ポッドキャスト

【第465回|自信がなくても最高のサービスや商品をリリースする方法】

ーーーー
今日のサマリ
トピック:自信がなくても最高のサービスや商品をリリースする方法
編集後記:ハワイ島はなぜ人気がないのか?
ーーーー

「自信がなくて、その商品を売るのに躊躇します。」
「自信がなくて、そのことでブログを書くのはハードルがあります。」

今日はそんなことを考えているすべての人へ聞いて欲しいお話です。

こんにちは。河野です。
今日も開封していただきありがとうございます。

ビジネスに限らず自信がなく行動できないって話はいたるところに落ちていますよね。
天真爛漫に思える子供でさえ、そういう所があります。

僕の息子の話です。

彼はサッカーが上手になって、将来はFCバルセロナでプレーしたいそうです。
まーまー贔屓目に見えも、我が息子は上手ではありませんので、めっちゃ練習するしかないのだと思うんですよね。

本人もそれはわかってるらしく、時間さえあれば練習をしようとしていました。
でも、近所の公園に行って練習しようと誘ってもすごく嫌がるんです。

どうやら、同じようにサッカーをしている友達や、友達じゃなくてもサッカーを同じくしている同学年の子供に練習しているところを見られたくないそうなんですね。

サッカーを練習している姿を見られるたくないってことじゃなくて、彼らより下手な姿を見られると恥ずかしいそうで。
なんとも、情けない理由に思えますが、本人は大真面目です。

体育会系お父さんであれば「やる気ないなら、やめちまえ!」とでも言えばいいのでしょうが、
僕は体育会系の思想が皆無ですし、小さい頃ものすごく格好つけだったので、気持ちがわからなくもありません。

結局、めっちゃ遠い町の、しかも人気のないか、大人しかいない公園で練習したのを思い出します。
(今は経験も長くなり、できることも増えて、本人もそこそこ自信がついたようで、近所の公園でも普通にサッカーはしています。)

さて、この手の話、大人でもよくありませんかね?

まさに今日のテーマなんです。

自信がなくてブログが書けないとか、自信がなくてサービスや商品をリリースできないとかそういう悩みに共通するところがあったりします。

リスナーからのご感想
最新の記事はこちら