コンサルティングサービスについて
お問い合わせ

すぐに役立つコンテンツ

毎日忙しいのに売上が増えない人の特徴【601回】

先日めでたいことがありました。

クライアントさんが、初めてわずか半年で売上を拡大した会社を売却したんです。

急成長に必要なことを確実に実行した結果でした。
実にお見事。

こんなワクワクする話の一方で、
一生懸命やってるけど、成長が止まってるとか、衰退してる人も多かったりします、

ある程度の規模にはなったのだけど、そこから伸びてないとか、
新規ビジネスを立ち上げてそっちを成長させたいのに、全然だったりです。

お金も使ってます。
組織化もしてます。

でも伸びてないんですよね。

もちろん、商材やタイミングといった運の要素もありますし、理由は様々ですが、
けっこうな確率で共通項があると僕は思ってます。

なぜなら、僕も、僕のクライアントさんもハマりがちだから。
僕は新規事業でよくこの共通項にはまります。

ということで、今日は売上が伸び悩む人のある共通項をお話ししますね。

今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

動画で見る|毎日忙しいのに売上が増えない人の特徴

文章バージョン続き|毎日忙しいのに売上が増えない人の特徴

売上が伸び悩む人のある共通項。
答えからいきます。

1、現場に没頭してる。

2、”そんなこと”やってられないと思ってる。

共通項は大きく分けてこの2つ。

説明していきますね。

1、現場に没頭してるケース

スタッフを雇わずに、自分で全部現場をジャグリングみたいに、
回してる場合もあるし、スタッフを使ってるんだけど、その管理とか、
フォローでいっぱいいっぱいになってるケースもあります。

要するに、新規顧客を増やすための作業がほぼできていないことです。

もちろん、メルマガくらいは書いてるかもしれませんし、
初期問合せの対応をしっかりこなして、契約を獲得していってるのかもしれません。

でも、これらはおそらく現場の売上を維持する程度の作用しかないんですよね。
ルーティンの範疇なんです。

これでは売上は大きくは増えません。

もちろん、新規客を飛躍的に増やすのに貢献することもしてるケースもあるでしょう。

広告の予算を拡大したり、広告の出す先を増やしたりしていたり。

オーガニックアクセスを倍増させようと、SEO対策も取り組んでいたりもします。

SNSでフォロアーを増やすためにインスタ投稿をちゃんとやろうとしているかもしれません。

ただし、全部外注を使ってます。

そしておそらくは、ほぼ丸投げ。

ま。そうしてしまうのも無理はありません。

だって、広告代理店も、SEO会社も、SNS代行サービスとかも、
個人であれ、業者であれ、プロです。

自分より詳しいし、自分がやるよりも成果がでるはずだと思うものです。

逆に業務の運用とかマネジメントは、外注できないから、
自分でやるしかないと考えてしまうと思うんです。

何かをサボろうとはしてないんだけど、
自分しかできないことは現場の円滑な運用で、
自分以外にできることはプロの存在する新規集客だと考えているわけです。

ここが間違い。
その逆なんです。

現場の運用が回らなくて売上が落ちたとか倒産した会社はきっとなくて、
集客やマーケティングが機能しなくて倒産した会社ばかりです。

つまり、運用の難易度はそんなに高くないはずで、
なんなら「誰でも」できるはず。
社長じゃなくてもいい仕事なんですよね。

広告、SEO、SNSは作業そのものはスタッフなり外注を使うとしても、
どう活用すれば効果が上がるか?=お客さんが増えるか?というのは
当事者でしか工夫したり、決断したりテストしたりできません。

ーー前々回の広告代理店の使い方のトピックでも触れましたね。

広告代理店を使って成果が出る人。出ない人。【599回】

くどいですが、SNS代行や広告代理店は運用するプロであって、
経営判断はしませんし、試行錯誤までは期待できないことが多いです。

なぜなら、そこはあるレベルまでの規模になるまでは、
経営上、そこが一番難易度が高いからなんですよね。

絶対に逆にすべきです。
マーケテイングや集客といった部分が自分。
運用は他人。この構造に入れ替える必要があります。

次に2つ目。

2、そんなことやってられない。

これはある程度儲かってきてて、かつ安定している人が陥りやすい状態です。

当然ビジネスを大きくするには、人を使うことがとても重要だと理解しているくらい
優秀な人ですから、すでに現場の仕事はしてないケースが多いです。

マネジメントもそれほど大変じゃない状態。

時間はあったりするんですよね。

新規客を増やさないといけないみたいなことも当然理解しています。

だからこそ、
広告、SEO、SNSなんかにとちゃんと取り組もうとしてます。

でもね、これも全部、運用の仕事みたいに丸投げしちゃうんです。

プロなんだから上手にやるでしょ。
または
よくわかんないし。。。覚えたり試行錯誤も大変だし。。。
または
ある程度金があるのに、いまさらなぜ自分がやらなきゃなんないんだよ。
または
めんどくせー。

