すぐに役立つコンテンツ

【第332回|起業家モラトリアムはもうなった?独立してうまくいっているのにやる気でない人へ】

20150901

こんにちは。河野です。
今日も開封して頂き、ありがとうございます。

---<おしらせ>------

 ※起業時にキュンとしてドキっとする瞬間の話。

 ※ハワイかぶれ。

 ※音声版はこちらでお聞きいただけます。
  
→詳しくは雑談コーナーと編集後記で!

---------------

「なんか最近やる気がでません。」

こう相談とも報告ともとれることを言われることが多いです。

”起業してビジネスがうまくいっている方”からです。

起業して”うまくいかない”からあきらめムードじゃなくて、
”うまくいっている人”からのほう多いです。

実は僕もなったことあります。

しかもそこそこうまくいってきたなーと実感できていた時になりました。

「なんて贅沢な!」

て感じですよね?(笑)

食えている。

安定してきた気もするので不安もそれほどない。

時間も実はそこそこある。

でもやる気だけないのです。

自分なりに理解してきたことは、
これは起業してうまくいっているからこそ高い確率でなる状態だなということ。

ということで今日は
そうなっているかもしれない人
そうなるかもしれない人がいるかもしれないので
原因や対処法かもしれないことを
お話します。

■独立してうまくいっているのにやる気でない理由

独立してうまくいっているなら、
一般的に考えれば、
もっと伸ばすぞ!もっと面白いことするぞ!
なんてことを考えて
ワクワクどきどきしちゃそうですよね。

でも、やる気がでない。

この理由について僕なりの結論は、

「当初の”大きな目標”を達成してしまったから。」

だと思っています。

解説が必要ですね。

多くの独立する人。
起業する人って何か目標とか、
たくらみとか、
なりたい姿とかそういうものが
あって独立すると思うんですね。

人によっては

”食うため”

なのですが、

”食うためだけ”でわざわざ独立する人は
今の日本ではそれほどいません。

海外在住者であれば、
その国に外国人の自分に仕事がまわってこない。
という危機感はあるのかもしれませんが、
それすら”食わなければならない”ほど
せっぱつまってはないわけで。

第一の目標というか
夢っていうか、
希望があるのだと思うんです。

でも資金がない人にとって
起業して一番の課題は

”まず食えるようになること”

一番の恐怖は、

”食えなくなること”

起業でいうところの”死なないこと”。

しかも結構の割合で起業してまっさきに直面する問題も
「金がなくなりそうだ。」という問題です。

となると自然と、

「当面の目標は食えるようになること。」

というふうに自然と変質します。

しかも当面の目標はとか余裕ぶっこいていても
結構大変なことだったりするので、
いつしか、

「食うためには?」

というのが目標そのものになっていきます。

面白いもので、
「食うため」とか言っているほうが
立ち上げるパワーは出たりするので、
そこそこうまくいく。

そして勤めていたころよりも
わずかに贅沢くらいはできているなみたいな
感覚にもなります。

もちろん、
こんなにハッピーなことはないのですが、
問題が。

それは、

当初の目標を忘れてしまう。

ってことですね。

第一の目標である食えた。

これが結構達成感もあるし、
なにげに心地よいわけです。

人も雇っていれば
時間もありますから余計ですよね。

そして戸惑います。

「えーっと、後は何すればいいのだっけ?」

みたいな(笑)

そしてモラトリアムになるわけです。

それまで
結構大変だったいりするのも
変に作用していたりして、

「あーまたあのしんどいのは嫌だなー」

みたいな(笑)

そしてモラトリアムになるわけです。

やる気でない。

でもやらなくてもいい感じ。

■モラトリアムの何が悪いの?

ここで質問。

「モラトリアムの何が悪いの?
 うまくいっているのだからいいのでは?」

もちろん
それでもいいと思うんです。

事故

事件

とかがあれば対処すればいい。

それでもいいと思うんです。

でもそうなら、

「なんかやる気でない」

と問題に感じたりはしていないはず。

それでもいい人は、
それでいいと確信しているので、
「なんかやる気でない」
なんて問題提起すらしない。

ってことで
潜在意識には、

「あれ?私(俺)なにしたいのだっけ?」

「なんか物足りない満たされない感じだけどなんでだろ?」

という思考がめぐっているからこその悩みなわけです。

解決策はひとつ。

「あれ?私(俺)なにしたいのだっけ?」

丁寧に思い出す。
直感で思い出す。

それだけじゃないかと。

僕の場合は、

「世界中を好きなときに旅してサーフィンしたい。」

とか、

(あと言うの恥ずかしい目標)

とかを思い出したんです。

であれば

食える今だぁら実現したい!

