コンサルティングサービスについて
お問い合わせ

ポッドキャスト

たった1通のメールで売上を倍にするには?【第595回】

日本日本

「すべてをテストせよ。」

ネットビジネスに慣れてる人にとっては常識。

広告文を2種類作って比べたり、
ホームページのキャッチコピーを2種類作って比べたり、
インスタの投稿テーマの違うアカウントを2個作ってどっちが先にフォロアーが増えるか比べたりしてるかもしれません。

なんなら商品も2つ同時に販売してどっちが売れるか比べてる強者もいるかも。

でもね、意外とやってないテストがあるんです。

それがメールのテスト。

特に件名と本文そのもの。

「いや。メールだっていろいろテストしてるよ?」って言うかもしれないけど、
それって、毎回配信するたびに趣向を凝らして、
結果が前の配信よりよかったか?悪かったか?ってテストだったりしませんかね?

たとえば、ダイエット関連ビジネスをしているとするとして、

前回は「2分で寝ててもできる筋トレ」って件名と内容でメール配信して開封率20%。
今回は「食いしん坊のための満腹ダイエットレシピ」て件名と内容だと開封率30%。

この結果を見て、「あ。レシピ関係のほうが反応が良いのだな。」みたいなことを判断するテストだと思うんです。
もちろんこういうテストも大事だし、「今後はレシピのテーマを増やそう。」とか、そういう方針は決められます。

ただ、配信する時期が違ったりするだけでもユーザの反応は変わってしまうし、
さらに本文とテーマが違うもの同士を比較しても、
1通のメールの効果を最大化するためのテストにはなりにくい。

意味伝わります?
毎回の配信結果を振り返ってるだけだと、過去の配信における購入数はもう変えられませんよね。

できれば、本当は毎回毎回配信するメールの効果を最大化したいじゃないですか?

そのダメだったやつも最大化したいんです。

じゃないとせっかく書いたメールが結構もったいないと思うんです。

なぜなら、メールのテストを正しく行っていると、
それぞれ1通ずつのメール毎に売上が2倍差がつくなんてことが起こるんですよね。

メールを送るたびに2倍差がつくことはないとしても、
この差を積み重ねるだけで相当なインパクトがあります。

つい先日も、僕が送ったメールテストで売上に2倍差がついたことがありました。

ということで今日は、どんなメールを送って売上が2倍になったのか?の例を示しつつ、
1通1通毎回メールテストして効果を最大化するテストの方法論をすこしお話したいと思います。

 

今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

番組無料登録はこちらから

今すぐ聴くにはこちら

>>いますぐ無料で視聴する<<

リスナーからのご感想
最新の記事はこちら
メルマガに登録する
ここでしか知れない海外在住者のための
ネットビジネス/起業ノウハウ配信中
メールアドレス