すぐに役立つコンテンツ

【自分に出来ることだけでビジネスが出来るわけがないという話】

こんにちは。河野です。

  ※7月11日 上海勉強会 申込み受付中です!
http://www.contentslab.net/shanghai.html
   東京勉強会は8月18日で決定です。

ある日のXさんからのご相談。

「Aの商品だと売れそうなんですが、
 仕入れの宛がありませんので
 できないですし・・・
 Bのサービスだと売れそうなんですが、
 自分に経験がありませんので無理そうです・・・
 もう商品のアイデアがないんですが、
 どうしたらいいでしょうか?」

また、ある日のYさんからのご相談。

「Bのサービスだと売れそうなんですが、
 どう思われますか?
 もちろん、提供してくれるパートナーに宛がぜんぜんありませんが、
 そこはなんとか探してみたいと思います。」
 

これは無料相談の別々の方からのご相談です。

両名ともまじめに起業や副業に取り組まれている方でした。

ただ、間違いなく成功率が倍以上で高いのは、
Yさんの方だと思うんですね。

Xさんのほうは、
ビジネスの制約を勝手に多くしてしまっているからなんです。

売れる物があるのに、自分にはできそうもないとか、
仕入れ先を知らないという理由だけで、
あきらめようとしているわけですね。

詳しく聞くと、
仕入れ先や仕入れる方法を探したり、
交渉してみたりといったことは
まったくしていません。

でも、今の自分には思いつかない。
今の自分にはできないという理由で
断念してしまっていました。

もちろんビジネスをしようとした場合、
こんな風に人それぞれの環境があります。

・自分のスキルや能力が足りない

・預金がないので資金力がない

・人脈はぜんぜんない

・住んでいる土地が不利

・使える時間が少ない

でもこれを変えがたい制約と思うか、
与えられた条件だと思うかは
捕らえ方しだいで180度かわります。

先ほどのXさんの例でいうと、
自分の条件は有利ではないけど、
「できる方法があるかもしれないから探してみよう。」
と思っただけなんです。

Yさんは、
「自分にはできない。」と、
決め付けてしまっただけなんです。

ということで今日は、
ビジネスをする上で自分の能力とかスキルに
縛られない重要性や、コツ的なものをお話したいなと思います。

■商売とは・・・安く仕入れて高く売る。

まず自分にはできるとか、できないとか、
自分中心になる前に、商売の前提というか
基本を共有したいと思います。

ものすごく乱暴に言うと、商売というのは、

「人が求めているものを、
 安く手に入れて、高く売る。」

ということになるんですね。

言い方をソフトにすると、

「人が求めているものを、
 手に入れた値段より少しでも高く売る。」

ということになるんです。

ここに、

”自分が持っているものを”

とか、

”自分ができることを”

なんていう考えは入っていないんですね。

もし自分が出来ることを売る場合でも

”自分が人から雇われて同じことをした場合よりも
 高く売る。”

というだけで、
仕入れる商品が自分の労働時間=給与というだけなんですね。

極論すると、そもそも、

・自分のできること

とか、

・自分の得意なこと

とかいう発想はなくていいんです。

■”買う”ことが簡単な商売の方が多い。

商売の原則のほかに共有しておきたいのが、
仕入れという作業は一番難しくないということなんですね。

過去、物がなかった時代だと、
物を作り出せる人が偉かったんです。

なにせ”物”がなかったんですから。

日本はそのステージはとっくに過ぎていますよね。

先進国は全部そうです。おそらく中国も今はそうです。

で、その後は物が余っているわけですから、
それを流通させることが出来る人、
付加価値をつけて魅力的な商品に見せることが出来る人が
偉い時代になっています。

アップルなんてまさにそうですよね。

彼らは自社工場なんてもっていません、
中国の工場でいくらでも作れるものなんだけど、
アップルの付加価値を乗せることができるからこそ
強いわけです。

AMAZONのキンドルだってそうですよね。

彼らが、
「僕らは今まで物を作ってこなかったんで、
工場なんて作れないし、作る方法なんてわからない。」
なんて言うわけがいですよね。(笑)

