すぐに役立つコンテンツ

【メールマガジンを書くネタのがないとか言っている人へ】

こんにちは。河野です。

「メルマガを書くネタがない。なので続くのか自信がない。」

メールマガジン(=通称メルマガ)の効果は、いうまでもなく絶大です。

最強のマーケティングツールなんじゃないかとさえ
僕は思っています。

でも、意外なほど多くの人は書かないし書けない。

本当もったいないことしてます。

理由は分かります。

ネタがない。
だから続ける自信がない。
もしくは、ちょっと面倒くさい。

そんな理由じゃないでしょうか?

たぶん、ちょっと考えただけでネタがあふれ出てくるような状態で
なければ、書くことも思いつかずに続けられないという
先入観があるからだと思うんですね。

でも・・・

”ネタが溢れ出る”って、
そんなことあるわけないんです。

そんな天才作家みたいなことできたら素敵ですが、
僕はそんな人をあまり見たことありません。

例外なくメルマガやっている人は、
ネタを毎回毎回ひねり出しているだけなんです。

とはいっても、そんなに小難しく考える必要はないのですね。

ある法則がありますので、
その通りやればいいだけだったりします。

ということで、
今日はストレートに”メルマガのネタの作り方”
そんなお話しをしたいと思います。

■そもそもメルマガって効果あるの?って話しから。

まずは、ネタの話をする前に、
面倒くさいと思っている人向けに
メルマガの効果の話しから復習です。

ネットで集客をしたり、何かを販売したりする場合、
当たり前ですが、全アクセスのうちすべてが
成約することなんでありません。

ほぼ、9割以上の人がサイトをみたまま申し込まないわけです。

その9割の人が、自分で思い出してサイトに戻ってくるなんてことも
ありません。

あえて極端に言いますが、勝手に思い出したりしないんです。

さらに、一度購入したり、サービスを利用してくれたお客さんも、
勝手に2回目の購入や利用をしてくれることはありません。

あえて極端にいいますが、2度と購入してくれません。

理由は単純です。

それは、「覚えていないから。」

これはネットショップ利用者の
多くのアンケートでも明らかになっていますし、
実際そうなんですね。

忘れられているんです。

いっぽう、
ネットビジネスにおいて収益を安定させ、
拡大させる最大のポイントはというと、

・成約率のアップ

・リピート購入回数のアップ

この2つです。

そこで、
一度サイトを訪れた人のメールアドレスを獲得しておいて、
さらに購入したことのあるお客さんのメールアドレスも保管しておいて、
そこにメルマガを定期的に送るという行為が、
絶大な威力を発揮するわけですね。

忘れていた人へ自分を思い出してもらえるからです。

メルマガが単純だけど、最強のマーケティングツールだと
言われるゆえんですね。

思い出してもらう。という以外にも効果があります。

それは、”信頼というのは、接触頻度で図られる。”ということなんです。

「ザイオンス効果」

なんて小難しい言葉で言われることもありますが、
つまり、よく会う人とか良く見る人を
人は信頼しがちだってことです。

朝のワイドショーのMCを、
なぜか正しいことを言っていると思い込むというのと同じ心理ですね。

つまり、メルマガを定期的に出すという行為には、

・忘れられない

・信頼してもらえる

こういう効果があるんですね。

だから「やるべし」って何十回も言っているわけです。

■うざがられない方がいい。売り込みではだけ

とはいっても、

「メルマガって送るだけでいいの?」
「本当にどんな内容でも送るだけでいいの?」

ということなんですが、

ダメですよ。(笑

よく見る朝の番組のMCが信頼されるのは、
少なくても「いつも見ている」からですし、
いつも見ているのは、見る価値があると少なくとも
思っているからじゃないですか?

