ポッドキャスト

【第367回|数字が大嫌なあなたがデータに強い社長になるために最初にやるべき3つのこと】

「できる社長はデータ・数字に強い。」
と、誰かが言いいました。
でも儲かっている人でも、
数字をほとんど読まない人もいると思います。
というか実際います。
僕のお付き合いしている人たちも
8割くらいはこの手の人です(笑)
なので、データ・数字に強くなければ
儲からないということもなさそうですね(笑)

とはいっても、
読める社長はビジネスの谷間や
勝負所にめっぽう強いというのは確かかもしれません。

どういうことかというと、
自分がなぜ儲かっているのか?
自分がなぜ儲からなくなったのか?
自分は何をすると儲かるのか?
ということを
論理的に理解しているからだと思うんですね。

データ嫌いな人でも最低でもビジネスを拡張するときにどうしても付随する
人件費と広告費の増加を決断できるようになるために、
自分はいったい一人あたりどれくらい儲かっているのか?
くらいは把握を始めてみてはどうかと思いまして、
データ嫌いでも今日からはじめられる
データの取り方をご紹介したいと思います。

ほか1次情報に触れる重要さの雑談をしています。

お頼みしに。

 

 

リスナーからのご感想
最新の記事はこちら