すぐに役立つコンテンツ

広告の効果がないと絶望した時の一発逆転術【Q&A】第541回

日本日本

こんにちは。河野です。
今日も開封していただきありがとうございます。
(動画、音声 文章 全形式でお届けします。)

広告がビジネスを劇的に変える。

これは間違いない事実なんだけど、
広告を使わない人は多いです。

カテゴリに分けるとこんな感じ。

A 集客に1円たりとも使いたくない人。
B お金を使わなくても儲かると信じてる人。
C 広告で一度成果が出なくて失敗したことがある人。

この中でもC失敗したことがある人の気持ちは複雑だと思います。

だって、お金使わないなんて言ってないのに、結果でないんだもん。
「この嘘つき!」てなもんですよね。

だけどね、広告って出し方とか改善の仕方によって、
劇的に成果が変わることもある媒体。

つまり、広告がダメだったんじゃなくて、
やり方がダメだっただけってこともあるわけです。

僕に届いたこのご質問もその中でも特徴的な内容でした。

「Facebook広告を初めて出してみたのですが、反応が悪く、クリック率はリーチ数の2%ちょっとで、
クリックしただけでその先の反応(メルマガ登録、申し込み、問い合わせ、無料プレゼントダウンロードなど)もありませんでした。
自分としても恐らく広告自体が悪かったのではないか、何が提供できるのかが明白ではなかったのではないか、
と思ってはいるのですが、広告の反応が悪かった場合の原因と解決法について、河野さんのご意見を聞かせていただけると嬉しいです。」

専門的な言葉も入ってるので簡単に翻訳します。

Facebookに広告を出した。
Facebookとインスタグタムの対象客へ自分の広告が露出した。
それを見た人が50人に1名の割合でサイトまで訪れてくれた。
でも、問合せもメルマガ登録も何もしてくれなかった。

こういうことですね。

これも、改善するところはすごくたくさんあると思います。

ということで、この例だけじゃなくて広告全般を出す上で、成果を劇的に改善するかもしれない方法を説明しますね。

今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

動画で見る|広告の効果がないと絶望した時の一発逆転術

文章で読む|広告の効果がないと絶望した時の一発逆転術

広告がビジネスを劇的に変える。

これは間違いない事実なんだけど、
広告を使わない人は多いです。

カテゴリに分けるとこんな感じ。

A 集客に1円たりとも使いたくない人。
B お金を使わなくても儲かると信じてる人。
C 広告で一度成果が出なくて失敗したことがある人。

この中でもC失敗したことがある人の気持ちは複雑だと思います。

だって、お金使わないなんて言ってないのに、結果でないんだもん。
「この嘘つき!」てなもんですよね。

だけどね、広告って出し方とか改善の仕方によって、
劇的に成果が変わることもある媒体。

つまり、広告がダメだったんじゃなくて、
やり方がダメだっただけってこともあるわけです。

僕に届いたこのご質問もその中でも特徴的な内容でした。

「Facebook広告を初めて出してみたのですが、反応が悪く、クリック率はリーチ数の2%ちょっとで、
クリックしただけでその先の反応(メルマガ登録、申し込み、問い合わせ、無料プレゼントダウンロードなど)もありませんでした。
自分としても恐らく広告自体が悪かったのではないか、何が提供できるのかが明白ではなかったのではないか、
と思ってはいるのですが、広告の反応が悪かった場合の原因と解決法について、河野さんのご意見を聞かせていただけると嬉しいです。」

専門的な言葉も入ってるので簡単に翻訳します。

Facebookに広告を出した。
Facebookとインスタグタムの対象客へ自分の広告が露出した。
それを見た人が50人に1名の割合でサイトまで訪れてくれた。
でも、問合せもメルマガ登録も何もしてくれなかった。

こういうことですね。

これも、改善するところはすごくたくさんあると思います。

ということで、この例だけじゃなくて広告全般を出す上で、成果を劇的に改善するかもしれない方法を説明しますね。

■てか広告ってどんな仕組み?

まずは広告の仕組みをざっと説明します。
大枠だけ知らないと意味わかんないと思うんで。

広告にはいろんなパラメータがあります。
それを知るとわかりやすくなると思うんですね。

(どこに出すのか?)

