ポッドキャスト

【第372回|客商売に疲れてませんか?共感疲労している人。顧客満足でしんどくならないために。】

ビジネスをするときには2つの潮流があります。

「お客さんとの関係はしんどいから、
 できるだけ人と接しないビジネスをしたい。」

という潮流。

「お客さんに喜んでもらう実感をしたいから、
 人と接するビジネスをしたい。」

という潮流。

あなたはどちらですか?

ちなみに僕は起業時、前者でしかやる気がありませんでした。
会社員時代にずっと人と接する仕事をしてきたので
嫌になってたからっていうのもありますが、
得意だったからでしょうか、今は後者のほうがうまくいっています。

不思議なものですね。

そのおかげでかわかりませんが、
人との接し方という類の悩みは
たくさん聞いてきたと思います。

しかも、人と接することがしたいと熱望していた人に
限ってそういう相談が多いのです。

簡単に言うと、「疲れている。」

お客さんと接する、人と接する仕事がしたいと
言っていた人に限って、そうなります。

受託業・アテンド業・代理業・
カウンセラー・コーチ・コンサルタント・
そういうもの全部ですね。

振り回させていて忙しいから。

とか、

クレームばかりで大変だから。

とか想像できるほど単純ではないことも
多かったりします。

しかも油断すると、
専門用語で「バーンアウト(燃え尽き症候群)」というのですが、
なんか全部嫌。みたいな状態に進むことも
あるんですよね。

ということで今日は、
「客商売に疲れてないために」
というテーマで僕なりの考えを話してみたいと思います。

リスナーからのご感想
最新の記事はこちら

クライアントさんの声

日本日本

久我清美さんさん

手取り足取りのサポートでとても助かっています