すぐに役立つコンテンツ

軍隊の放出品をネット販売して儲かるか?商品リサーチの方法も解説【Q&Aコーナー】第532回

こんにちは。河野です。
今日も開封していただきありがとうございます。
(文章、動画、音声 3パターンでお届けします。)

「商品が売れるかどうかを知りたい。どうやって知ればいいのか?」

これってビジネス始める前は当たり前の気にする人も多いんだけど、
ネットショップみたいに、商品を増やしてる最中に「本当にこれでいいのだろうか?」って気持ちになることも多いと思います。

今日もアンケートでご質問頂いた中からのアドバイスですが、そんな一つ。

「フランス軍にいる内に物販をどんどんやって経験を積む事に注力しています。
物販はたくさんのバリエーションがないと厳しいというアドバイスを重く観て軍隊放出/高品質な複製を中心にキャンプで使える食器/ポケットナイフに絞り込みました。
以前受講したあるネット販売講座ではギリギリまで仕入れてとにかく売れの一点張りの教えだったのですが黒字が出るまで延々と繰り返す時期はどのくらい取れば良いのでしょうか?
リサーチはオークファンなどの方法以外にはどんな方法がありますか?マーケティングというものがまだよくわかっておりませんがこれは危険でしょうか? よろしくお願いします。」

ご質問ありがとうございます。

論点は、

・フランス軍の払い下げや模倣品の中からナイフや食器を選んだがうまくいくと思うか?

・というか、売れる商品ってどうやってリサーチするのか?

この2点ですね。

この手のテーマは、明確な商材が示されてますので、
ぼくが実際リサーチをして見せて、見解をしめすほうが早いと思いまして
リサーチ結果をもとにお話しています。

つまり「軍の払い下げ商材」のビジネスの是非と、
リサーチの具体的な方法をお話しています。

今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。
*今回からメール下部に文字起こしバージョンもおつけしています。*

動画で見る|軍隊の放出品をネット販売して儲かるか?商品リサーチの方法も解説

*文字起こしバージョンは最下部にあります。

【雑談】いろんなことに手をだして褒められる人、けなされる人の違い。

ある有名人のご子息のネットニュースをたまたま目にしました。

お名前は出しませんが、偉大な親方の息子さんで、職業は「靴職人」
この方が近々歌手デビューなさるとのこと。

このニュースにですね、批判が多く寄せられてたり、
面白おかしく扱うメディアが多いんだそうです。

そもそも、そんなの人の勝手じゃん。ほっといたれよと思うんですが、
それはそうとしてですね、不思議なもので同じ様なことをしても逆に賞賛される人もいますよね。

お笑い芸人をしつつ、小説を書いたり、
役者さんが歌手になったり。

身近なところでは、ライフコーチとかカウンセラーみたいな人が歌を歌ってみたり。

ミュージカルやってみたり。

こういうのは、好意的てか、熱狂的に受け入れられてる部分もあったりします。

えらい差ですよね。

表面的に起こってる出来事は変わらないんですけどね。

かたや、「おまえ何がしたいねん!ハンパもんが!」と罵られ。

かたや、「さすが肩書きに縛られず自分らしく生きている人だ!見習わないと!」と称賛される。

不思議っすねー。

もちろん物理的にインフルエンサーかどうか?影響されてる層がいるかどうか?って違いがあるからではありますよね。

人間としてファンや信者がたくさんいるかいないか?って違いなんだけど
でもねー、表面的な出来事はおんなじなんですよね。

と、考えると「権威」ってすごいんだって思います。
あと怖いなと。

てことで、たぶんその人のことをよく知らない人の評価の差は、権威の差だったりすると思うから、
権威でない人も、人の評価は気にせず、我が道を行くといいんじゃないかなーって思います。

文字起こしで読む(テキスト版)|軍隊の放出品をネット販売して儲かるか?商品リサーチの方法も解説【Q&Aコーナー】第531回

■文字起こしバージョン「フランス軍の放出品をネット販売して儲かるか?商品リサーチ方法が知りたい。

(文字起こしですので深く理解するには動画か音声をご覧くださいね。)

