すぐに役立つコンテンツ

【起業の最適なタイミングってどんな時?(公開収録)】

んにちは。河野です。
今日も開封して頂き、ありがとうございます。

  ※・ミニ勉強会&公開収録 新潟申込受付中です。
    新潟 5月18日
    http://www.contentslab.net/seminar-niigata.html
 ・サンフランシスコも明日開催決定です。
    http://www.contentslab.net/seminar-sanfrancisco.html
   ・ベトナムでの起業家インタビューも盛況です。
    http://www.contentslab.net/kigyokataidan/tanaka-san.html  

   詳しくは編集後記で!

「みんなどんな理由やタイミングで起業しているんだろう?」

先日の公開収録で、こんなご質問をいただきました。

「転職か?起業か?」

「まずは勉強?いきなり起業?」

「根本にはいつ起業ってするんだろう?」

「これって起業する理由になるのかな?」

表面に出る悩みは違えど、
根っこは同じ悩みなんですよね。

「起業したい・・・でも、いつ起業するべきか?」

ここに集約されるんだと思います。

ということで先日の公開収録でやりとりのあったことから
みなさんにもシェアする最初のテーマとして
これを選ばせていただきました。

僕だけでなく、
起業していて、かつみなさんに身近な存在の起業家のみなさんからも
参考になるいろんなお話が飛び出しました。

音声でお聞きくださる方がより伝わりやすいかと思いますので
音声聞ける方はぜひこちらからどうぞ。
(そのまま聞けます。)

ニュースレターでお読みになる方にも
あわせて当日僕が説明した内容をお話させていただきますね。

■起業のタイミングは3種類

公開収録の日もみなさんに起業のタイミングを
お話いただいたのですが、
実態として僕は3つくらいのパターンしかないと思うんですね。

まず1つ目。

・副業でやってみて収益が大きくなったから辞めた

何名かの方も公開収録でおっしゃっていましたが、
一番スムーズでスマートなやり方ですね。

勤めていたんだけど、
どうしてもビジネスをしてみたくてビジネスをしていたり、
面白いことに集中していたらあるきっかけでお金になりはじめて
どんどん収益が膨らんでいったパターンです。

この場合、お金の不安がなくなりそうだから辞めたというより、
より集中してそのビジネスをしてみたくなって
その欲求に勝てずに辞めたという場合が多いと感じます。

(僕もこれを狙っていたのですが、僕には無理でした。
 僕は次のもうちょっとかっこ悪いパターンです。:笑)

こういうパターンをたどる人って
多そうに見えるじゃないですか?

でも実はあんまりいません。

たいていは僕と同じ次のパターンが多いんですよね。

なぜかというと、

「副業であるからこそ、時間がないとか言い訳しつつ
 集中しきれないので、
 結局儲かりだすまで我慢できなくて辞める。」

か、

「副業であるからこそ、時間がないとか言い訳しつつ
 集中しきれないので、
 結局儲かりだす前にビジネスそのものを辞める。」
 

こんな感じになるからなんです。

だからこそ、
そのビジネスそのものが好きでしょうがない行為で、
やっていることそのものが楽しいと感じている人が
たまたま儲かるカテゴリーだった場合に当たって
どんどん大きくなっていくケースが目立つんだと思います。

これが1つ目のスマートなパターンですね。

このほかのパターンはぐっと身近になってきます。

2つ目。
副業でやっていて結果はいまいちなんだけど辞めた。

こういう人って多いです。
僕はそうでした。

これは勇気を出したというより無謀ともいえるんですが
本人は大真面目です。

起業したい。

収入がなくなるのは怖い。避けたい。

副業で給料を超えたら辞めようと誓う。

副業を始める。

意外と爆発しない。
(ちょっとは儲かる)

会社で嫌なことがある。
成功者をたくさん見る。

時間を使えば成功するのでは?
と思い始める。

起業しちゃう。

こういうパターンですね。

僕はこのパターンです。
なのでタイミングとかかっこいいものじゃなくて
僕の場合は勘違いも大きかったんですが

多くの人は、

「フルタイムならなんとかなるでしょ?」

という自身をつけてからというのが
一番の理由かもしれませんね。

最後に3つめ。

・いきなり辞めた。

これもすごくたくさんいらっしゃいます。

このパターンの方。事情がいろいろです。

 会社をリストラになった。
 
 会社で精神的に痛手を負った。

 根拠はないけど自信があった。

 仲間がいたのでできると思った。

 家族のケアが必要なので会社を辞めざるを得なかった。

こういう感じですね。

一番苦労なさるのは
もちろん3つ目のパターンです。

公開収録でも実際、この3つのパターンのどれか
でしたから
みなさん当てはまるんじゃないですかね?