つまり、
読むか、見るか、最悪削除はしないくらいの
価値は感じてもらわなければならないわけです。

最悪削除はされないメルマガって
どんなものかというと・・・

その人にとって役に立つことということになるわけですね。

あ。別に役に立つことは、売り込むことではないなんて
単純な話しでもありません。

後で説明しますが、
売り込むことが、その人にとって役にたつことだって
あるからなんです。

役に立つことっていうのは、
とてもたくさんの要素があるんですね。

・その人にとって、楽しいと思う内容

・その人にとって、面白いと思う内容

・その人にとって、勉強になる内容

・その人にとって、得られるものがある内容

・その人にとって、プライドを満たす内容

ここでいう”その人”とは、
自分の商品やサービスを欲しいと思っている人、
自分の商品やサービスを一度でも使ったことがある人という意味です。

つまり、”役に立つこと”っていうのは、
自分の商品を買う人が何を必要としているのか?
を考えていくと自然と見えてくるということなんですね。

■ネタの作りかた

でも、これではちょっと抽象的ですよね。
なのでいくつか具体例を出していきましょう。

例えば、
アンティーク雑貨を売っているとします。

雑貨を購入する人にとって、
雑貨を買う目的は、おそらく勉強のためでもないでしょうし、
金儲けのためでもないと思うんですね。

単純に、お気に入りの雑貨に囲まれた暮らしを楽しみたいだけとか、
友達に間接的に自慢したいとか、そういう理由だと思うんです。

つまり、素敵な雑貨をそろえること、素敵な部屋にすること、
センスがいいと思われることが目的なんじゃないかと予想できるわけです。

それであれば、メルマガでは

・さらに素敵にできるであろう新商品のお知らせ

・すでに購入済みの雑貨の面白いハイセンスな使い方

こういう情報は”役にたつ”ことになるんじゃないかなと。

例えば、
海外ブランド品を売っているとします。

海外ブランド品を買う人も、特に日本人であれば、
目的は勉強したいわけじゃないしですよね。

雑貨と同じで、ブランド品を持っていることで自分の
価値を上げたいと思っていたり、
単純に流行のブランド品をもっていることで心のゆとりというか
幸せを感じるために購入していると思うんです。

それであれば、メルマガでは

・人気の商品を格安で販売しているセールのお知らせ

・なかなか売っていないけど憧れの商品の入荷情報

・芸能人とブランドの逸話の紹介

こんな情報は、”役にたつ”ことになるんじゃないかなと。

例えば、
留学エージェントやホームステイエージェントをやっているとします。

留学をしたことがある人や、
留学をしたい人にとって、その目的はたぶん語学の勉強だったり、
国際人になるための経験を得る為だったり、
留学先のエリアが好きでしょうがないので、永住するための
はじめの一歩なのかもしれません。

それであれば、メルマガでは

・毎日復習したいワンポイント英会話

・現地最新情報

・留学生の先輩による現地生活レポート

こんな情報は、”役にたつ”ことになるんじゃないかなと。

わかりますかね?

こういうことを連想しながら、
主題となるトピックを決めて、
短くてもいいから毎回ネタをひねり出して欲しいのですね。

闇雲に「今日は何を書こうかしら?」と思うより
はるかに楽だと思いますよ。

当然、こういうネタの中に自分たちが何屋さんで
何を売っているのか?は含めて配信するのですが、
読み手はそこまでバカじゃありませんので、

その時=欲しくなった時がくれば、
思い出してコンタクトをとってくれるものなんです。

■目的は続ける

ここまでで、
メルマガの効果や、ネタの作り方をお話ししてきましたが、
もうひとつ気にして欲しいことがあります。

それは、”必ず続ける”ということです。

接触頻度が多いのが信頼に繋がるといっても、
定期的に同じペースで届くからこその安心なんですね。

一度だけ、すごくすばらしいメールが届くより、
それよりははるかに劣るけど毎週一回届く方が
効果は100倍くらいあると思います。

決してメルマガで売るとか、メルマガで感動させるとか
”効果”を目的にしないで欲しいのです。

そうしてしまうと人間、かならず
「ネタがたいして浮かばないから今日は辞めておこう。」
とサボっちゃうんですね。

そうじゃなくて、

「毎週○曜日に出す。」

のように、継続することを目的としてみてください。

うんうん悩んで配信を飛ばすくらいなら、

「こんにちは。今日は何もありませんが
 今週も元気にがんばりましょう!」

と送るほうが100倍いいですよ。

いかがでしょうか?

ぜひ、「ネタがない」とか言い訳せずに
はじめてみてくださいね。

僕の会社もニュースレターがあるので
SEOと広告などが機能しなくなっても
事情に壊滅的な打撃はないと思います。

それくらい影響力がありますので、
ぜひ取り組んでみてくださいね。

以上

今回のトピックは、いかがでしたでしょうか?
感想や個別の無料相談もお受けしています。
このメールにそのままお返事いただくと僕が全部お返事しますので
ぜひご連絡くださいね。
(@kounotatsuo ツイッターでも受付てます)

また次回お会いしましょう。

【編集後記】

ひっぱりにひっぱって、
やっと先週リリースした例の「河野の起業エピソード」
いかがでしょうか?

ものすごーくたくさんの方にダウンロードしていただきました。

なにげに、僕が一番びっくりしています。

もともとリクエストは頂いていたので
一部の方には役にたつかなと思ってはいましたが、
これほどととは・・・

だって、体系的に「起業とはこうせよ!」みたいな
偉そう系の内容じゃないんですよ?

僕の私事な失敗談がほとんどで、
経験則から見出したコツというかそういうものなので。

でも、これまたたくさんいただいた感想を見ていて
確信しました。

やっぱり、人の失敗から得られることって
みんないっぱいあるんだなーと。

ということで、「河野の起業エピソード」好評です。

「お金がない!」ある起業家の失敗から学ぶ起業術(無料)
 ⇒ http://contentslab.net/voiceseminar.html

まだお聞きじゃないかたはぜひどうぞー。

起業している人。

今から起業する人。

起業に踏み切れずに悶々としている人。

きっと気づきがあると思います。

あ、最期に大事なことを言い忘れました。

インタビューに協力してくださったポッドキャストリスナーの川合さん。

おかげさまで、とってもいい反響を頂いています。
ありがとうございました!

みなさんからの感想もお待ちしています。
(あ。いい感想でけで。)

今週もがんばりましょう!

似たような記事はこちら
最新の記事はこちら