ポッドキャスト

【第414回|誰に売れるのか知る一番簡単な方法】

------------
ポッドキャストの登録をお願いします
https://goo.gl/TDVVUU

------------

こんにちは。河野です。
今日も開封していただきありがとうございます。

--------------
 <今日のサマリ> 

【今週のトピック】誰に売れるのか知る一番簡単な方法
【雑談】誰でもトップ5%に入れる
【編集後記】温泉より

10年前。預金残高が寂しくて泣きそうな時、
首の皮がつながった1枚のDM。

「集客にお困りの学習塾の方へ
 ホームページだけで入塾待ちであふれている塾があるのを
 ご存知ですか?」

これって僕が10年近く前、ホームページ製作で食いつなごうとはじめた
DMのコピーです。

どう思います?

コピーとしても、悪くはないと思うんです。
ターゲットも絞れています。

実際お客様も受注できました。
まさに食いつなぐことができた1枚のDMだったかもしれません。

でもこの手法は1回きりで辞めました。
なぜなら”誤った方法”だったからです。

「2歳から5歳のお子さんがいるお母様へ、
 子供の脳の発達に○○をおやつにするのはやめてください!」

こういうターゲッティングをしている売り出し方って
多いと思います。

商品は、グルテンフリーでもいいし、
アレルギーを誘発させないための食材でもいいでしょう。

コピーとしても、悪くはないと思うんです。
ターゲットも絞れています。

でも、これもきっとですが、
結果的に誤った方法になると思います。

あなたは、
この商品サービスは誰にどこで売ればいいのかな?
誰が買うのだろう?ということに関心がありますか?

きっとありますよね?

最大の関心ごとかもしれません。

それがわかれば商売はものすごく有利になるからなんです。

だからターゲットを絞れと言われて、
僕もああいった方法をとったんですよね。

でも間違っています。
あれでは誰が買うかはわらないんですね。

ということで今日は、
誰が買うかを知る方法について正解と思えることを
お話したいと思います。

今日は音声でお聞きください。

音声はポッドキャストをご登録いただいて
スマホかパソコンでお聞きいただくか、
ページから直接再生してください。

■音声でお話していることは・・・

・お客さんを特定するのに「唯一」大切なものとは?

・まずはお客様の○○に集中する。

・人を評価するのになぜ「事実」が必要なのか?

・やる気があり熱意のあるお客さんや人材が危険なわけとは?

リスナーからのご感想
最新の記事はこちら