ポッドキャスト

【第463回|ビジネスを一緒にやりましょう!には乗っかるな?】

今日のサマリ
トピック:ビジネスを一緒にやりましょう!には乗っかるな?
編集後記:ゲームは害悪か?
ーーーー

■アジアあたりによくいる怪しい男たち

「何をして稼いでいる人なのか良くわからない人」

東南アジアあたりでは、一定の確率でこういう人に会います。

「上場企業の社長で●●●さんと知り合いだ。」

「●●って大きなプロジェクトに入れてもらえることになった。」

「タイの財閥のご子息で金持ちと友人になった。」

たいてい、こういう話を聞かされたりします。

最後には
「一緒に何かやりませんか?」
と誘われたりします。

この手の話はアジアだけの話でもありません。

「”このビジネスを一緒にやりましょう””この商品をあなたの国で売ってくれませんか?”と、ある人に誘われました。」

これは欧米諸国にいる日本人の方からよく相談される話です。

「日本では評判のいいこの商品やサービスを自国で広めたい」

「この国で人気のある商品を日本に売りたい。」

たいてい、こういう話を聞かされたたりしています。

共通しているのは「チャンス」に見えること。
要するに金が儲かる匂い、一発当たる匂いがするわけです。

さらに共通しているのは、イマイチ具体的じゃないこと。

資金は誰が出すか?金額はいくらなのか?
だれかマーケティングの責任を負うのか?
権利はどう分配するのか?

決まってるようで決まってない。
フワっとした感じで話が進んでいきます。

僕はこの手の話を相談されたら全部反対してます。
自分が当事者として誘われることもありますが、全部聞き流します。

もっとも、プレゼンが超うまい人からの話だったりすると、邪な考えが浮かんで飛びつきそうになることもありますが(笑)
最後はグッとこらえて断ります。

とはいってもですね、、、
「儲かるか儲からないか、私は全部予言できます。それくらい僕は優秀ですが何か?」
と言えるほど、僕はノーテンキで無知ではないつもりです。

日本の良いものを海外に持ち込んで大当てした人や、
海外の良いものを日本にもってきて大当てした人もいるわけです。

1000分の3くらいですかね。

なので、反対することで大成功の芽を摘むリスクはあります。

でもやっぱり反対です。

資金力が相当ある人ならいいのでしょうが、
今から稼ぐぞって人に手が出るゲームじゃないからだと思うからなんですよね。

理由は1個だけです。

リスナーからのご感想
最新の記事はこちら