ポッドキャスト

【第357回|ライバルにビビってみたり、馬鹿にしてみたりと起業家は忙しい】

あなたに”ライバル”は存在しますか?

”ライバル”辞書で調べると、
競争相手。対抗者。好敵手。

同じ町にできた整体院や、
広告運用代行サービスを行う同業者同士など
直接お客さんを取り合う関係は
当然ライバルと呼んでいいと思います。

業種は違うけど”起業家”として負けたくないとか、
”企業”として負けたくないといった意味での
ライバルとうのもあるかもしれません。

そんなライバルの存在って、
論理的には良いように作用すると言われていますが、
当人にとっては感情的に複雑なものがありますよね。

たいていは、
「ビビる。」か?「馬鹿にする」か?

ビビっている場合は、
お客さんをとられてしまい、
業績が下がってしまうんじゃないかという焦りにつながり、
ドキドキします。

馬鹿にしている場合は、
”そんな”サービスなのに、お客さんをとられている気がして、
業績が下がってしまうんじゃないかという焦りにつながり、
これもまた結局ドキドキしてたります。(笑)

ここまでこういう書き方をすると、
今日のトピックの結論は、
まるで「気にするな」というものにたどり着きそうですが、
実はそうではありません。

逆で「気にしてください。」という話をしようと思うんですね。

ライバルにビビる人も、
ライバルを馬鹿にする人も、
参考になればと思います。

リスナーからのご感想
最新の記事はこちら