ポッドキャスト

【第404回|私にしかできないビジネスがきっとある!?】

 <今日のサマリ> 

【今週のトピック】私にしかできないビジネスがきっとある!?
【雑談】確証バイアスとハロー効果
【編集後記】河野塾に行く
【お知らせ】世界20名の自由に生きる人のインタビューが聞ける。
【コンテンツラボ波乗り部 グループ作りました】

スタートアップって言葉は聞いたことがあると思います。

「誰もやってない新しいビジネスモデルで
 めちゃくちゃな勢いで成長し、上場や売却を狙う事業」

定義はさまざまですが、
こんな風にいわれることが多いです。

民泊という言葉で日本でもなじみのある
AirBnBもスタートアップのひとつですね。

ちなみに、こういうの憧れますか?

めちゃくちゃな勢いで成長したり、
上場や売却を狙うなんてことまで考えている人は
あまりいないでしょうが、

誰もやってない新しいビジネスモデルで
そこそこ収益を得たい。

ということは結構考えている人が多いのじゃないでしょうか?

言葉を置き換えると、
私にしかできない何か。
誰もやってない何か。
というビジネスですね。

そこで成功するスタートアップというのは
どういうものか見てみましょう。

スタートアップについてのニュースメディア「thebridge」に
2016年大手企業に売却をした事業をまとめてありましたので
ピックアップしてみました。

ランニングの記録アプリ「Runkeeper」

ビデオ配信の「Ustream」

VRスタジオの「Ryot」

ビザ申請アプリの「Teleborder」

ホテル予約アプリ「Tonight」

ビジネス向けチャットアプリ「Pie」

AIを使った人材紹介「Connectifier」

ITのオンラインスクール「TechAcademy」

すべては「大きく成長させて、売却した。」
ということでは同じなんですが、
誰もやってない新しいビジネスモデルかというと
そうでもないようです。

何かが新しいは新しいのですが
その人しかできないことではなさそうだし、
誰もやってないかというとそういうことでもないですよね。

すでにある商品やサービス市場で
それよりもすこし変わったオペレーションをするとか
よりお客さんにメリットのある形で提供するとかを
しているものも多いかなと。

つまり、すでにお客さんがたくさんいて、
お金を常時支払っている世界で、
お金の支払い先を自分たちに切り替えてくれるように
工夫したビジネスってことになります。

AirBnBも、
旅行で部屋に泊まるなんて行為を始めてさせたわけじゃなくて、
ホテルに宿泊している人を一般の人の家に泊まるように
切り替えたのと、
グレイグスリストのような掲示板での
宿泊シェアより使い勝手をよくしたってことなのだと
思うんです。

近しい方が会社を成長させたケースでも、
看護師の求人サイト
エステサロンの求人サイト
お見合いマッチングサイト

全部すでにあるものを
ちょっとか、ずいぶん良くして
ユーザに切り替えてもらったものです。

これって僕が
確証バイアスといって、
自分が信じるニュースだけを見て
そう思い込んでいるというわけでもないと思うんですよね。

またスタートアップをする人たちが
スーパー起業家イーロンマスクのように、
いけてないからでもないと思うんです。

お客さんに求められているものが
より便利な切り替えたくなる何か
なのだろうなと。

僕がお手伝いしている方も
誰もやってない新しいビジネスモデルより
誰しもがやっているビジネスモデルを
ちょと上手に行った人
ちょっとがんばった人が成長させています。

でもね。

みんなやりたくてしょうがないんです。

私にしかできないビジネス
誰もがやってないビジネス

今日はメインのトピックではそのへんの話をしていきます。

リスナーからのご感想
最新の記事はこちら