すぐに役立つコンテンツ

【第505回|知らないと損をする。会社にどんどんお金がたまる人の秘密。】動画

こんにちは。河野です。
今日も開封していただきありがとうございます。

実は・・・20代の後半の頃。
クレジットカードのキャッシングしまくってて、自転車創業になっていた時期がありました。

きっかけは1枚のカード。当時は20万くらいが限界だったと思うんです。
それが給料の残高で返せなくなると、また次のカードでキャッシングして、
それが給与では返せないとなると、また次のカードでキャッシングしてと言う感じ。

何に使ってたと思います?

ギャンブルはしません。今も昔もハマったことないです。

酒も飲みません。違法な刺激物にも興味ありません。

女性が接客してくれる店に通ったり、大金を貢ぐってこともしたことありません。

変な詐欺商法にハマったわけでもありません。

生活はいたって真面目。

ただ土日に限界まで遊んでたんです。

釣り具。
アウトドアの道具。
それにともなう高速代やガソリン代、宿泊代。
車の維持費。

遊ぶとことや、刺激を得るってことにブレーキがきかなくなってたんです。

だからといって日頃倹約するわけでもありません。
仕事も忙しかったんでそんな時間がないんです。

もちろん、振り返れば、あれくらい集中して遊んだのは結果としてよかったとは思うんですが、
綱渡りしてましたから、やばかたったと思います。

そんなとき1冊の漫画と出会いました。

有名な「ナニワ金融道」。
ドラマにもなったんで知ってる人もいますよね?

大阪の正規のサラ金業社を舞台に、お金や社会の構造を教えてくれる
硬派で面白い漫画です。

(読んでない人はドラッガーとともに、必読?かも)

そこにキャッシングではないですが、カードで新幹線チケットを買って、
現金化して自転車創業して破綻する人の話が出てくるんです。

結局その人は会社の給与が下がって破綻するんですが、
「やべ。俺じゃん」と目が覚めたの覚えています。

怖くなった僕は、速攻で次のボーナスとか給与とかを総動員して全部返済しました。
カードも全部ハサミを入れて半年くらいは現金で暮らしてた気がします。

そこからも刺激や体験にお金を使う癖は治りませんが、
お金に対して、特に現金についてはリアルに捉えるようになったと思います。

このように、借金人生が転がり落ちていく人がいるのは間違いない事実だけど、
世の中、ナニワ金融道の通りではないわけです。

実は借金をすればするほど肥え太っていく世界があるのも事実だったりするわけです。

投資は有名ですが、
もう1個起業やビジネスもその墓に入るんですよね。

てことで今日は、借金をすればするほどお金が貯まる?についてお話します。

まさに2020年の今。を反映しますのでぜひ聞いてみてください。

今日も動画でどうぞ。
YouTube版とポッドキャストがあります。

動画で見る|知らないと損をする会社にどんどんお金がたまる人の秘密。

【編集後記】子供よりものを知らない大人達。無知の知

子供と頭を使う遊びがしたくて、昔いろいろ考えたことがあります。

とはいっても僕が得意なことを教えるとか、真似させるとかってのはなんか違うなと。

つまり僕も子供もまったく同じ土俵で勝負できるものがいいと思ったわけです。
同時に覚えて勝負するもの。

そこで候補に出たのが麻雀、囲碁、将棋、チェス。

麻雀は将来雀荘にこもるようになってもなんか困る気がしたんで却下。
あと四人必要ですしね。

囲碁と将棋はちょっと僕に経験がある程度だけど有利なんで却下。

残ったのは未知の世界のチェス。

ま。AIがチェス世界王者に勝利!とか、人間の知恵比べにはちょうどいいかなって思ったわけです。

一緒にルールを調べて、一緒に始めました。
最初はグダグダです。

でもね。負けるんです。
今でもいい勝負します。

次にゲーム。
スイッチのゲームで結構今人気あるのがどうぶつのもり と、
フォートナイト。

フォートナイトってのは敵と戦うような感じのゲームなんですが、
技術と記憶力、反射神経で勝負するで金があるとかそういう不平等はないんです。

これもほぼ同時に操作覚えて勝負したんですが、
いい勝負どころじゃないです。まったく勝てない。

てか覚えられない・・・・。
そして画面が老眼で見えない!

自分が歳をとったんだと確認するだけで終わるんですが
それを差し引いても子供ってすごいです。

記憶力と吸収力、分析力をまったく条件を同じにすると
大人なんて叶わない気がしてきました。

だから、本当はいわゆる学校教育プログラムにおける”勉強”が好きになったりしたら
ものすっごい成績なんて上がっちゃうんでしょうね。

ま、それだけは意地でもやりたくない雰囲気を出してらっしゃいますが^ – ^

いっそのこと、コードを何行か書かないと的に勝てないようなゲームがあったりするほうが
無理やりプログラミング学ぶより効果あるかもしれませんね。

中身は動画で。

最新の記事はこちら