コンサルティングサービスについて
お問い合わせ

ポッドキャスト

売上を急激に伸ばすためにやるべきことと、無駄なこと。【598回】

日本日本

「もう俺はダメかもしれない。」

そんな気分でした。

僕が起業したとき、初月の売上は0円。
翌月も0円。その次も0円。その次も。

貯金は100万しかなかったのでもう後がない。

「コツコツとブログを書くといつかはアクセスが集まる。」
とか無理。

とにかく急激な売上アップが必要だったんですよね。
何かのインパクトがないと無理でした。

で、今こうやってメルマガを偉そうに書いてるくらいですから、なんとか生き延びたんですが、
生き延びたのは、急激に売上が上がるインパクトを出せたからです。

この時は狙って急激に売上を上げたというよりも、必死さが招いた結果、偶然インパクトが出ることをしてた感じでした。

それから10年近くたって、コンサルティングで人のビジネスを手伝うことにも自信がついてた頃。
今度はアパレルのオーダースーツ事業の経営に参加しました。

この時は「倒産しそう」みたいな危機感が理由じゃなくて、事業を急成長させるためです。

月の売上が100万くらいだったものを、何十倍にもしなければらないミッションだったってことです。
ていうか、そんな理由でもない限り、僕が参加する意味もありませんしね。

理由は違えど、短期的に売上を増大させないといけないことは起業当初の問題と変わりません。

何かのインパクトを出さないと一気には売上なんて上がりません。

ただ、この時は、経験もそこそこありましたし、狙ってインパクトを出しました。

結果として短期間で1千万くらいにはなりました。
(そこから今はさらに成長してますが、それはそれでまー別の壁にぶつかってたりもしますが、この話はまた今度。)

この2件のケースは、ともに売上をある程度急激に伸ばさないといけない状態だったことが共通していますが、
実行した施策はまったく違います。

でも、行う施策、集中して取り組んだ行動の選び方に共通点があるんですよね。

決してコツコツ足元を固めたってことでもないし、
SNSで変わったことをして、バスらせたわけでもありません。

に売上をある意味急に倍増させるときって、行う施策の選び方にルールがあるなって思ったんです。

このルールを守ると、大小あれど、ある意味急激に伸ばせるし、
ルールを守ってないと、最高に真面目で誠実で、品質のいいサービス、超絶わかりやすいサイトでも、
売上は伸びない。

ということで今日は、急に売上を伸ばす時にやるべき施策の選び方をお話したいと思います。

 

今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

番組無料登録はこちらから

今すぐ聴くにはこちら

海外在住の起業家がこんな時代でも
ネットを使って売上を5倍*にした方法

インターネットビジネス
売上アップ
実践ガイドブック

今すぐ無料で読む

*2021年時点。ordercompany社販売実績データ

リスナーからのご感想
最新の記事はこちら
メルマガに登録する
ここでしか知れない海外在住者のための
ネットビジネス/起業ノウハウ配信中
メールアドレス