すぐに役立つコンテンツ

【第516回|実績と経験がないビジネスやって後ろめたい人、自信満々な人。】動画

こんにちは。河野です。
今日も開封していただきありがとうございます。

もしあなたが、コーチやコンサルの資格講座を提供しているとします。

その場合、お客さんに「それを仕事にするための方法」は提供できますか?

もしあなたが、片付けアドバイザーの養成講座を提供しているとします。

その場合、お客さんに「それで儲ける方法」は提供できますか?

もしあなたが、動画制作を受託しているとします。

その場合、お客さんに「その成果物でお客さんが儲かる」と宣言できますか?

つまり、お客さんが求める最終的なゴールを約束したり、
そのゴールのことにセールスの段階で言及できるか?ってことを言っています。

「そんなのできない。」「するべきじゃない。」

こういう人って多いと思うんですよね。

1つは、本当に成果なんて約束できないんだから、誠実であろうとしている場合。
つまり、お客さんの求めるゴールを提供できる自信はあるけど約束はできないってケース。

もう1つは、実はそのゴールへお客さんを到達させたことがないので、自信がない場合。
つまり、実績がないのでそのへんにはあまり触れられたくないってケース。

でもね、お客さんのゴールに触れずに、受注したり、販売したりって、めっちゃ難しい。

「私のサービスを使ってください。でも、これで成果がでるかどうかはあなた次第です。あしからず。」

と言われても、「ん?じゃ、お前は何のためにいるの?」って心のツッコミが入るだけでですしね。。

注文が取れないわけです。

実績がないとお客さんへゴールを示せない。

ゴールを示さないと注文が取れない。

注文が取れないと、実績が積めない。

こういう無限ループにハマります。

ということで、実績がないなかで、どうすれば効果的に注文をとって、
実績を積んじゃうか?って話をします。

今日はちょっとゲスな話になるかもしれません。
気を悪くなさる方は見ないでくださいね。

今日も動画でどうぞ。
YouTube版とポッドキャストがあります。

動画で見る|実績と経験がないビジネスやって後ろめたい人、自信満々な人。

【雑談】アトピーとメロンパン

息子のプライバシーではありますが、
小さい頃からちょっと皮膚が弱くてアトピー気味です。

そこでクライアントさんに聞いたことを実践してみました。

メロンパンとあんぱん作戦です。

・・・細かい話は音声で

最新の記事はこちら