ポッドキャスト

【第507回|もうこのビジネスは諦めた方がいいのでしょうか?】

ーーーー
今日のサマリトピック:もうこのビジネスは諦めた方がいいのでしょうか?
編集後記:年収100万/月収100万
ーーーー

「このビジネスはもう諦めた方がいいのか?」

「この先、収入がどんどん上がっていくイメージが全くしないのですけど?」

こういう悩みを聞くと、今でも胃がキューンとなります。
僕もこういう時期が辛かったから、気持ちわかるし、思い出すから。

なので、こういう議論をするときは、とってもとっても慎重に答えを探すようにしてます。

あ同じような悩みでも、胃がキューンともしないし、慎重に答えを探したりもしない種類のものもあります。
それは「まだ何もしてない。リリースすらしてない状態」の場合。
「まだ集客活動をしてない状態」の場合。

こういう人も、同じように「諦めた方がいいのか?」みたいな悩みを口にすることがあると思うんだけど、
僕が今日話している悩みと意味合いが全く違います。

何もしてない人の答えは単純。
「儲かるかどうかを検討したり、悩んだりする」って行為はビジネスではないので、
諦めるって言葉が存在しない。なのでその人の悩みは地上に存在しない。

今日はそうじゃない方の話。

何かの事故やトラブルで儲からない。儲かる気がしなくなってる。とか、
立ち上げて努力もしている。けど儲からない。儲かる気がしなくなってるって人のこと。

特に副業とかじゃないとか、配偶者がなんとか食わせてくれるとかじゃない場合は
結構深みにはまってくこともあるんですよね。

てことで今日は諦めるか?諦めないか?そこが問題だ。の答え合わせをしてみたいと思います。

今日も動画でどうぞ。
YouTube版とポッドキャストがあります。

動画はこちら

音声はこちら

ーーーー一部抜粋メモーーーー

・スッとリードが取れている状態

・注文がある状態

・たいてい1個しか成功しない

・新規事業を立ち上げる時間とコスト > 盛り上げる時間回復させる時間とコスト

どうするか?
・売るものを変える
・売り先を変える
・原点を忘れてしまってる 1点集中
・拡張性→内的要因と外的要因

ーーーーーーーーーーーー

【編集後記】年収100万/月収100万

年収100万の人と、月収100万の人。

こういう話を聞いた時どう思います?

「それは努力不足」って言い切れる感性の人もいるし、
「それは社会制度の問題」と言い切る人もいます。

あ。そんな社会の問題を偉そうに扱いたいわけじゃなくてですね。

これから、月収100万の人が年収100万に転落する不安を抱えたり、
年収100万の人が月収100万を目指そうと腹をくくることもある中で、
本当のところどんなんだろねって話をしたいと思います。

今日も音声と動画でどうぞ。
YouTube版とポッドキャストがあります。

リスナーからのご感想
最新の記事はこちら