「フランス軍にいるうちに軍隊放出品
ギリギリまで仕入れ
数字が出るまで延々と繰り返す時期は
どのくらい取れば良いのでしょうか?」

今日はコンテンツラボの河野です。
今日も僕のpodcastとyoutubeをご覧いただきまして
ありがとうございます。

さて今日もですね
10月某日に収録をしており
まして10月某日に配信してると思います。

皆さんお元気でしょうか?
今日も第532回目張り切ってお送りしたいと思っております。

今日もあの怒涛のQ&Aコーナーってことで
まだまだ質問が
ありますのでその続きをいきたいと思います。

今日ピックアップした質問はこちらでございます。

どうもフランスの方からだと思いますね。

「フランス軍にいるうちに
物販をどんどんやって
経験を積むことに注力しています。
物販は沢山のバリエーションがないと厳しいと
アドバイスを重く見て
軍隊放出品および高品質な複製を中心に
キャンプで使える
初期およびポケットナイフに絞り込みました。
以前あまり効果を感じられないけれども
みんな儲けている物販講座に30万円も払って受けたことがあり
”ぎりぎりまで仕入れてとにかく売れ!”の
一点張りの教えだったのですが、
黒字が出るまで延々と繰り返す時期は
どのくらい取れば良いのでしょうか?
リサーチはオークファンなどの方法以外には
どんな方法がありますか?
マーケティングというものが
未だよくわかっておりませんが
これは危険でしょうか?
よろしくお願いいたします。」

そういうことでございます。

非常に細かくご質問いただきまして
本当に有難うございます。

二つのお話がありますね。

・リサーチはどうすればいいのか?

・物販をするにあたって
リサーチはオークファン以外に
どんな方法があるのか?
ってことと、

・マーケティンブやビジネスがよく分かってないので、
このやり方が危険かどうか?

という質問がありました。

全体を捉えてちょっと話してみたいと思います。

もしも今の商品構成だったり、売上を存じ上げませんので、
そこはですね想像になりますけども
順にいきましょう。

まずですね簡単に言いましょう。
簡単に言うと
リサーチの方法は何がありますか?
ってことになるので
こっちから行きますけども、

リサーチはちょっと動画で紹介できるかどうか
分かりませんけども
いろんなツールがあります。

amazon転売の専門にリサーチをする方法とかに絞っちゃうとよくないので、
全体的に話をしますね。

日本においても世界中においても韓国
中国ロシアあたり以外だったら
通用するものとしては、
やはりgoogleさんに聞くのがいいですね。
入り口だと思います。

googleには
googleトレンドというツールだったりとか
googleのアカウント持ってらっしゃるから
Google広告アカウントさえ作って頂ければ
キーワードプランナーというツールが使います。

キーワードプランナーは、
こういうキーワードを入力して
検索しているユーザーは何件ぐらいいるのか?
直近の1月でどれくらい検索してる人がいるのか?

季節変動で上下するのか?

つまり制汗剤って入れる
と夏に復活だから分かって
冬に塞がったりとかって出たり、

他のワードだと年通して、平たくなったりとか、

地図の分布とかも分かるんです。

これを言うとね、
何千件以上だったらいいんですか?とか、
何万件以上だったらいいのですか?っていう
基準を聞かれます。

もちろんクライアントさんのは指標を出して
それを満たす様な調べ方をしてもらうんですが、

それよりも確実なのは、
すごく売れている言葉に、
見つけたキーワードと比べたら
自分の狙ってるものはどれぐらいの規模なのか
という調べ方をすると
すごくわかりやすいですね。

