すぐに役立つコンテンツ

テキスト版【第452回|ビジネスのマジックワードはこんな理由で2000なんです。欧州渡航記】

From;オランダのカフェにて

 

こんにちは。河野です。
今日も開封していただきありがとうございます。

 

ちょうど10日間の欧州渡航の最終日に、
オランダのアムステルダムでこれを書いています。

 

あいにく外は雨でして、朝から歩きつかれてしまったので
アムステルダムの観光の中心ダム広場のカフェで一息ついています。

 

今回もいろんな刺激や事件があった旅でしたが、その渡航記は文末でちょいちょい書いていきますね。

 

トピック|ビジネスのマジックワードはこんな理由で2000なんです。

で、今日の本題です。

 

今回のメインの目的はマドリッドでセミナーだったわけですが、
各国のメンバーさんもわざわざ旅をして参加してくださいました。

 

何日も仕事を空けて、かつさらに欧州渡航の通でに売上を増やそうとさえしていたりしました。

 

ベトナムからアパレルECの社長は、ミラノでの生地の仕入れがメインですが、
ついでにフィレンツェの展示会で出店される「売れることが確実な」高級ネクタイを買い付けました。

 

スイスの健康関連商材の社長は、実質何もしない数日間をすごしゆっくり過ごされていました。

 

アメリカから参加のライフコーチの方も、スペインの後パリに飛び、さらに旅を続けられています。

 

 

もちろん、組織化したり、自動化しているので、休んでいても売上が立つていえばそれまですが、
大事なポイントがもう1個。

 

それは信頼関係のできている見込み客か、一度何かを購入したことのあるお客さんのリストを持っているかどうかなんですね。

 

たとえば、「必ず売れる」ネクタイなんて世の中には存在しません。

 

でも既存のお客様リストが大量にあるので、そこに「買い付けますが欲しいですか?」と事前にオファーして、
書いますというレスポンスをとっていたんですよね。

 

そうでもなければ、新規でネクタイなんてそう簡単に売れませんし、
売ろうと思えば何十なん百の買い付けが必要になるので、結構勇気のある投資をすることになります。

 

とても気軽に買い付けのついでに遊んだりできませんよね。

 

他の方もそうです。

 

新規客の獲得ってめっちゃくちゃ大変。

 

スタッフを雇い入れて、全部人任せにしても、どうしても最後の最後に残る仕事は新規客の獲得の部分です。

 

つまり、どこまで組織化して自動化していても、新規客をとるという行為はストップするんです。

 

新しい商材を売り込んだり、マーケティングを最適化したりは滞る。

 

でも、既存客が再度購入したり、
別の関連商材を買うという意味では、スタッフがメルマガを送るだけでもなんとかなったりします。

(実際データで見てもそうなります。)

 

みんな、お客様のリストがあるというのが共通点なんですよね。

 

話が変わりますが、起業当初よく仲間で話題にしていたことがあります。

 

「あの人って、リスト10万あるらしいよ」

 

とか

 

「あの会社はリストが20万もあるんだってね。」

 

とか。

 

当時は、メルマガ配信スタンドである「まぐまぐ」が今のアメブロみたいに、
アーンドメディアとして機能していたので
まぐまぐの読者数がそのまま売上の規模と比例していたんです。

 

もちろん今まぐまぐはそのように作用はしませんが、
リストが売上と比例する。
というのは10年以上たっても変わってないなって思うんですね。

 

 

よく「いったいどれくらいの期間頑張れば。私は楽ができますか?」
みたいな質問をいただきます。

 

ま、楽がしたいっていうよりも、
いつまで頑張ればそこそこの年収で、そんなに忙しい日々ではなくなるのか?
ということだとおもうんですよね。

 

正しい答えは「その人次第です」とツマラナイものになるんですが、
時間じゃない数字だと答えられます。

 

スモールビジネスで起業することにおけるマジックナンバーみたいなものです。

 

その数は20000。

 

信頼されている見込み客か既存客のリストが2000あれば、
たぶん1家族慎ましく、いやよほど物価の高いエリアじゃないとこなら
いい感じで暮らせると思うんですね。

 

実際見ていてもそう感じます。

 

ビジネスで一番信用ならない指標って「時間軸」だと思います。

 

数字のゲームではあるのですが、
時間ではなくて分量、それで考えるとあながち外さないと思うんですよね。

 

 

ブログを毎日書いている。
FB頑張っている。
動画撮影しまくっている。
セミナーしまくってる。
広告打ちまくっている。
人に頼みまくっている。

 

活動はともあれ、その結果リストが増えているか?
2000に近づいているのか?

 

このあたりを自分の努力基準にするといいと思います。

 

 

【編集後記】欧州渡航記

いろんなことがあった旅でした。

・マドリッドのセミナーで大失敗?

・嵐の空港でスペイン女性と大げんか

・サンセバスチャンは本当に美食の街?

・オランダの絶品日本料理店のシェフの語るビジネスの本質

・めずらしく美術館に行って見た。ゴッホだったから。

 

書ききれないので今日はセミナーのお話から。

 

 

マドリッドのセミナー無事終わりました。

今回実は時間配分を失敗しまして、予定より1時間も伸ばして話してしまいました。

いつもはスライド数で自分の話す時間は調整できるつもりだったんですが、
今回プレゼンの資料のスタイルも大きく変えたので時間が治らなかったんですね。

もちろん4時間のセミナーなので途中で調整はできるんです。

 

でも、でもですよ?

 

後半の話、絶対に知って欲しかったんです。
いいこと盛りだくさんにしてたんですよね。

 

なので会場の時間も大きくすぎるなと知りつつ、
スペインだから許してくれんじゃね?
パートナーのやすこさんが調整してくれるはず。

 

と思いながら無理やりやりました(^ ^)

 

ありがたいことに、その通りになりまして、
みなさんからも好評で夜遅いにも関わらず最後まで聞いてくださいまして、
よかったなと。

 

メンバーさんも、各地から駆けつけてくださり、
セミナーで自分のビジネスこといろいろ話してくださいました。

 

わかる人にはわかると思うんですが、
僕のような仕事でもしてない限り、自分のビジネスのことを知らない人
しかも素人に話してくれる人なんてあんまりいません。

 

「みなさんの役にたつなら。河野のためになるなら」と人肌抜いてくださるみなさんに
感謝しかないですね。

 

翌日からコンサルティングのお申し込みも殺到して、
おかげさまで、帰国後は1け月以上電話の日々になる予定です。

 

 

ま、そんなこんなでマドリッドを後にしたわけですが、
そのあとは好きな旅をしたんですが、そこでいろいろまたあったわけです。

 

旅のあるあるなんですが、
刺激を受けることもたくさんあって書き留めておきたいんで
時間からパラパラとシェアしていきますね。

 

 

 

 

 

最新の記事はこちら

クライアントさんの声

日本日本

久我清美さんさん

手取り足取りのサポートでとても助かっています