ポッドキャスト

【第371回|”楽に売れる”という麻薬。起業5年目の悪夢。】

商品が後腐れなく売れて、
仕入れ交渉やらお客様サポートやら、
顔を出したり、面倒なことがあまりないビジネスがしたい。

そう思ってネットを使ったビジネスを選ぶ人って多いです。

ブログやったり、
メルマガ書いたりそんな面倒なことはしなくても、
ポンポンと売上げや入金があるビジネスがしたい。

そう思ってビジネスにネットを使う人って多いです。

「そんなのあるわけないじゃん!」
「ビジネスなめてんじゃねーよ。」

こう突っ込むことは簡単です。

でも今の時代、
条件があえば意外とそういうのあったりするんですよね(笑)

「あ。そんなに”おいしい”状態にできるのですね。すごいですね。」

そういう経験も長く人様のサポートをしていると
目にします。

大手のショッピングモールを活用した、
売れる商材の大量転売をビジネスにしているとか。

誰かお客さんを引っ張ることが得意な代理店みたいな人と
契約しているとか。

参入タイミングと、広告メディアの相性がすごくよくて、
スタート時にポンポンと新規客が低い獲得コストで受注できたとか。

需要はある商品の卸元を資金を使うなり、
最初につばをつけるなりして、、
比較的価格競争力がある形で独占的に販売しているとか。

背景はさまざまですが、探せばあるものです。

こういうビジネスはとてもよい状態です。

ですから、
そのままいっちゃえばいいのです。

で、今日はそのビジネスを作る方法なんかと話すかというと、
ちょっと違います。

逆で、
ビジネスが終わりを迎えるリスクもとても高かったりします。

僕は実際ビジネスが駄目になる瞬間も
たくさん見てきました。

たとえば・・・

続きは今週の音声でどうぞ。

リスナーからのご感想
最新の記事はこちら