すぐに役立つコンテンツ

テキスト版【第473回|嫌な人にならずに自己主張して自分の望む報酬を得る秘訣(ゲスト特別対談)】

こんにちは。河野です。
今日も開封していただきありがとうございます。

ーーーー
今日のサマリ
トピック:嫌な人にならずに自己主張して自分の望む報酬を得る秘訣(ゲスト特別対談)
お知らせ:アムステルダムセミナー開催 残席わずか。
編集後記:フォロアー数と高級車は何が違うのか?
ーーー

*今日の話は音声で聞いてもらう方がよりわかりやすいかもしれません。
音声

突然ですが、あなたはこんなことで悩んでいませんか?

・実はサービスの金額を値上げを切り出したいけど勇気が出ない。
・いろんな面倒なことを依頼されると、本当は追加料金が欲しいのに無料でやってしまう。
・ちょとした知り合いなのに商品やイベントのSNSでの紹介を頼まれたら断れない。

ビジネスをしていて、気の優しい人なら当てはまる人、とっても多いと思うんです。

要するに、「主張したいことがあるのに、上手に自己主張できない。」という悩みです。

こういうことに悩む人はたいてい「気にしい」と呼ばれます。
(「気にしい」は大阪弁かも?「気い遣い」といったりもします。)

ここまで広く人を悩ませるテーマなんだから、当然解決策とされることも、悩める人は知ってるとは思うんです。

「自分を安売りするな!」
「時間は有限だから時間をを大切に。」
「お金の心理的ブロックや罪悪感をなくせ。」
「自分の考えを主張しろ。」

ま、そりゃそうなんです。
わかってるって。そんなこと。

が、これって詰まるところ「気にせずに自己主張せよ。」とだけ言われてるわけです。

でもね、こういう潮らしい悩みを持つ人は、もともと「いろんなことを気にしすぎる」タイプだから悩んでいるわけですから、
「気にするな」ってアドバイスですぐに「気にしない」でいれないくらい「気にしい」だから困ってるわけです。

僕も「周りの目をすごく気にしてきた」人生だったので、気持ちわかります(笑)

とはいえ、社会に出てからは「気にしい」なことは変わりませんが、自分の主張をすることはできるようになったと思います。
ビジネスするようになってからはより上手にできるようになった気がします。

自分で、ある程度上手にできるようになって改めて思うに「自己主張する方法」って、「気にしないで」とかって精神的なものよりも、
もっとこう論理的っていうか、メソッドとして、理屈で納得できる解決する方法があると思うんですよね。

外国人、特にアメリカ人はそのへん「自己主張」がとっても上手だと言われていますよね?

「●●人のほうが上手だよ」とかって意見もあると思うけど、今日はアメリカ人を代表にします。

プレゼンと言ったり、交渉術といったりするばいもあるけど、
まとめると、「自分の意見、考え、要望をを主張し、望む姿にしていく作業」が上手って意味です。

もちろん、たいしたこと言ってないけど偉そうに大きな声で語るだけの人とか、
「うざい人」もたくさんいるでしょう。(実際いますしね)

でも、そういうことを教えてくれるコンテンツの量を考えても
相対的にも絶対的にも上手な人が少なくても日本よりははるかに多いと思うんですよね。

しかも、うざくて、グイグイくるだけ、声の大きいだけじゃない上手な自己主張が上手って意味です。

これには反論もあるでしょう。

日本人相手にビジネスをしているなら、日本人の意思疎通の文化や、商慣習があるし、それでいいじゃんといえばそれまでなんだけど、
実際悩んでいるってことは、その文化や習慣の中では「損する」っていうか、
ストレスを抱えるから、やはり自己主張が上手にできる人にならないとダメだと思うわけです。

そこで今日はそんなアメリカ人の、上手な方の自己主張、つまりはコミュニケーション術を参考に、
嫌われないけど、自分の思う通りに環境を変えていくための自己主張術をお話ししたいと思います。

実はこのお話、詳しい方にゲストに登場していただきました。
アメリカの自己主張術についてとてもお詳しい方です。

カリフォリニアで洋書の翻訳出版や、ビジネスや自己成長のコンテンツを日本人向けに提供されている
ランさんという方です。

ご自身もアメリカのグローバル起業でキャリアを築かれて、その後起業をされていますので、
自己主張の連続だったそうです。

また、数多くのコミュニケーションに関する良質な洋書から得たエッセンスをお聞きしてみました。

当然ゲストのランさんが洋書のビジネスをしている理由、ビジネスモデルなんかもお話いただいています。

今日は対談なので音声です。
いつもと違った切り口でお話が聞けるのでぜひお聞きになってみてください。

・対談音声|嫌な人にならずに自己主張して自分の望む報酬を得る秘訣(前半)
対談音声|嫌な人にならずに自己主張して自分の望む報酬を得る秘訣(前半)を今すぐ聞く

■お話しているほんの一部

・日本人の自己主張がだいたいウザくなる致命的な欠点とは?
・取引先に条件を飲んでもらうときに勘違いしてはいけないポイント
・アメリカ人の自己主張は実はうざくない理由とは?
・クレーム対応で丁半博打をする起業家達。
・報酬をあげたいときのマジックワードとは?
・なぜ洋書を翻訳するビジネスをすることにしたのか?

