ポッドキャスト

その右腕さんって本当に必要ですか?【第566回】

日本日本

「最近、ちょっと悩みがあって・・・」

これはある社長が呟いた言葉。

その社長の会社の年商は数億数十億規模。
スタッフもたくさんいます。

事業はいまだ絶好調。
成長率も毎月前年120%を超えています。

社長の売れ筋の商品を読む力は抜群。
仕事も超まじめ。趣味やお酒、ブランド品に散財したりしません。

業績が好調すぎるので銀行取引もすこぶる良好。
資金も潤沢です。
現金がショートする心配はありません。

ものすごく、優しい人なので、スタッフと軋轢もありません。

課題といえば、成長し続けるがゆえの追いつかないスタッフの採用や、
すぐに手狭になるオフィスのことくらい。

でも、先ほどつぶやいたストレスはそんなことが理由ではないのです。

悩みのタネは右腕(候補)のこと。

これからの会社運営が自分だけでは限界があるかもしれないと考え、
経営を助けてもらおうと、ジョインしてもらった人です。
とても頭のいい人だという評価をしていた人を誘ったんだそうです。

何かが狂いだしたのは、この右腕を招き入れた時からです。

一体何があったのでしょう。

・・・ということで、今日は同じように、ナンバー2みたいな人や、右腕みたいな人がいるんだけど、
なんだかそれがストレスに感じてる人がいるとしたら、
ピンとくるかもしれないお話をしたいとおもいます。

まだそんな状態じゃないとしても、
誰かと組んでビジネスをしていたりしてるんだけど、
なんか停滞感というか、違和感というかストレスを抱えている人にとっても役にたつかもしれません。

今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

番組無料登録はこちらから

今すぐ聴くにはこちら

リスナーからのご感想
最新の記事はこちら

コンサルティングサービスについて
お問い合わせ