ポッドキャスト

【第403回|やらない勇気・やりきる努力】

<今日のサマリ> 

【お知らせ】世界20名のきらきら生きる人のインタビューが聞きたくありませんか?
【今週のトピック】やらない勇気・やりきる努力
【雑談】不安と付き合う
【編集後記】世界一になりたい

------

「収益を○倍以上にしたいのだけど、
 これからどうしよう?」

年始はこういういう話をすることが多かったです。
僕も年始は偶然自分のビジネスについて同じことを考えていました。

みなさん現在のビジネスの状態が悪いわけでもありません。
ある程度ビジネスを稼動させている人たちです。
人から見れば「順調じゃないですか!」という感じ。

あ。別にお金に執着しているわけでもありません。

望むライフスタイル、望む仕事、望む時間という資源を確保するには、
事業規模で2倍以上にならないと無理ってだけなんですよね。

「今のままでは”飛躍”はしない気がする。」
こういう危機感もあっての悩みだと思うんですね。

そこで論点は、

「何を新たに始めるべきか?」

「何を辞めるべきか?」

ということに集約されていきます。

単純なことのように見えて
これがなかなか厄介な課題なんです。

経営学の巨人ピーター・F・ドラッガーさんはこう言います。

「成果を出す唯一の方法は集中することです。」

ダイレクトマーケティングのグル
ダン・ケネディさんはこう言います。

「成功する唯一の方法は行動の量を増やすことです。」

新しい行動をしなければならい。
でも集中しろとも言われているわけです。

一般的な投資理論では、
「一つの籠に卵を全部入れるな。」と言われています。

投資の神様ウォーレンバフェットさんはこう言います。

「分散手法はほとんど意味を成さない。」と

分散して投資はするな、
でもたった一つに依存するなとも言われているわけです。

起業当初って、
こんなことではあまり悩みません。

ただ食うためにやれることを全部やってきたからです。
第一お客さんもいませんからそこそこ暇ですし、
何がうまくいくのか一つもわかってませんから。

ある程度安定してきたからこその
悩みとも言えるのかなと。

ということで今日は、
やること、やらないことの切り分け方について
話してみたいなと思います。

リスナーからのご感想
最新の記事はこちら

クライアントさんの声

日本日本

久我清美さんさん

手取り足取りのサポートでとても助かっています