■どうやったら失敗しないか?

たぶんなんですが、
この質問をするときに気になっていることって、

「失敗しない方法は?」

だと思うんですよね。

だからこそ、
「最適なタイミング」って話になるんだと思うのです。

でも僕は、

・好きなことをひたすらやっていたら
 どんどん収益が増えていった。

こういう人以外は、
例外なく最初失敗するんじゃないかなって思います。

副業からはじめたらはじめたてお金の不安が当面ない代わりに、
取り組みに甘さが出ます。

つまり、ビジネスをいつまでたってもはじめないか、
初めてもそこそこの収益以上まで突っ込めないんです。

で同じところをぐるぐる回るなんてことをしちゃうんですね。

じゃー途中で起業したり、
いきなり起業したらいいかというと、
それはそれで結構しんどいことになったりします。

最初預金があるころは、余裕ぶっこいてビジネスを
吟味ばかりして、稼げない。

稼げないと生活費が困るので相当あせる。

場合によってはアルバイトをする。

それでもビジネスを続ける。

とまー、人それぞれ這い上がるまでの時間、
アルバイトしたことあるないというのは違いますが
一度

”落ちているような感覚”

は味わってしまうんだと思うんですよね。

もちろん例外はあるでしょう。

パターンの話ですよ?

なので実は「どうやったら失敗しないか?」
という質問は意味がなかったりするんじゃないか。と。

「起業ってどんな感じで失敗とかしていくの?」

というのが質問として正解かもしれません。

で、自分に超えられそうか?と思ったときに

「いっちょ超えてみるか。」

と思えたらタイミングはいつでもいいのかもしれません。

■起業ってしんどい?

こういう話をすると、

「起業はしんどいからなめんじゃねー!」

といっているように聞こえるかもしれないんですが
そんなことはいっていないんです。

見ている場所や基準の問題だと思うんですよね。

起業ってどんな感じかを僕なりに表現すると・・・

1.粛々と行動し実行し継続し続けること
  

2.たんたんと行動し継続し続けること

3.会社辞めちゃっている場合は
  生活費がなくなるまでうまくいかない場合は
  1と2はやりつつアルバイトなりをする必要がある。

4.会社を辞めていない場合は
  1と2ができなくなったタイミングで
  会社員のまま景色はかわらない。

こんな感じですかね。

3が怖い人は4のリスクをとりながら粛々とやるしかないし、
4になるのが怖い人は3のリスクをとりながら粛々とやるしか
ないんですよね。

ま。これっていわれなくてもほとんどの人がわかっていますよね。

わかっててもなかなかできません(笑)

それはおそらく、

1-4のどれかで

・ふわっと落ちていくような感覚。

・自分がすごく頼りなく情けなくなるような感覚。

そうなるのが嫌というか怖いんだと思うんですよね。

いけてる会社員をしているなら余計そうですね。

周りの目が気になる人も余計そうですよね。

でも起業してしまった人って
価値観が逆転しています。

ふわっと落ちて
ふわっとか、だんだんか、一気にか
あがってきている自分がたまらなく心地いいんですよね。

たぶん。

だからこそ、
粛々と怖さと背中合わせでがんばる人を
応援したくもなるし、
そこに達成感や自信を感じるんだと思います。

別に起業しろとかビジネスしろなんて
誰に命令されるわけでもないし、
会社員のまま生活することに
何も悪いことなんてないので
ほっとけよって話しでもあるんですが、

もし「起業のタイミングはいつだろう?」
と思っているとしたら、

「起業ってこういうもの」

と受け入れて
一度落ちてもあがっていく感じを
かっこよく思えたタイミングなのかもしれませんね。

そうじゃないなら
そのタイミングまであせらなくてもいいし、
副業で4のリスクをもちながら
やっていったっていいと思うんです。

僕のクライアントさんも
すべてのパターンの方がいますし
それぞれそれぞれにあったアプローチで
あがっていかれています。

公開収録に友人の松田さんが参加してくれました。

音声でも彼が言っていますが、

「起業するとき会社を辞めるって最初の入学試験だと思うんだよね。」

こんな風にいっていました。

うまいこと言うなと。(笑)

模試のつもりで副業するもよし、

いきなり試験を受けて、落ちても受けてたつもよし。

一人でもビジネスする仲間ができると
面白いですね。

最後に、

今回の質問を当日してくださった山崎さん。
ありがとうございました!

