コンサルティングサービスについて
お問い合わせ

ポッドキャスト

ビジネスノウハウと武勇伝の境目【613回】

これから、ビジネスで短期間に成果を上げるノウハウを公開します。

-ウェブサイトの申込ボタンはグリーンを使うと購入率が上がる。
-会員制ビジネスはまず5名以内の少人数から始めるべき。
-広告なんて使わなくても、強みが明確なら集客は苦労しない。
-人との縁がすべて。情報も売上も人が運んでくれる。
-起業ではリスクを取らなければ成功なんてしない。
-競合がいない差別化された商品を売らなければならない。

まだありますが、そろそろ罪悪感に苛まれて限界ですのでやめておきます。

すいません。
これ。全部嘘です。

ビジネスのノウハウなんかじゃありません。

もちろん、上手く行く方法論なのは間違いありません。
だって、上手くいったことある人がいるものばかりから。

ただ”ノウハウ”ではないんです。
”事例”です。

そして、たいていこの手の”ノウハウみたいな事例”は経験者から、熱量をもって語られることが多いです。
強めに主張されたり、断定的に勧められたりします。

「私はこうした。だからあなたもそうしなさい。」てね。

「お父さんの子供の頃なんて、おもちゃなんて買ってもらったことがない。たがらあなたも我慢しなさい。」

みたいなのと同じ。

要するに、ただの武勇伝なんです。
間接的な自慢話っていうと強すぎるかな。
でもそんな感じです。

ちなみに、”ノウハウ”という言葉を辞書で調べると、
「専門的な技能の蓄積」と書いてあります。

そうなると、「自分の技能」「自分の一つの体験」だけになると、やはり事例、ケースの範疇は超えないと思うんですよね。

もちろん、ビジネスなんて結果が予測できないことばかりですから、こうなるのも無理はありません。
成功した事例の蓄積でしかないといえばそうですしね。

だって、MBAだってほとんどの授業はケーススタディ。

もちろん”ノウハウ”そのものは確かに存在すると思います。
ビジネスの世界でもあると僕は思っています。

一つの目的のためにとるべき行為を、いくつか試した結果、似たような成果がだせるものであれば、ノウハウと呼べると思うんですよね。

だからコンサル業なんてものが成立するし、成果も出せると思っています。

ただ、この境目が実に難しいんです。

それはノウハウであり再現可能なのか?
ただのあなたの自慢話で武勇伝なのか?

ということで、武勇伝とノウハウの境目をお話しますね。

 

今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

番組無料登録はこちらから

今すぐ聴くにはこちら

>>いますぐ無料で視聴する<<

リスナーからのご感想
最新の記事はこちら
メルマガに登録する
ここでしか知れない海外在住者のための
ネットビジネス/起業ノウハウ配信中

    メールアドレス