■前半|嫌な人にならずに自己主張して自分の望む報酬を得る秘訣(前半)


前半|嫌な人にならずに自己主張して自分の望む報酬を得る秘訣(前半)を聞く

いかがでしたか?
後編はこちらからフォームで請求いただくとすぐにお聞きいただけます。

■後半|嫌な人にならずに自己主張して自分の望む報酬を得る秘訣(後半)


以下のフォームから送信いただくとすぐに後半をお聞きいただけます。

お名前*
メールアドレス*
前半のコメントなど

*ご請求者にはhappywomanlabメルマガもお届けされます。

【お知らせ】アムステルダムセミナー

海外在住者の為のネットビジネス・起業セミナーinアムステルダム

海外在住ネットビジネス・起業セミナー in アムステルダム2019/6/22

6月22日土曜13時 限定18名はすでに超えて、増席しましたがそれも埋まってきています。

会場はアムステルダム中央駅からも15分ほどのおしゃれなインキュベート施設。

ニューヨークは平成最後の海外セミナーでしたが今回はオランダで令和最初のセミナーです。

しかも今回は相当趣向をこらしたいと思っています。
いつもメルマガでお伝えしている内容やすでにご覧になったことのある動画セミナーや実践レッスンとも違います。

決定的に違うのは、世界各地から海外在住のネットビジネスを行う起業家もご参加されるということです。
もちろん、2019年の最新のトレンドもお話します。

そして、みなさんの個別のお悩みにフォーカスしたお話をたっぷりします。

【編集後記】フォロアー数と高級車は何が違うのか?

大きな家を持つこと。

高級時計を持つこと。

フェラーリに乗ること。

こういう所有する価値観が「ダサい」「クールじゃない」って言われるようになって
ずいぶん経ちますね。

こういうものを所有することを目指すと、決して幸せにもなれないと言われています。

他人と比較して優越感というものを求めてるだけだから、上には上がいますから「もっと!もっと!」とゴールへ到達できない不毛な旅になるからなんだそうです。

ま。僕自身といえば車も時計も家も「クールかクールじゃないか?」という以前に、ただ単に心底興味がないので、
「そうそう!それな!」と強く同意するほどじゃないけど、「俺は興味ないな」くらいの感じです。

でもね、幸せになれないかというとなかなか難しい問題でして。

そもそも人間には、人と比較して優位に立ちたいっていう願望がDNAに刻まれてるので
人より良いものっていうものは、あがらえない感情なんだそうなんですよね。

ちなみに、こういう所有物のことを”地位財”と呼ぶそうです。

地位。つまり何かと比較して他者よりも大きいとか高いとか希少であるとかいうことで
初めて価値の出るものだから。

国民全員がフェラーリに乗ってるならフェラーリは価値をもたなくなりますよね。

だから、そういうことよりも、自分が幸せと感じる体験にこそ価値があるし幸せになれるよってことになるそうです。

自由な時間とか家族とか?
かっこいいプラモデルを完成することかもしれません。

こういうのは非地位財と呼ぶそうです。
だれかと比べて多いとか大きいとかが基準にならないものってことですね。
本当に自分の心が喜ぶものやことのことです。

話が飛びますが、
よく「SNSのフォロアー数が信頼の証」「これからはお金や所有している物じゃなくて
フォロアーなど他者からの評価で人の価値が決まる。」なんて言われています。

でもね、フォロアーってのもやはり他者の数と比較しないとイマイチ評価しにくくないですかね?

「私は評価されてる。」って感じるのはやはり相対的な数の比較じゃないかなと。

これも地位財になるのじゃないかと。
他のだれもが100名のフォローアーしかないSNS世界なら1000名のフォロアーを持って入れば
影響力のある人ってことになるし、1000名のフォロアーが平均的なSNSなら1000名のフォロアーは何ということもないですよね。

あ。何を思ったかって言うと、
人の感じる幸福度とか価値って、その人の勝手なんじゃね?てことなんです。

価値観が多様化していると主張してるひとが、所有し他人より優れてるということで幸せを感じるという価値観を否定して
でも本人はフォロアーっていう地位財で自分の幸せを感じてるっていう側面もあると思うわけです。

なんか、自由のマニュアルなあるような気がして、最近の「好きなことして」とか「多様な価値観」とう名の価値観ってか
そういう感じが、めんどくさいなーと。

僕は、なんでもいいと思うんですよね。

それを自由と呼ぶと思うのです。

大きな家だけを目的に起業したって、
世界中旅するためのビジネスしたって、
フォローアーをやっきになって集めたって、
SNSなんて糞食らえと思ってたって、
熱い情熱でビジネスを始めても、
ただ儲かりそうだからとう理由で人真似のビジネスを始めても
年収1億で共感者0名でも、
フォローアー1万人で年収500万でも。
会社の営業利益と役員報酬の最大化に喜びを感じたって。

ヒトラーの登場も、人々が楽をしたかったからだと言われています。
「あなたはこうするべきた!私たちはこうするべきだ!」と
教えてもらうほうが楽ですからね。

人から「今の時代の価値観はこうだ!あなたの幸せと自由とはこういうことだ!」

って言われその「マニュアル」通りの自由や新しい時代の価値観を目指すよりは、
「これで俺の人生いいのかなー。」とか、グダグダ葛藤したり、恐れたり、悩みながら生きてくほうが、
よっぽど「自由」で「ワクワク」している状態なんじゃないかって気がするんですよね。

最新の記事はこちら