すぐに役立つコンテンツ

TOEIC満点じゃないのにTOEICのオンラインビジネスしても儲かる?【Q&Aコーナー】第534回

日本日本

こんにちは。河野です。
今日も開封していただきありがとうございます。
(動画、音声 文章パターンでお届けします。)

オンラインビジネスといえばスキルを売ること。

実際は決してそんな狭い範囲しか儲からないわけじゃないんだけど
流行もあって、そういう定義が主流になりつつありますね。

犬の飼い方
ダイエット
ワイン
ヨガ
語学
ゴルフ
自由に生きる。
女性の起業

この手のノウハウに触れると、必ず声高らかに言われることがあります。

「あなたにも、人に教えることができるスキルがあるはずです。」

「しかもどこにいてもお金になります。在庫も不要。時間をお金に変えるわけでもありません。」

つまり、「そんなスキルなんてないだけど、、、」って諦めにも似た気持ちへの反論もちゃんと用意されているわけです。

で?実際どうなんでしょ?
誰でもオンラインで売れるスキルって持ってるもんですかね?

今日ピックアップしたAさんからのご相談内容も同じでした。

「米国永住権に当選したため、家族3人でハワイに住んで暮らしたいという希望があります。
日本相手に自分で出来るネットビジネスでの起業を考えています。
在庫が負担になる小売業より教育プログラムの方が望ましいと思っています。
問題は教えられるスキルがあまりないこと。
自分の能力で一番高いのが英語力のため、英語学習の指導が出来ればよいですが、高いと言っても英検準1級はおそらく合格というレベルなので大したことはありません。
それでも一番望みがあるかと考え、TOEICテスト向けの学習指導のコースを作ってみようかと考えています。
しかし私のように英語力・指導力をつけつつマーケティング修業も同時にという場合、どのように「必要不可欠である」マーケッティング業務になるべく時間をかけず営業成績を上げることが出来るでしょうか。
あるいはその程度しか英語指導者として力がないなら別の○○にしなさい、というご指摘でも結構です。」

ご質問ありがとうございます。

論点は、

・販売するTOEICテストのスキルがないから、スキルを上げる時間が必要。
・マーケティングに割く時間がないからマーケティング活動を少なくする対策が必要。

こんな感じだと思います。

今回もいつものごとくになってしまいますが、
ちゃぶ台返しをすることになってしまうかもしれません。

ちなみに、

・そんなのやめとけ!得意じゃないことするな! て残念あ答えでもないし、
・スキルなんて関係ない!売れる力があればOKって乱暴な回答でもありません。

いいと思います。
でもね、成功させるのは
順番とある条件があるんですね。

今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

動画で見る|TOEIC満点じゃないのにTOEICのオンラインビジネスしても儲かる?

【雑談】どこに住みたい?

友達と海で波待ちをしている時、
「どこに住みたいか?」ゲームをしていました。

みんなもやってみてください。
もちろん友人と話してるので波がある場所限定ですいません。

問題:どっちかに絶対住まないとダメならどっち?

千葉の海岸線の中でも田舎で南の端っこにある千倉という街。静かで平和。
VS
千葉の海岸線でも都会の鴨川。水も暖かいしショッピングモールもある。

鴨川! と彼。

問題:どっちかに絶対住まないとダメならどっち?

波も最高。ガネーシャに見守られ神の住む島 バリ島
VS
千葉の海岸線の中でも田舎である千倉という街

千倉! と彼。

問題:どっちかに絶対住まないとダメならどっち?

ハワイのオアフ島
VS
千葉の海岸線の中でも田舎である千倉という街

ハワイ! と彼。

ハワイのオアフ島
VS
日本のサーフィンパラダイス宮崎とか種子島

ハワイ! と彼。

わかったことはハワイ最強説(笑)

それと、人は波乗り”だけ”には生きられずってことですねw

話変わりますが、
「ハワイ七日目の夢」ってのがあるらしい。

移住したくなる人の多くは 七日間の旅行に来て、
帰るときに「こんなとこに住めたらなー」と思い
その夢のまま移住準備をするらしいです。

準備途中もまた7日間の旅行にきてまた帰るとき七日目に絶対くるぞ!と決意すると。

そして実際移住するわけですが
実際移住すると、夢の8日目は、300日目とかになっていくわけで、
そこまで続くと「あれ?なんか違うか?」となることもあるって話。

ぼくは家族で数年間 35日くらいハワイに滞在していたんで、これよくわかります。

ハワイは大好きですしずっといたいですが、
7日目と 35日目はハワイの印象が変わりますからね。

それでもぼくは好きですよ。何度も何度も滞在したい。

なので現地の人のアドバイスは
7日目の夢のあとは
14日目の夢。

そのあとは30日目の夢。

そのあとは 90日の・・って鳴らすといいのじゃない?っておっしゃってました。

ま、かといって帰国する人もいないんですから、
ハワイ最強なことに変わりないですけどねw

文章で読む|TOEIC満点じゃないのにTOEICのオンラインビジネスしても儲かる?