・メディア

どういう広告メディアに出すか?
はっきり言えば、Facebook+インスタグタム広告に出すか?
グーグル+youtube広告に出すか?
Yahooに出すか?

基本的には今の日本ではこの3択です。
他にもあるけど省略。

・場所

例えば投稿ページに出るのか?
ストーリーズに出るのか?
検索した言葉に連動して検索結果の上にでるのか?
みたいなことですね。
メディアでだいたい決まってきますし
今は自動ってのが多いです。
他にもあるけど省略。

・ターゲット

誰を狙う?
例えば 健康 に興味を持つ人。とか。
英語レッスンって検索してる人。とか。
子供を持つ人。とか。

メディアでだいたい決まってきます。
他にもあるけど省略。

・クリエイティブ

どんな誘い文句を言葉で表現し、
どんな画像や動画を掲載するか?ってことですね。

いわゆる広告と呼ばれるものそのものです。

たいていは自分のサイトへのリンクをさせる文句が入ってます。
”今すぐ見る”とか”詳細を見る”とかですね。

・オファー

広告に含まれるんだけど、
何を誘うか?ってことです。

僕ならインターネット起業セミナー見ませんか?って誘ってるし、
スーツなら、今すぐ商品を見てって誘ってます。

オンラインレッスンなら今すぐ無料体験って誘ってますね。

・リンク先のページ

広告をクリックして最初に出る自分のページですね。
誘い文句が、無料体験なら、体験への説明とか申し込みフォームがあるページであるべきですよね。

これらの要素で広告は出来上がってます。

ここまで細かい要素があるってことは、
それぞれの要素によって、結果がものすごい変わるってことなんです。

つまり、

出す場所が違えば、対象客がいなくて表示しないこともあるし、
誘う文句が対象客の興味を持たないことであればクリックしてサイトへ訪れない。
リンク先ページがわかりにくかったり、信頼性がなければ申し込みされない。

こういう風に何かの歯車が狂うと
結果が悪くなるし、
歯車が噛み合うと成果が出るんです。

だから、広告がいい 悪い って話は存在しなくて、

こういう組み合わせだといい。 こういう組み合わせだと悪い。

という話だけが存在するんです。

わかりますかね?

■広告で成果がでる組み合わせ

ちょっと先ほどの質問の具体的と照らしてみましょう。

リーチ数ってのは、対象客へ広告が表示したって意味です。
その数はあったってことなんで、対象客は存在すると思っていい。

リーチした人が誘い文句にクリックしてリンク先ページを見てます。
2%なので50名に1名。
これは100名に1名で優秀ですから十分。

つまり、対象客もいたし、お誘いに興味も持ってます。

ここまではOK。

でもこれだけだとお金だけかかってる状態。

次にサイトを見た人がメルマガ登録もしないし、問い合わせもしないってことでした。
ここが問題。

考えられるのは4つ。

1 誘い文句と、リンク先ページで誘ってるアクションが違う

2 到達ページで何をしていいかユーザがわからない

3 到達ページに信頼性がない。

4 facebokというメディアでは反応が取れない。

1から3は同じようなものです。
たとえば、犬の飼い方についての解決方法を販売している人だとして、
広告では犬の飼い方に悩む人どうぞ と曖昧に誘っていて、
ページに行くと、
トレーナー紹介とか ペットフード販売とか、
メルマガ登録とかボタンがいろいろあるとかだと迷子になると思います。
あとお客さまの声とかそういうものもないと信頼されません。

なのでまずは、

広告とリンク先ページで誘うものは1個だけに絞る。
飼い方のメルマガ登録ならそれだけ。
ペットフード売るならそれだけにするんですね。

これを改善してクリエイティブとページを直して
五千円でもいいから出して見るのがいいかなと。

で、それでもダメな場合は4メディアが悪いんですね。

グーグルとかの別広告を同じ要領で試すといいと思います。

伝わりますかね?