工場の方から「ぜひ作らせてください!」
となっているはずなんです。

これは個人事業の世界でも同じです。

たとえば、
デザインがとてもきれいに出来る人がいたとしましょう。

でも、デザインができるという人=商品は、
先進国、更新国含めてすごく大量にいます。

ですから、デザインができることそのものが、
優位に働くことってないんですよね。

それよりも、
自分たちのデザインをいかにすばらしいもの、
必要なものとして伝えることができて、
顧客からの注文が取れる人が一番偉い状態になっているわけです。

つまり、なにが言いたいかというと・・・

売る力、魅力的に伝える力が重要なのであって、
それがあれば仕入れという行為はそれほど難しくないということなんです。

はっきりいってほとんどの商品が
供給過多になっていますので、
仕入れが難しいというのは理屈の上でありえないんです。

当然商品や商材によっても違いますよ?

物によっては初期ロットが必要だったりして
預金がない人は手がでなかったりしますが、
それでも初期ロットがない形で
仕入れる方法や
初期コストがいらない商材は無数にあるので
制約でもなんでもありません。

売れる商品やサービスを探して、
仕入れ先としての人や物を探していく過程で
いくらでも個人が仕入れることができる商品は
見つけることはできるんですね。

こういう前提も理解しておいてほしいなと。

■妄想で売ってしまえ

と、説得力をあげるために、
僕にいただいたあるメッセージをご紹介しますね。

僕がつい最近テーマにした

【ぐずぐずしている人は妄想で先に売っちゃえ】

という配信回へ対しての、
クライアントさんからのお返事です。

クライアントはさんはハワイのちさとさん。
ハワイで留学斡旋のビジネスをされている方です。

ちさとさんもいわゆる「自分にはできない」という
条件の中でビジネスをスタートさせていますので
僕のご意見に共感いただけたんですね。

ちょっと読んでみてください。

(ここから)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

河野様、

いつもためになるお話ありがとう御座います。

私はまさに
売れない不安を抱えながらサイトやビジネスの準備をしました。

ご存知のように現在 ”ハワイ留学”のサイトを
立ち上げていますが、はっきり言って私は ”留学” の事は
全く知りませんでしたので、

サイトを立ち上げると決心するまで、

”留学の知識もない”
”ホームステイのあてもない”
”お問い合わせがきたらどう対応するか?”

分からない事だらけでした。

というより全くの素人で、
留学の事に精通しているパートナーを見つけないと
まず無理だと思っていました。

友人の紹介で、
たまたま ハワイで留学の会社を立ち上げたい
という方と出会いましたが、
その方も留学に関しては全くの無知でした。

幸い、留学に関して明るい知り合いが2名程手伝ってくれると言う事で、
サイトをスタートしました。

が、手伝ってくれると言っていた知り合いからはことごとく断られ、
あてにしていたホームステイ先からは断られ、お先真っ暗で、

結局留学に無知な2人だけの会社だけになってしまいました。

が、お問い合わせがくると返信をしなければならないので、
自分で調べて返事をしました。

ホームステイ先1件さがすのもかたっぱしから連絡したり
掲示板に投稿したり思いつく方法を全部試しました。

成功報酬で働いてくれるスタッフもやっと見つけました。

あのままサイトを作らなければ
未だに何もしていなかったと思います。

不安だらけでしたが、

サイトを作る
問い合わせがくる
答えなければならない
会社として受け入れ体制をキチンとしないといけない。

とにかく ”やらなくてはならない” という環境を先に作ってしまうと
あとはなんとかなるものですよね。

河野サンのおっしゃる通り。

”半年以上ぐずぐずしている人とかの場合は
先に進まない” ですね。

すみません、個人的な事で長くなってしまいましたが、

河野さんのメールを読んでいて、
まさに自分は 「不安だらけでサイトや会社の準備をしました。』
が、どうにかなるもので、

“50点でも30点でもいいので (0点でもいいかもしれません)
まずは世に出してしまえ!そして走りながら改善しろ!”

と言う考えに同感です。

これからもよろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(ここまで)

いかがですか?