当日は面白くしようといじってしまいましたが
気づきの多いご質問をありがとうございました。

他に積極的にご参加くださった、
伊藤さん アンナさん AKIさん 坂本さん 
丸山さん 筒井さん 感謝しかありません。

今日のテーマ実際のやりとりはもっと面白いものになっていますので
ぜひ一度聞いてみてください。

(今日のやりとりの生音声はこちら)

このほかにも渋谷でのミニ勉強会は面白いテーマ盛りだくさんでしたから
またこれからの配信でシェアしていきますね。

以上

今回のトピックは、いかがでしたでしょうか?

このメールにそのままお返事いただくと僕が直接全部お返事しますので
感想、ご質問、ご相談など、ぜひご連絡くださいね。

ただし、ニュースレター配信直後は特に、
非常にたくさんのご相談メールやお電話をいただくものですから、
お返事に少々お時間をいただくことになってしまうかと思いますので
ご理解くださいますとうれしいです。

また、公開質問も受け付けております。

お急ぎの場合はこちらをご利用くださいませ。

※ニュースレターの公開質問相談はコチラまで。
http://www.contentslab.net/podcastrequest.html
(匿名でもOKです。)

————————————-

過去3週のネタ

【お客様対応が中心になるサービス業だけはやりたくないって場合】

【ゲスト登場:海外で2つのビジネスを連続で成功させるには?】

【何を売ればいいのかさっぱり思いつきません。(公開質問)】

※ニュースレターの以前のバックナンバーはコチラから

<ポッドキャスト版>好評いただいています。
http://www.voiceblog.jp/contentslab/
<ニュースレター版>
http://www.contentslab.net/category/news-letter

————————————-

【編集後記】

(お知らせ)

新潟市内でのミニ勉強会&公開収録
5月18日(土曜)午後14時から

申込みフォームも公開しております。
ご参加くださる方お申し込みをお願いします。

<新潟市内 ミニ勉強会の申し込みはこちら>
↓↓↓↓

http://www.contentslab.net/seminar-niigata.html

新潟も面白い人きますよー。詳しくはページをごらんください。

限定10名ほどで予定していますので
できるだけお早めにお知らせくださいませ。

またはFaceBookのメッセージなどでもかまいません。

それぞれ終わったら希望者で懇親会やります。
ご希望者はおつきあいくださいませ。

※サンフランシスコ市内でのミニ勉強会&公開収録
現地地時間4月23日(火曜)午後14時から
配信間に合っていますかね?
急遽参加の方もご連絡ください。
サンフランシスコ市内 ミニ勉強会の申し込みはこちら
↓↓↓↓
http://www.contentslab.net/seminar-sanfrancisco.html

ちなみに・・・

今サンフランシスコ行きの飛行機です。

今回のたびでもいろんな方にお会いできそうで
今からわくわくしています。

こちらも配信を楽しみにしていてください。

参加予定は起業前の方も、
起業直後の方も実績を出している方も来ます。

モヤモヤしている方にとっても、
最初の1歩としてはいいのじゃないかと思います。

すでに勉強会に参加された方や
起業している方にとってもまた違った面白さ
出会いやご縁も気づけると思います。

お会いするのをすっごく楽しみにしてますね。

申し込みはこちら。

<5/18 新潟市内 ミニ勉強会の申し込みはこちら>

↓↓↓↓
http://www.contentslab.net/seminar-niigata.html

■追伸その1

ベトナムでの田中さんとの
起業家インタビューシリーズ。

やっとリリースできる運びになりました。

といってもなんの複雑な事情があったわけじゃなくて、
僕がサボっていただけという話なんですが、
本当によい内容になっていると思います。

海外に興味がる人ない人関係なく
絶対聞いたほうがいいと思います。

それだけの内容を田中さんが包み隠さずお話いただいているのですね。

何かを強要することはあまりありませんが、
これは聞いてください。

絶対聞くべきですよ。

あ。そうそう。youtubeで当日のダイジェストをアップしています。
雰囲気を見たい人はこちらでごらんいただけます。

(youtubeで当日のダイジェストをアップしています。)
http://bit.ly/10iGmhl

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

ベトナムからオーダースーツを売ってみた

あなたは本当の海外進出を知りたくありませんか?
資金もコネもない人間がベトナムでネットビジネスを連続で成功させた秘密

田中通隆さん × 河野竜夫 編

http://www.contentslab.net/kigyokataidan/tanaka-san.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■追伸その2

個人でもFace Book 結構書き込んでいます。
仕事、プライベート。

そんな書き込み気になる奇特な方は
友達申請するなり、フィード購読でもしてください。

河野のFace Book

http://www.facebook.com/kounotatsuo

また、このニュースレターとポッドキャストの
FaceBookページが実はあります。

http://goo.gl/hMxqN

よろしければ「いいね」よろしくお願いします。

最新の記事はこちら