やっとそこにいけるなーみたいな。

そういうスイッチが入ったわけです。

実は食える状況は会社員の状態に近い。

好きなことをしたり
好きなことを目指す自由手にいれた。

ってだけなんですが、

実は食えるだけの状態は
転職を果たしただけだったりもするわけです。

なので・・・

やる気でないなーって場合は

「こんなことでは業績が落ちる」

とか思うと余計やる気は出ません。

会社員で
独立すると食えなくなるかも、
上司に逆らうと異動させられるかも。
みたいな恐怖と同じなので
面白いわけないわけです。

「俺(私)何したかったけ?」

これがとっても大事じゃないかなと。

そうすると、
笑うしかないくらい
ハードルが高いことを目指していたことに
気がつきますので、
やることがたくさんあるなーと圧倒されて
やる気ないなんて言わなくなったりします。

その目標が

「働かないで、給料は食えるくらいにもらい休みがずっとあって
 子供や家族と過ごせるように。」

ってことなら
集客の仕掛けも込みで
人に任せないといけないという
気が遠くなるアクションができるし、

その目標が

「ハワイと日本のデュアルライフ」

ってことなら
ビジネスモデルも変えて、
かつお得意客は増やしていく
みたいな素敵なハードワークが待ってたりします。

さて、

「あなたの本当の目標ってなんでしたっけ?」

今回のトピックは、いかがでしたでしょうか?

このメールにそのままお返事いただくと僕が直接全部お返事しますので
感想、ご質問、ご相談など、ぜひご連絡くださいね。

【今週の雑談】

「2000人メルマガ読者がいれば
 食うのには困らない」

って話をすると
メルマガやるって気が起こる人が多い気がします。

あ。もちろん”うそ”じゃないのですが、
数字が到達できそうだと
やる気がでるって例ですよね。

もちろん
僕も到達しそうなことが
一番はりきってやっている気がします(笑)

でも2000名だけを
掲げてしまうと
やはりメルマガは配信しなくなると思うんですね。

(いや、たぶんしなくなる(笑))

このまえメンバーさんのスカイプ勉強会で
コンサルティングをしてもらっている松井さんが
良いことを言ってくれていました。

「ある大きな目標を掲げて
 ビジネスをスタートすると
 どうしても息切れします。
 なのでできれば
 できるだけ目の前の
 お客さんとの対話(見えなくでも)や
 ユーザ目線での小さい改善とかそういう
 ことを丁寧になさるほうがいいと思います。
 ぜったいによい変化が起こる(目標に近づく)
 瞬間を感じることがあるし
 その瞬間がなかなかこなくても 
 その瞬間は起業のそのときしか
 味わえない興奮なので
  (2回目は感動しなくなる)
 楽しむくらいがちょうどいいと思います。」

このアドバイスが素敵だなーって
進行している僕が思ってたのですが、

お客さん目線でいろいろやっているときに
変化が起こるその瞬間の肌触りを大事に。

って、

子供が「だっこ」って言うのは数年しかない。

とか

桜が見れるのってあと50回もないかも
というのと同じです。

本当そう思います。

二度と嫌だけど
キュンキュンする瞬間。

楽しめるのって1回なんですよね。

【■編集後記】

ちょっとはずかしい。

ハワイに34日間いたんですが、
帰国して1週間半経過してもかぶれてます。

車にのっていて、
「ハワイではこうだったよねー」
って話をした瞬間に

・ウィンカーの変わりにワイパーを動かす。

・なんとなく左に寄って走る。

・右車線にいきそうになる。

アメリカの友人でありパートナーのゆたかさんが
アメリカと日本をいったりきたりしているときに
車の運転が混乱しないか聞いたとき
「スイッチが入るので日本でもアメリカでも運転は
困らないよ」
っていってたのですが

そのハワイスイッチでしょうか?(笑)

って聞いたら「懐かしんでるだけじゃないの?」と
娘のきつい一言。

だって
1時間あれば
5分で海についてさくっと
裸でいい波でサーフィンできちゃう生活。
懐かしんじゃいますって。ね。

と、
本来の起業のネタをさらに思い出した今日この頃です。

だからこそ
まったくモラトリアムじゃないですけどね。

最新の記事はこちら