オンラインビジネスといえばスキルを売ること。

実際は決してそんな狭い範囲しか儲からないわけじゃないんだけど
流行もあって、そういう定義が主流になりつつありますね。

犬の飼い方
ダイエット
ワイン
ヨガ
語学
ゴルフ
自由に生きる。
女性の起業

この手のノウハウに触れると、必ず声高らかに言われることがあります。

「あなたにも、人に教えることができるスキルがあるはずです。」

「しかもどこにいてもお金になります。在庫も不要。時間をお金に変えるわけでもありません。」

つまり、「そんなスキルなんてないだけど、、、」って諦めにも似た気持ちへの反論もちゃんと用意されているわけです。

で?実際どうなんでしょ?
誰でもオンラインで売れるスキルって持ってるもんですかね?

今日ピックアップしたAさんからのご相談内容も同じでした。

「米国永住権に当選したため、家族3人でハワイに住んで暮らしたいという希望があります。
日本相手に自分で出来るネットビジネスでの起業を考えています。
在庫が負担になる小売業より教育プログラムの方が望ましいと思っています。
問題は教えられるスキルがあまりないこと。
自分の能力で一番高いのが英語力のため、英語学習の指導が出来ればよいですが、高いと言っても英検準1級はおそらく合格というレベルなので大したことはありません。
それでも一番望みがあるかと考え、TOEICテスト向けの学習指導のコースを作ってみようかと考えています。
しかし私のように英語力・指導力をつけつつマーケティング修業も同時にという場合、どのように「必要不可欠である」マーケッティング業務になるべく時間をかけず営業成績を上げることが出来るでしょうか。
あるいはその程度しか英語指導者として力がないなら別の○○にしなさい、というご指摘でも結構です。」

ご質問ありがとうございます。

論点は、

・販売するTOEICテストのスキルがないから、スキルを上げる時間が必要。
・マーケティングに割く時間がないからマーケティング活動を少なくする対策が必要。

こんな感じだと思います。

今回もいつものごとくになってしまいますが、
ちゃぶ台返しをすることになってしまうかもしれません。

ちなみに、

・そんなのやめとけ!得意じゃないことするな! て残念あ答えでもないし、
・スキルなんて関係ない!売れる力があればOKって乱暴な回答でもありません。

いいと思います。
でもね、成功させるのは
順番とある条件があるんですね。

まず、マーケットとして「TOEICテスト対策」にしていることについて。

誰がやるとしても間違ってない線だと思います。

ありきたりです。

みんなやってます。

なんの工夫もありません。

でもね、ありきたりってことは成果が出るってことなんですよね。

成果が出やすいから、ありきたいになっていくってことです。

つまり「売れるもの」である時点でいいと思います。

ここに売り手がどのような人物か?ってことが入り込まない。

証拠を見せますとですね、、、

何度かメルマガでもお話してきましたが、
僕は過去に英語教材のオンラインプログラムを販売していたことがあります。

会社員の頃ですね。

独立をしようと勢いをつけるくらいには儲かりました。

僕は英語が話せません。
英検なんて受けたこともないです。
TOEICの問題も見たことないです。

学ぼうとしたことすらないし、学ぼうとも今も思いません。
(って自信満々に言うことじゃないw)

なんでそこまでして英語をしたか?というと売れるマーケットだったからです。
ほんとそれだけ。

やったことは1個。
マーケティングだけです。

つまり、何が言いたいか?というとですね。

売れる商材と言う要素と、
売れる仕組みってかマーケティングという要素があれば、
お金になるってことはないんですよね。

逆に、人に教えられる高いスキルのみを持っていても、
お金になりにくいとも言えます。

僕はスキルは持ってなかったんです。
売り方だけを覚てた。

スキルについては、沖縄に住むファンキーなドレッドヘアをした、
女性の翻訳家さんに教材作成まるごとオーダーしたんですね。

アットソーホーっていう今でいうランサーズみたいなサイトで募集しました。

作成の依頼費用は一括で35万円。
当時の僕の貯金全部くらいの額。

著作権も放棄してもらい、利益分配も何もありません。
いわゆる作成依頼をしただけです。

その教材で最初の半年で200万くらいは売り上げたと思うんですよね。

小さい額でイキってますが、ポイントは額じゃなくてね、
スキルを持つ人は35万円を売り上げて、
売り方知る僕は200万を売り上げたって事実なんです。

ちなみに売り方って言うと、
広告の出し方とか、コピーライティングとかも大事ですが、
もっと大事なのは、どういう教材なら売れるか?ってところ。

これをめっちゃ調べました。

アマゾンで英語学習とかって言葉で検索して、ランキング上位の売れてる書籍を読みました。
金がないので、買えないものは八重洲ブックセンターに言って、全部立ち読みしました。

何をしたかって?
どの著者にも絶対この主張があるんです。

英語の学習が失敗する理由
英語の学習にはこれが必要

はじめにのところとか。

売れてるプログラムも資料を取り寄せて読み込みました。
もちろんこれを知るために。

英語の学習が失敗する理由
英語の学習にはこれが必要

売れてる商材の共通項を抜き出して

私が思う英語学習の間違い
私が思う英語学習の成功法

を作ったんですね。

つまりパクってるんだけど原型がないからオリジナル(笑)

これはそのまま販売ページのコピーになるんです。

でこの通りの教材が作れますか?と翻訳家さんにオファーしたんです。

最初は大学の先生とか、著者に手紙書いたんですが、
みなさん「こうあるべき」って主張が強すぎて自分でビジネスが制御できないとおもったんで
途中で完全外注に切り替えました。

時を戻そう・・・

つまりTOEICのスキルはなくてもいいのですが、売れるものは何か?をリサーチすることも売る力の範疇に入るってことなんです。

一人で始めるなら時間も有限なので、
まず売れる商材はどんなものか?
それを売る方法はどうするか?