例えば今回の事言ったら・・・

実際これも今僕調べたんです。

本当はもっと本気でやって頂きたいんですが
軽く調べてみました。今。

今日ですね10月時点で調べて
日本の国内において
日本語で「フランス軍」
という言葉を検索する人が1900件選んだと。

さらに絞って、「フランス軍払い下げ」という風に
それを欲しがってそうだなと思う言葉になると
月に10件しか探してないっていう結果になります。

次、「軍払い下げ」だと月に500件くらいですね。

「ミリタリーショップ」って入れたら
14000の検索があります。

ミリタリーショップで1万4000
あと代人気の”サバゲー””サバイバルゲーム”ですと18000件。

米軍放出品米軍放出品だと
1600。

フランス語放出だとほとんどありませんね。

つまり米軍の払い下げ商品とか放出品の品物が欲しがってそうな
検索は多いわけです。

ユーザーの検索意図を読む必要があるんだけど、

米軍のものはもちろん大量ではないけど
1000件は超えてる状況だから
商売に全くならないわけじゃないだろうと想像できます。

そういうキーワードに対して
フランス軍限定してしまうと
非常に少ない1/100とかねくらいになっちゃう。

ミリタリーショップとかになるともっと多いんだけど
サバイバルゲームのグッズとか
サバゲーの用品と思ってますから、
それに比べて1/100とかになってしまうけども、

米軍払い下げとかになると、
規模的にはまとまってるんだなって
ことがわかるでしょ。

次にできるリサーチが広告の出稿状態。

フランスでグーグルを使ってると、
日本国内に出している広告は出なかったりしますが、
(キーワードプランナー使えばそれもわかるんですが)
ってする

ユーザが欲しい品物やカテゴリのキーワードで調べた
言葉で検索したときに広告が出ていれば
もちろんgoogleの審査に通らないもの
ドラッグだったりとか
色々あのサメの軟骨だったり
その出してはいけない
言葉だとそもそも出てないんだけど、

広告が出せるようなワードである場合
その広告が出ていれば
やっぱり出てるって事はうれてるわけだから、
出してますので
商売として成立するな
と言うことがわかります。

後は一般のやっぱり
マーケットで調べるっていう方法。

楽天でその言葉で探した時の品物は想像通りの品揃えかどうか?

そしてレビューがあるかどうか?

amazonの場合は有名なセラースプライト。

中国系のアプリですが有名です。
モノレートの細かい版です。

それを確認したランキングが上下する
折れ線の回数で売れた数を測ったりとかってします。

さらに特殊な商品であれば、
ヤフー知恵袋とかもいいですね。

探してるとか悩んでいるみたな質問があったりしますんで、
ユーザーの言葉で探すってことをして総合的に判断をしたりします。

もちろんこれらの商品選定基準は基準を作ろうと思ったら作れます。
僕はね初めてのクラアイントさんの場合は
そういう基準を作ってお互い絞っていったりします。

今日はみなさん条件も環境も違うから統一したものが作れないのでちょっと作っても
しょうがないからやりません。

あとはですねリサーチと呼べるものじゃないですが、

やっぱり元々売れているね
売れているセラーだったり
売れている販売者がやってることは
売れてるんだな
と思うのが一番手っ取り早いですね。

あのフランス軍にいるうちに
物販をやりたいとおっしゃっているから
僕は勝手に軍の放出品ということが多いのかなと思ったんだけど
規制のものも多分仕入れていらっしゃるんだろう
キャンプで使える食器とか
ポケットナイフというふうに
おっしゃってるんだけども
まずまキャンプ用品が今流行ってますからね、

これ駄目だってはいませんけども
せっかくフランス軍にいらっしゃるので、
その特徴消すことはないと思っていて、
後で出てくる仕入の話にもなるんですけど

リサーチの結果とも合わせて考えると、
フランス軍と言わず
世界中の軍放出品を扱ったり、
やり方として硬いのかなという風
には思いましたけどね。

たぶん。。。

フランス軍だけに絞ると
マーケットがちっちゃすぎてしまうからこそ
これ多分キャンプ用品ってに
横に広げられたんだと想像します。

そのチョイスは
間違ってないと思うんですけども、
どうせだったら
特徴も出しやすいと思うんで、
軍放出品ってこと
で米軍もフランス軍も
ドイツ軍も全部混ぜているような
総合ショップて線がいいのじゃないかと。

