ポッドキャスト

日本語レッスンビジネスをやっても、マーケットが狭くて儲からないでしょうか?【Q&Aコーナー】第538回

日本日本

こんにちは。河野です。
今日も開封していただきありがとうございます。
(動画、音声 文章 すべてでお届けします。)

「日本のものを世界に売りたい。」

海外在住の方と話すと5人に1名くらいはおっしゃいます。

今日取り上げるご質問もその1個。

「前略、オーストラリア在住日本語教師です。
河野先生(と呼ばさせていただきます!)のビデオの中で、日本語を学ぶ人を対象にするにはマーケットが狭すぎるとおしゃっていましたが、
やはりそれはやめた方がいいのでしょうか?
今日本語教材、もしくは教科書、ビデオ教材販売を考えているのですが、
やはり、日本語を教えるというより、一番手取り早いのは日本人対象の英語を教える英語教材、もしくは英語レッスンでしょうか。」

ご質問ありがとうっございます。

結論から言いますと、日本語のオンラインレッスンや、教材販売のビジネスのアイデアを考えているなら、
やったほうがいいと思います。

しかも日本語教師までなさってるので、そもそも適性がおありになりますし、
ビジネスになると思うからなんですね。

ちなみに、「日本の何に海外の人が興味があるか?」調べると結果がどんなのかわかります?

英語圏で調べると、
1位はjapanese language 
2位がjapanese food
3位はjapanese woman

他kannjiとかもあるけど要するに日本語。
Cultureとかそういうのはずっと少ない。

つまり、日本語って普通に人気なんですよね。
翻訳とかをしたい人もいるけど学ぶという検索もとても多いんです。

つまり、日本語の学習ビジネスはいけるってことです。

僕のクライアントさんでも最初から日本語学習のビジネスをしている人が複数いますし、
コロナ禍の中で渡航が伴うビジネスから日本語学習のビジネスに切り替えた人もいます。

もちろん集客できてます。

ただね、問題はマーケットやビジネスモデルが大事なんです。
これについては気をつけてほしい。

てことで今日はご質問に答える形で、日本語学習のビジネスを海外の方が行うにあたっての話をしたいと思います。

今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

番組無料登録はこちらから

今すぐ聴くにはこちら

リスナーからのご感想
最新の記事はこちら