この検討と実行に時間のすべてをかけて欲しいなって思うんです。

繰り返しますが、スキルは磨かなくてもいいです。

いや磨いたほうがいいのだろうけど、
磨くとしても売れるものは何か?をリサーチした後ですね。

売れるスキルっていうか売れるプログラムやコンテンツと
自分が磨いたスキルに差があることも多いってのもあります。

そうなるとスキルを磨くって結構時間をかけた自負があるので、
またやり直しになることなんて許容できるものじゃありません。

その結果、売れるものじゃないのに自分のスキルを無理に売ろうとするって悪循環にもなりえます。

そうなると大抵は売れるスキルはない状態であることも多くてですね、
時間がいくらあっても足りないんです。

となれば、必要なスキルを磨くのもハックしてほしい。

専門家はめっちゃたくさんいますので、
声かけて僅かなお金でサポートを受けてみてください。

ここなら で調べると

”音声付でTOEIC突破!TOEIC学習法教えます”を二千円で受託している人がいました。
こういう方に足りないことをサポートしてもらうことでハックできると思うんですね。

楽をしようって言ってるわけでも、
お客さんなんて関係ないなんて言ってるわけじゃないんです。

ゴールはお客さんがTOEICについて自信がつくとかスキルが上がるとか希望が持てることと、
あなたが儲かること。

ここにあなたのスキルを上げるって要素は優先順に入らないよねって意味なんです。

ま、でもね、英検準一級ってことは素人じゃなくて、
完全に英語力の低い人には教えるに十分なスキルがあるとも思うわけです。

サイトに表記するときにはTOEIC満点!とかって権威を示したくもなると思うんですが
それこそ監修としてだれかの名前を肖像権込みでお金払って借りてもいいのじゃないかと思うわけです。

断られたらどうしようとか思うと思うんですが、
売れる人の言うことは結構聞いてくれる人が多いのも世の中の常。

ぜひそのビジネス初めてみてほしいんです。

マーケティング=売り方を知ることとと、それを速やかに実行することにほぼ100%の力を入れてみてください。

・売れてるプログラムの共通項を見つける
・売れてるプログラムの主張する正解な学習法の共通項を見つける

検索で出てくる教材でもいいし、
アマゾンランキングの書籍でもいいです
有名なアメブロランキングの人でもいいし
UDEMYのベストセラーを探してもいいですね。

・その通りに無料教材のLPを作る

無料教材のLPは今は1枚ペラでサイトを作れる便利なツールがたくさんあります。
ストライキングリー
ぺらいち
クリックファネル
WIX

まずは使いやすいものでいいですね。

・広告を出してリストを集める。

FACEBOOK広告、グーグル広告で1万円とか2マン円くらい使ってみてください。
何人請求するでしょうか。

・ステップメールを送る

信頼してもらい、役に立ち、次のものが欲しくなるコンテンツにします。
*細かくは動画で説明してます。

・有料プログラムをメルマガでセールスする

こんな段取りです。

スキルやプログラムのコンテンツはハックするか、外注してみてください。

それならきっと色々見えてくると思うんです。

でも・・・河野さんは結局英語を今売ってなくない?

・・・はい。

もうやめました。

不都合なことを最後に話します。

これが唯一の注意点になります。

僕が英語教材をやめた理由。

そんな動機だったくせに結構評価高かったんですよ?
お客様からも感動のお返事とかもらってましたから。

でもね、

すっげーつまんなかった。

ぼくがです。

だって英語の学習について情熱てか、興味が1ミリもないんです。

英語のテープ聞くならセミナー聞いてたい。
書籍の音声聞いてたい。

そんな感じだから、次の商材のリサーチも、
コピーもメルマガも 苦痛になってきたんですよね。

そんな中新しいビジネスもお金になりはじめたのですっぱりやめました。

何がいいたいか?

スキルはハックしろとか言いつつですね、丸投げでは売れないんです。

お客さんは何を欲しているか?を考え続けるのがマーケッターの仕事なんだけど、
そのお客さんのことを考えるのが苦痛だったんですよね。

そういう場合はやめておいたほうがいいです。

お客さんのことを想像しながら一生懸命考えるって結構大変ですから、
TOEICテスト受けるやつなんてバカとかおもってる場合のみ
これはやめたほうがいいですね。

似たような記事はこちら
最新の記事はこちら