです。

話を進めましょう。
でも 何をやっても何にもなれないとしたらそれはそれで
しんどいと思います。

成功じゃないとしても
何かを達成したいのにできない。としたら話は別ですね。

対処を考えなければいけない。

何をやっても成功しないっていうことに対して思うのは、

何をやってもってのは
何をしたかってことだと思うんです。

何をやっても成功しないと言われますよね?

例えばですね、それが何を指すのか?がきになったりもします。

アフィリエイトで広告収益を得るためにメディアにアクセスを集めようとしていたとします。
ブログを3ヶ月ほど書いてみたけれども、うまくいかないってことを指して、
「何をやっても成功しない」しているとか、

amazon転売が素敵だとおもって取り組んだけど
3ヶ月一生懸命少年リサーチをしたけども商品が見つからなかったことを指して、
「何をやっても成功しない」しているとか、

コーチングビジネスをしようと思って、
コーチ養成講座を受けていましたが
活動が結構大変で途中でやめてしまいました。これを指して
「何をやっても成功しない」しているとか、

それぞれ何をやってもに入るかもしれない。

でもね、どれくらいの分量をなさったのかってのがまずありますね。

例えば今のリサーチ業務ということについても
毎日何時間したのかとかが重要ですね。

隙間時間にちょっとリサーチをして、ぱっと見つかったものだけ出品したとかだと
これは「やった」という状態にはなってないと思うんです。

リサーチにしてもいろいろいろんな角度があるから、
自分の店舗でしか手に入らなくて
値切らなくていいブランドは何なのかという見方もあるし
逆に売れてる人たちをトレースしてそういうような
リサーチをしたりする方法もあるし、

その業務と出品業務で毎日4時間以上は確実に作業したのかとか?

それに没頭して3ヶ月を過ごしたのか?とか。

出品数については
600をちゃんと超えるぐらい行ったのか?とか。

僕の経験上、
大抵はその分量がそもそも文量と期間ですね
かける時間っていうのが果たしてない場合が多かったりします。

それは分量を果たせなかったことで達成できてない場合もあると思うわけです。

そうなると、
何をやっても
うまくいきませんっていうことじゃなくて、
何をやろうとしても続けられません。何をやろうとしても継続できません。
すぐやめてしまいます。
という表現にんるんじゃないかなと。

達成には一定の作業の分量とか期間がいるんですが、
分量が足りてない状況であれば
うまくいかないに決まってるってのもあるかなと。

言葉の使い方として
何をやってもうまく成功しませんじゃなくて、
何をやっても続けられません。
何をやってもまっとうできません。
嫌んなっちゃいます。

ということの
方が正しいのかもしれないなという風に思うんです。

違ったらごめんなさい。

じゃどうしたらいいか?を今から説明します。

成功している状態を目指すんじゃなくて、
達成している状態を目指すんでもなくて、

続けてる自分ですね。

続けてる人続ける人というのを、
続けることに成功したというのを目指すといいんじゃないかと。

それなら絶対成功しませんか?

続けるだけで、その上に何か成果が生まれるということです。

続けるということを果たしたことを成功だと捉えた方が良いです。

続けられることは、精神論になるかもしれないけど、
そもそも続けなければ何にも手に入らないという
世の中の道理を腹に落とす必要があるかもしれませんね。

とはいえ、
嫌な事って続けられないので
続けられそうなことを続けるしかないんだけど、どれかは続けられると思います。

もし本当に心の底から
私は何やっても
成功しないと思っているんだとしたら
ぜひ続けることだけしてみてほしんです。

何でもいいです。

amazon転売、
buyma、
リーダーなりたくてyoutubeやってみるのか、
広告でリードを取ってリスト集めるのか
やり続けるということをやれば、何が出てきますよ。

これをね、やったらどうかなと思いますね。

お前には分かってないということもあるでしょう。

僕は貧困というのが自己努力とか自己責任だけではないことも知ってるつもりです。
環境とかね最初からの条件とあるから。

でもねそういう意味でこの質問は出てないと思うんですよ。

でもね。本当に本当に続けることができないんだとしたらですね、
それねもう、続けることも諦めたほうがいいです。

じゃどうするか?

続けることができないと受け入れて、
刹那的に儲かることだけ選んだほうがいいですね。

刹那的にパンパンってお金が儲かるような
ビジネスをした方がいいですね。

例えば、今すぐ図面書きます。
今すぐ似顔絵描きます。

とか、

コロナが収まって渡航が通常になれば
プライベート観光ガイドや通訳もその手のビジネスです。

継続することがもともともできない性格のくせに、
続けなくちゃいけないことを選んでるかもしれないとそれはそれで不幸なんで
そういう性質なのに、
「すぐ結果出るビジネスは僕はやだ!」とかっていってるとしたら、
それはね、もうねわがままだと思うんです。
自分のことを分かってないと思うのね。

ということでいかがでしたか?