僕がお話したいことを
ほとんど言っていただいています。

最初は怖いと思うんです。

でも”怖い”と思うことと、
”逃げる”ことはイコールじゃないと思うんですよね。

当然、探してもどうしても仕入れができないこともあるでしょう。

でも、ほとんどのケースではなんとかなると思いますよ。

ちょっとだけ耳が痛いかもしれないし、
偉そうな言い方をすると・・・

「ビビッてるだけなんじゃないですか?」

「自分の能力を高めるよう学ぶという気持ちもないんですか?」

ということかもしれないな。とも思っています。

後者の人には何も言えることはないですが
前者の人にはぜひぜひ動いてみてほしいなと思うんです。

これって起業のときだけじゃなくて、

新規ビジネスのとき、

人を雇うとき、

だれかと会うとき、

全部に当てはまるんじゃないかなと。

何かの気づきになればうれしいです。

以上

今回のトピックは、いかがでしたでしょうか?

このメールにそのままお返事いただくと僕が直接全部お返事しますので
ぜひご連絡くださいね。

また次回お会いしましょう。

————————————-
ニュースレターの以前のバックナンバーはコチラから

<ポッドキャスト版>好評いただいています。
http://www.voiceblog.jp/contentslab/
<ニュースレター版>
http://www.contentslab.net/category/news-letter

過去3週のネタ

【800件のDMで2件の問合せがあったときに喜ぶ人と嘆く人】

【優秀な人に今すぐ!来てほしい場合に落ちてる罠】

【ゲスト登場!売れない営業マンが起業後半年で急成長した秘密】

【ぐずぐずしている人は妄想で先に売っちゃえ】

————————————-

【編集後記】

週末は父の日でした。

4歳の娘の幼稚園でもこれに合わせて、
お父さんの参観日というか
そういうイベントがありました。

もちろん、事前に作っていた
手作りのプレゼントももらったりして
デレデレだったわけですが、
他にもほほえましいことが。

娘は幼稚園の年中なんですが、
先生が年少のときと同じ先生なんですね。

で、去年も同じ時期にお父さんと遊ぶ日があったわけです。

そのとき、
先生はまだ2年だか1年だかのフレッシュな先生でしたので、
超緊張していました。

周りのお父さんがフォローするくらいだったんですよね。

僕も心の中で「がんばれー」っておもっていました 。

そりゃそうですよね。
普段子供と女性しかいない職場なのに
いきなりやぼったい野郎が大量に来るわけですから。

それがなんと、今年は別人。

慣れた風でお父さんにも軽口を言って、
上手に回していましたんですよね。

1年で自信もついたんでしょうね。

なんだか関係ないくせに、
うれしくなりました。(笑)

■上海勉強会申込み受付中!(現在5名)

7月11日(水)上海での勉強会 申込み開始しています!

詳細とお申込みはこちらから。

朝から夜まで終日、視察、勉強会、懇親会と僕とご一緒していただきます。

現在クライアントさんが5名、ポッドキャストのリスナーさんが1名
ご参加予定です。

翌日の12日も オプションの観光ツアーじゃなくて
本格的仕入れ先めぐりのツアーのご希望が多かったので
実施する予定です。

旅程を組まれる場合は11日をはさんで、
飛行機10日着、13日発のような
日程でお起こしくださいませ。

実にいろんなビジネスをしている仲間が来ますので
それも大きな刺激とご縁になると思います。

僕と一緒に上海で楽しみましょう!
視察の詳細と申込みはこちら

http://www.contentslab.net/shanghai.html

■東京での勉強会 日程確定!

第2回 東京での勉強会・交流会 

海外組のご参加もできそうなので

8月18日で確定です!

アンケートの結果 今回もすぐ満員になってしまうかもしれないので
申し込み開始日を 事前に告知するようにしますね。

8月18日の東京での勉強会の申し込み開始は

6末ー7月頭の予定です。

お楽しみに!

*クライアントさんと前回キャンセル待ちだった方は
 優先受付させていただきます。

■追伸

浅井隆志さんとの対談。

「相当面白い!」という感想がとまりません。

こちらをお聞きくださると、
浅井さんが半年で急成長した秘密を全部わかります。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

起業後短期間で急成長できた秘密

独立後、わずか半年で出版までしてしまった社長が話す、
短期間で急成長したわけ

セールスの学校 代表 浅井隆志さん編

http://www.contentslab.net/kigyokataidan/asai-takayuki-san.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

似たような記事はこちら
最新の記事はこちら