ポッドキャスト

【第476回|新規ビジネスでいい感じの月商を出す人が必ずやってる事】

(今日のサマリ)
トピック:新規ビジネスでそこそこの月商を出す人が必ずやってる事
海外渡航記:熱中症とフランクフルトでソーセージ
編集後記:インコの不幸
ーー

結構前の話です。ある新規ビジネスの相談をいただきました。

”ユーザがこだわりのあるテーマについてランキングをつけて、それを投稿し共有できるサービス。”

例えば自分の思う温泉地ランキングとか、歯磨き粉ランキングとかを投稿するわけです。

投稿者は自分の興味のある分野で人の役に立つことができるし、
閲覧者は人がどんなランキングをつけてるか?を参考にすることができます。
商品やサービスなら購入の判断材料にするってことですね。

マネタイズはサイトに関連商材の広告を表示し広告費を得るビジネスモデルだったと思います。

このアイデアを思いついた理由をお聞きすると、「自分なら欲しいサービスだと思ったから。」だそうです。
さらに「まだ世の中にないものだから。」でした。

つまり、
・人の役に立つと思う。
・誰もやってない。

この2点ですね。

このアイデアを聞いて「それはいいね!」と思うのか、
「そんなの売れないよ!」と思うのかは人によるでしょう。

が、こういうアイデアの出し方をする人も多じゃないでしょうか?

・人の役に立つと思う。
・誰もやってない。

というアイデアという意味です。

独断と偏見で結論を先に言いますと、

・自分が人の役に立つと思ったもの。
・誰もやってない。

この2点で立ち上げたサービスは99%外します。

すでに起業している経験者で、新たな別のアイデアを試したいとしても、
今から起業したいとしても結果は同じ。

ビジネスに慣れていれば、

・人の役に立つと思う。
・誰もやってない。

こういう論点で出したアイデアが当たりやすいってこともありません。

誤解があるといけないので補足します。

・人の役に立つと思う。
・誰もやってない。

この2点から発生したアイデアでめっちゃくちゃ儲かったものはたくさんあります。
グーグルが王様になったのも「被リンクでサイト価値を計測する」ってアイデアだと言われています。

それでも僕は失敗すると言いたいんです。

理由は単純。

これまでそばにいて比較的短期で成果を出した人は、
こういう手順ではビジネスを考えていないからです。

・自分が人の役に立つと思ったもの。
・誰もやってない。

この発想じゃないんですよね

てことで今日は、そこそこ成功率の高い人が新規ビジネスをやる時に必ずやってることをシェアしたいと思います。

リスナーからのご感想
最新の記事はこちら