すぐに役立つコンテンツ

【第509回|儲ける人の100万円の使い方。もし明日100万円もらったら何に使う?】動画

こんにちは。河野です。
今日も開封していただきありがとうございます。

問題。

「もし、今手元に100万余ったお金があったら、次のうちどれにおカネを使いますか?」

・ビジネスに重要なウェブサイトや、ネットショップ、プログラム開発に使う。
・儲かりそうな商品の独占販売時の仕入れや、自社商品の開発費に使う。
・儲かるフランチャイズの権利を買う。
・売上を上げてくれる優秀な人材を採用して当面の給料に使う。
・広告費に全部使ってしまう。

極力資金を使わずにビジネスをする方法はウケがいい。
反対に、資金を使う方法はあんまりウケません。

とはいえ、このご時世。

「休業していれば月に2500ポンド(40万くらい)もらえる。しかも数ケ月。」

「4人家族なら3400ドル(36万円)もらえる。しかも数ケ月」

こんな感じでお金が手元に入る人もいるのじゃないですかね。

ま、稼ぎの多い人は何ももらえない場合が多いでしょうが、
どうやって手元に存在するにしてもキャッシュがあるってのはいいことです。

最強。

でも、このお金を使う方法がなかなか難しいんです。

たとえば100万か200万くらいだとしましょ。

エルメスのバーキンでも買えばすぐなくなるし、
ハワイに家族で1月か半月でも滞在すればすぐになくなる額です。

言い方を変えましょう。

使ってそのぶん儲けるのがなかなか難しい。

「そのお金ってなんだったんだろ?」って状態で0円に残高がなった人もよく見るんです。

てことで今日は儲けるためのお金の使い方を話してみます。

10万しかない人も500万くらいある人も、理屈はおんなじなんで
まー聞いてみてください。

先の問題をもう一度思い出してください。

「もし、今手元に100万余ったお金があったら、次のうちどれにおカネを使いますか?」

・ビジネスに重要なウェブサイトや、ネットショップ、プログラム開発に使う。
・儲かりそうな商品の独占販売時の仕入れや、自社商品の開発費に使う。
・儲かるフランチャイズの権利を買う。
・売上を上げてくれる優秀な人材を採用して当面の給料に使う。
・広告費に全部使ってしまう。

正解含めて動画と音声でどうぞ。

今日も動画でどうぞ。
YouTube版とポッドキャストがあります。

動画で見る|儲ける人の100万円の使い方。もし明日100万円もらったら何に使う?

【雑談】英語の小文字の由来と著作権のこと説明できます?

ここのところ、子供と話すことがものすごく増えました。
日中はずっと家に一緒にいますし、
お昼も僕が作ってたり、どこかで公園に運動しにいったりしてますので増えた気がします。

で、その中で結構質問をされるんですが、
子供の素朴な質問の中には意外とわかんないことあるんですよね。

「アルファベットはなぜ小文字があるのか?」

オンラインの学習ツールや、zoomとかでタイプをすることが増えた息子が
何回も不満そうに言ってくるんです。

「大文字でよくね?」って流れです。

あと著作権の話も出てきます。

鬼滅の刃にハマってる彼はZOOMのバーチャル背景も
起滅のキャラに変えてたりします。

そうすると周りの参加者から「おお!」と言われるそうで、
思いついたらしい。

「鬼滅のキャラの入ったマスクとか、スマホケースとか作ると売れるのじゃない?」

「うーん。いいアイデアやけど、それはな。やったらあかんねんで。」

といいつつ納得いかない様子。

「だって失敗してもいいからチャレンジしろって言ってるじゃん!」とくるわけです。

誰に似たのか口は達者。

てなことで著作権法やら許容範囲の話を解説しなければなりません。

今日はその結果どうなったって雑談です。

みなさん知ってます?
著作権法とアルファベットの小文字の話?

最新の記事はこちら