あとは、
希少性があるレアなものも扱い、
金額が高いもなら高いものほど
本当は使いたいなと思います。

次に仕入れの話にいきましょう。

どんどん購入(仕入れ)して限界出るまでやり、
黒字出るまで出そうというやり方について講座で学んだというお話がありましたけど、

もうちょっといささか乱暴だなと思いました。

本当に講座でそんな風に教えているのか
ちょっとこのなんとか講座ってのは
分かりませんけども
ちょっと乱暴ですよね。

ぼくは反対です。

なぜかと言うと
物販など知れて写真撮って商品載せて
バリエーション増やしてなんぼ。それはそう。

一度ルートについて考えてみてはどうでしょうか?

どんどん仕入れなくてもいい方法を考えてみたい。

例えば僕のクライアントさんであれば
すごくコレクター商品を扱ってます。

そのディーラーさんと付き合ってていて、
商品を買い取らずに、
そのディーラーみたいな人と契約ってか
ちゃんと交渉して話し合って預かってるんですね。

委託販売者預かるのが怖かったら、
写真だけ撮るでもいいし、
預かって写真だけ撮らせてもらう
でもいいと思うんだけど。それなら買い取らずに品物が増やせる。

フランス軍の払い下げ品の流出の仕方が
僕にわからないです。
分からないんだけども
まあ持ってる人やもってる場所と交渉してみて
仕入れずに出品を増やせるならやった方がいいですよね。

ディーラー在庫ですので
お客さんとの注文と行き違いがあることがあります。
在庫の確認をした時に
ない場合もありますよって書いとけば
在庫についてはクリアできると思います。

もちろん楽天とかamazonとかする時に
在庫がないもの
売ってはいけない
というルールがありますわね
その辺がプラットホームにある場合が
あるんだけどこの際それは置いときます.

そしてもし買い取るしかない場合は、

本当のレアなもので手に入れるのがいいですね。

それを買い取って、1個1個丁寧に売るんです。

とにかく自分で買い取ってからやみくもに
ひたすらやるのは反対です。

こういうのは回転率が悪くなるはずだし、
すごく資金力に左右するから
クレジットカード10枚ぐらい持って
限界まで使ってって方法になりがちなんです。

止まれなくなります。

次にマーケティングのこを知らないって質問の部分について話します。

マーケティングってのは
ドラッカーさんがいるところにおいては
セールスを不要にする
売り込みを不要にする
すべての活動と呼ばれているので
ちょっと今入って質問は
のビジネスモデルのこと。

ビジネスモデルとしてきてんかどうかって
質問だと思うのでマーケティングとは違う議論ですね。

後別の話ですが、

サバゲーってそういえば流行ってるので
サバイバルゲームの戦略とか
フランス軍の人が教えるとかってサービスはできるかもしれませんね。

引退した人とか捕まえて先生にしちゃう方法。

サバゲー関係の方にサービスやプログラムを切り替えていくこともできるかな
という風に思ったりもします。

とにかくね。

軍隊に入るって
あんまりないんでね
面白いと思うので
プログラム売っていくっていう風に
頭を完全に切り替えても
いいかもしれないです。

けどあくまで物販なれば
やはり在庫を持たない形でやるとすると・・

(同じような話を違う角度でしてますので中略します)

やっぱり
軍払い下げに集中した方がいいかもと思います。

見込み客を集め、
商品を1個1個買ってもらい、
リピートしてもらう。

と言う具合にたとえゆっくりとでも成長させていた方がいいかもしれません。

一人一人ユーザーを増やしていく方法。

いっきに商品増やすのは仕入れてるとやはり
一番死亡率が高いと思うんです。

今せっかくいい立場にいらっしゃるので
おもしろい商売ができればと思っています。

似たような記事はこちら
最新の記事はこちら