このあたりはテストのテクニックなので、
わかりにくいかもしれません。

つまりどの段階で反応がないのか?を見て
対処をすると劇的に改善することが多いってことなんです。

慣れてない人とかめんどくさがりが気にするところはそんな多くないです。

・表示されてないなら、対象客がいないか特定できないビジネス。
・クリックされてないなら、対象客がそのオファーには興味がない。
・レスポンスがないなら、サイトの信頼性とわりやすさの問題

この3つ。

■めんどくさがりのための広告成果倍増のコツ

で、今後やるならこれだけ気にしてみてください。

・サイトで誘うオファーを2つ準備する。

語学レッスンを売ってるなら、
語学マスターのコツ動画講座

まずは、無料体験レッスン
みたいな感じ。

・オファーごとにページをちゃんと作る。

そのオファーだけに誘うページになってて、
お客様の声とか信頼の証はちゃんと入れる。

この状態で
Facebook広告かグーグル検索広告にどっちかに先に出します。
もちろん2つのオファー両方。

1万円づつでもいいですね。

結果、どっちかのオファーで成果が出たらOKです。
どっちかいい方を採用します。

もし、両方表示しないとか、クリックしないとか、
反応ない場合はやめて、
グーグル検索広告かfacebok広告のやってないほうをやります。

つまり4パターンを試したことになりますね。

これで成果出ない場合は・・・・

広告の問題じゃなくて、
ビジネスそのもの、テーマそのものが
集客しにくい。と判断していいと思います。

じゃSNSで!とか思いたくなるんですが、
広告で素直に反応取れないカテゴリは
SNSではもっと苦戦しますんで、そのへんは覚悟してやるほうがいいかと。

まとめます。

FACEOOK広告で
誘うものA
誘うものB

グーグル検索広告で
誘うものA
誘うものB

これでダメなら、ビジネスを見直し。

成果でたらでたもので拡張。

この手順で基本的なことは抑えがきくと思います。

伝わりますかね?

たったこのテストをするだけで、ゴールの見えないSNS投稿地獄からは解放されるかもしれません。

たいして仲がよくないけど、コメント回りが義務。
こういうのは何もネタがないから、とりあえず出かけたら写真をパシャり。

これはこれで威力があるんですが、もし辛いと思うなら、
やりつつ1万なり2万なり使ってみてもいいかもなと。

今回のトピック動画だともっと詳しく例を出して解説してますので
深く知りたい場合は動画か音声もご覧になってみてください。

【雑談】バスボートが欲しい。

おっさんの趣味を聞いてもしょうがないと思いますが。言います。
僕の趣味はサーフィン。
もう20年以上ですね。

時間があれば言ってます。
週1、週2くらい。

でも、本当はもっと行きたい。

なので、他の趣味って手を出しづらいところがあるんですが、
やりたいことも多いんです。

サーフィンの前は長年スノボやバス釣りにハマってました。

その中でもバス釣りは一時仕事にしたいくらい熱中してましたね。
28歳で勢いて会社やめて、無職に一度なったときは2ケ月ちかく就職活動もせず、
バス釣りを毎日してました。
毎日です60日(笑)

毎朝、おにぎりを作って、利根川に電車で釣りに行って、(お金なくて一時車を手放してた時期です)
夜は家でルアーを自作してました。(お金なくて既製品が買えなかったから)

その熱は米系のパソコンメーカに就職してからも冷めず、
給料がまーまーよかたんで加速しちゃいました。

車。
魚探。
エレキっていってボートをモーターで動かすやつ。
高価な竿。

どんどん溜まる一方。

そんなバス釣りですが、最高潮になるとやはりボートが欲しくなるんです。

バスボートって言います。

実は船の免許は僕持ってました。
新入社員の頃、マリンスポーツしたくて取得してたんですよね。

なのであとは買うだけ。ってところまで来てました。

とはいえ、なん100マンもしますんでこれは断念してましたが、
またなんだか欲しくなってきた今日この頃です。

とはえ、時代は進んで、今は所有するのもあれだし、
レンタルもすごく増えたんですけどね。

まずはレンタルで久しぶりにやってみたいと思ってます。

でも結局時間できたら、サーフィンいっちゃうんだろうな。

バスボート乗ってる人。連絡ください。そしていろいろ教えてください(笑)

似たような記事はこちら
最新の記事はこちら