また何か意見があれば教えて下さいね。

成功、難しい定義だけど
僕も目指すところはもちろん頑張ってきたと思ってます。

(雑談)

今日は雑談のような話の続きのような話をします。

この議論が出たのでちょっと話します。

友達と話してたんですが、

金がない時に限って家電製品って故障するよね。

って話です。

実際僕もそうでした。

独立した時、毎月の家賃と食費と払って、
子供幼稚園のお金払うだけでも限界。
それでもお金は減ってくだけ。

何もできない。

ペットボトル買うことすらできないんです。

そういうときに限って、

洗濯機が壊れたりとか
冷蔵庫壊れたりとか
電子レンジが壊れたりするんすよ。

生活必需品が壊れたらこれもう
買わなくちゃだめじゃないですか?

かと言ってボロボロの中古を誰が使ったかわかんを買ってこられても家族は嫌ですよね
今まで快適な暮らしだったのに急にだと余計ね。

なんでこんな時に限って壊れるんだと思って焦るんです。

これ友達も同じ経験してたんです。
それで笑いました。

でもね、最近芸能人でも不幸が重なりました。

そう思うとね、

テレビ壊れたらどうしよう。
やべー冷蔵庫壊れたやばい。

とか思ってるぐらいがちょうどいいのかもねと。

必死なんでね。

もちろん最貧困とかになるとまた違う次元の精神状態になるんだろうけど、

これどうしよう。。。

みたいな生活に密着している悩みがちょっとくらいある状況が結構いいのかもね
と話をして笑ってました。

もう二度とごめんですが(笑)

それはそれとして今日の成功話。

会社員の頃ですね目標を立てました。

独立してどうするかっていう目標を立てました。

その時の目標が

個人資産が4億。

ちなみに、日本では富裕層というと5億円の資産で年収一億というのが富裕層ということ
になってます。

僕が考えたわの個人資産4億。
そのために会社を4億以上で売るとか目標にしてました。

その金融資産4億を回して2千万円ぐらいのキャッシュ
フロー。不労所得ですよね、それをどうにた得たいとって目標でした。

ライフスタイルは、、、

朝起きて何しようか考える、とか。
来週ハワイ行きたくなったらすぐ行くとかね。

しかも自分の時間を切り売りするような仕事は
絶対にしないとかも書いてました。

だけど会社を売るまでの間の月収は70万を必ず超えることとか書いてました。

これが僕の成功のお化け。

でもね。いかないんですわ。ぜんぜん近づかない(笑)

やっぱね思いましたよ。
今の自分は自分じゃない。
これは違う俺じゃないとか思ってました。

ある日俺はここなんだと気がついて、てか諦めてがんばるかって割り消えれたんすが、
そんときにね、

そういう時に限って僕はエアコンだったかな
エアコンが壊れたりしてました。

マジやべー。夏こせねーとか思って できるだけ綺麗な中古とか探してました。

このあたりで成功のお化けは綺麗に消えてました。
情けないけど、リアルな日常のほうが刺激的だったってのが一番大きいです。

リアルな日常ではですね次に
テレビとかも壊れちゃうから
これ買い換えるためどうするかっていう風に悩みの中身が変わるんすよ

そうなるととにかく生活できてる自分になるために
行動しなくちゃいけないような気分にスイッチが入りました。

そこでホームページ制作をやったりとか
コンサルティングを始めたわけです。

自分の時間を使うんだから絶対やらないはずの仕事ですよね。

これもリアルな情けない悩みとか課題があったから
お化けを現実と勘違いしたりしなくて済んだんだろうと思います。

でそれが後ろ向きか?諦めか?っていうとそうでもないんです。

あれだけ時間つかいたくないといってたくせに、
仕事をして人から感謝されたり
とかってことをすごく喜んでる自分がいたりとかするし、

それで生活が豊かになっていくことを喜ばしく思うようになるわけです。

時間もだんだん短くなってくるから不思議なもんですね。

伝わります?

幻想をリアルだと思ってリアルに生きてないより
今をリアルに感じて目の前の課題をクリアしてると
幻想だと思ってたものに近づいてる不思議ってことなんすよね。

継続することでも
家電が壊れることでも
子供が私立にいくことでもなんでもいいんだけど、

今をリアルに生きるっていう材料がちょっと手に入ると
このおばけって消えていくなって思ったりもしますね。

ではまた次回。

似たような記事はこちら
最新の記事はこちら