こんな感覚。

要するに、新規の顧客を集めるこれらのタスクも、「誰かがやってくれる。やらせることができる。」
下流仕事だと判断しているですよね。

こう考えてしまう根っこはこんな感じです。

・難しいことをやりたくない。今更覚えたくない。

・金払えばなんでも他人にやられられると、いささか調子にのってきてる。

・商品やサービスがある程度ほっといても売れる強い商品だったから、
新規客を増やすことに難易度を感じていない。誰でもできるでしょと考えている。

理由は様々ですが、
「そんなことやってられない。」てのは共通してるのかなと。

さらに、1にしても2にしてもやっかいなのは、
業者なりとミーティングしたりしていると、”やってる気”になるってところですね。

業者と打ち合わせしたり、レポートを受けたりしていると、
新規客を倍増させるために努力している気になるんです。

実態は金を払った相手が自分の仕事を証明するために
時間を取ってくれてるだけなんだけど、集客している気分になります。

ーーーと、偉そうに言ってますが、
僕が失敗したのもこの2つの共通項と同じです。

クライアントさんもどっちかがほとんどです。

それくらい、例外なく、ハマりがちなポイントなんですよね。

解決策は簡単です。

マーケティングや新規客の増大に力を全集中すること。

業者を使うのも大いに結構ですが、司令塔は社長であるあなたです。

P・D・C・Aを回すのも考えるのもあなたです。

てことで、もしいまいち売上が倍増しないなって思ってる場合は、
今すぐ現場仕事を手放すことと、
マーケティングや商品開発の主役を自分にすることをしてみてください。

たぶん、
来年4倍とかになってると思うんですよねー。

ーー動画だと、もうちょいくどくど例を出してますので
もっと理解したい人はそっちもご覧ください。

ではでは。

 

【雑談】クレーンゲームにハマる

クレーンゲーム。
昔風に言うと、ユーフォーキャチャー。

これを楽しむYouTube動画って多いんですよね。

かのヒカキンさんも、ゲームセンターを貸し切って
動画を配信したりされてます。

これに、息子がはまったらしく。

「やりたい!やりたい!」

自分のお金の中から、100円玉を10枚以上集めて、
「でっかいゲーセン連れてって!」とせがんできました。

ま、男子はこの手のものに興奮しやすいのは十分わかるんで、
僕も数千円で一緒に遊ぶつもりで大きめのゲーセンに早速いってきました。

結構動画で二人で研究してから行ったんですが、なかなかうまくいかないものです。

まず1000円くらいかけて、やっと巨大なパイの実っておかしをゲット。

次にワンピースの「サボ」のフィギュアを2500円くらいかけてゲット。

その日はそれでお開きにしましたが、上手な人は1000円もかけずに取っていくんですよね。

で、ゲーセンの店員さんにあとで聞いたんですが、ああいったゲームって
設定値があるそうなんです。

たとえば、クレーンの掴む力とか、
クレーンが開く角度とか、この設定があまいと取りやすくて、
渋いととにくいそうで、プロはそのへんも見極めて代を選ぶんだそうです。

遊びとはいえ、つきつめると奥深い。

ちなみに、この手のクレーンゲーム。

実際の経済合理性はどうか?っていうのを計算してみました。

「サボ」のフィギュア。アマゾンで調べたら
だいたい2000円くらいで販売してました。

つまり 2000円で買えるものを2500円かけて手に入れたわけですね。
30分くらいはこのゲーム没頭してたので、時給1000円だとしたら
500円分の労働です。

つまり1000円の赤字。

となると、一般的な親はこの遊びには眉をひそめます。

無駄とか、ただのギャンブルに見えるんだろうなと。

でも、この遊びをする間3500円使って、
2時間以上はゲーセンにいました。

そして、夜息子は「やばい。楽しかったから興奮して眠れない」とか言ってるわけです。

ま「サッカーの公式戦の前の日とか、そんなこと一言も言わないじゃん?」とツッコミたくもなるけど、
楽しかったのは楽しかったんだろうなと。

僕も子供の頃、ゲーセンが大好きだったので、よくわかります。

そう思えば、3000円程度で2時間楽しめる遊びだと思えば、
ものすごいコスパのいい遊びだなとかも思うわけです。

あれをエンターティメントと捉えるか、
商品を取るための行動と捉えるかで評価が分かれますよね。

僕は前者です。

で、このクレーンゲーム。
埼玉県に聖地と呼ばれるゲームセンターがあるらしいです。

ヒカキンさんもここで撮影してました。

今度サッカーがオフの時に、そこに結構な予算で移動もうって話になってます。

また、報告しますね。

ちなみに、いきつけの美容院の新人の男の子は、
美容学校に行くのも、地方から上京して一人暮らしするのも
全部自分のお金でやったそうで。
見た目可愛らしい若い男の子って感じですが、根性あります。

で、その子がお金がない時期にクレーンゲームを一生懸命覚えて、
取った景品をメルカリで売って、小遣いにしてたそうです。

「最近の若者は・・・」なんて恥ずかしくてダサくて言えないですね。
僕の若い頃より100倍、芯がしっかりしてます。

海外在住の起業家がこんな時代でも
ネットを使って売上を5倍*にした方法

インターネットビジネス
売上アップ
実践ガイドブック

今すぐ無料で読む

*2021年時点。ordercompany社販売実績データ

最新の記事はこちら
メルマガに登録する
ここでしか知れない海外在住者のための
ネットビジネス/起業ノウハウ配信中

    メールアドレス