コンサルティングサービスについて
お問い合わせ

ポッドキャスト

儲けてる人の秘密の情報源【第567回】

日本日本

「これは“儲かりそうじゃないから”やめとこう。」

こうやって、ビジネスにいつまでたっても没頭しない人が、
世界中に2億人くらいいる気がします。

確かに選ぶビジネスや商材次第で、
すごい楽に立ち上がるものもあれば、苦労を重ねるはめになるものもあります。

このネタは儲かるか?儲からないか?ってことを死ぬほど気にするのも自然な話。

じゃ、儲かるネタはどこにあるんだろ?って話になるんですが、
それは「今まさに誰かが儲かってるもの」ということになります。

誰もやってないけど儲かりそうなものじゃなくて、
儲かるものを選ぶのが一番。

13年コンサルをやってきて、辿り着いた正解だと思ってます。

「儲かってるものをやりましょう。」
一貫してそう主張してきました。

とはえ、「儲かってるものは何か?」って意外とわからない。
アマゾンとか、モールなどで売れてるものを調べるのはたやすいけど、
すべてのビジネスからって考えると案外調べるすべってないんですよね。

そこで目立つのはSNSとかで発信されている情報になります。
「●●で儲けていまして、楽しく暮らしてます。」みたいな情報とか、
「会社成長させてます!世界をよりよくしたいです!」みたいな情報とか。

でもね、そこにはいわゆる凡人で普通の人がやる儲かるビジネスはなかったりします。

SNSでわかる「儲かるネタ」がダメだとまでは言いませんが、
たいていは「発信することで儲けようと頑張ってる途中」だったり、
本当はあまり儲かっていなかったりするからです。

実際儲かってるネタってSNSではまずわかりません。判断できないのです。

なぜなら、ビジネスをやって成果を出している人はSNSで「儲かってる」なんて発信なんてしないから。

そもそもSNSすらやってないことも多い。
だって、儲かってるってことはそこそこ忙しいから、そんな暇もないし、
忙しくない場合はSNSしなくても儲かってるんだから余計やる必要を感じてない。

つまり、元も子もない話をすると「儲かってるって言ってる情報」をネットでささーっとリサーチしても見つかんないもんなんですよね。

とはえ「儲かるネタ」は複数存在するし、見つけるコツもあったりします。

僕が実際コンサルする時にも使ってる方法の一つです。

ということで今日は、儲かるネタの探し方を事例とともに一つお話します。

話すのは“ブラックボックスパターン”と呼んでいるネタです。

今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

番組無料登録はこちらから

今すぐ聴くにはこちら

海外在住の起業家がこんな時代でも
ネットを使って売上を5倍*にした方法

インターネットビジネス
売上アップ
実践ガイドブック

今すぐ無料で読む

*2021年時点。ordercompany社販売実績データ

リスナーからのご感想
最新の記事はこちら
メルマガに登録する
ここでしか知れない海外在住者のための
ネットビジネス/起業ノウハウ配信中
メールアドレス