すぐに役立つコンテンツ

【第316回|「このビジネスに一口乗るかい?」って言われてみたいし実際言われた。】

316_20150512
こんにちは。河野です。
今日も開封して頂き、ありがとうございます。

---<おしらせ>------
 

 ※パリ フランス勉強会 5/30(土)申込み続々といただいてます。
  http://www.contentslab.net/workshop_paris.html

 ※ハワイ ホノルル勉強会 7/21(火)決定しました。申し込みはこちら。
  http://www.contentslab.net/workshop_honolulu.html 
  

 ※母の日の素敵なサプライズとは?

 ※音声版はこちらでお聞きいただけます。
  http://www.contentslab.net/podcast/316_20150512.mp3

→詳しくは雑談コーナーと編集後記で!

---------------

ちょっと悩みを聞いてください。

「ある県にある人気イタリアのレストランを購入した人がいます。
 まずまずのお金もちです。
 その店のフランチャイズチェーンを作って、100店舗にはしたいそうです。
 このフランチャイズチェーン展開の手伝いをしてほしいと
 言われています。非常にわずかな活動費用と、チェーンからの収益が
 生まれたらの成果報酬をもらえるそうです。
 これに乗ろうと思うのだけどどう思う?」 

実はもうひとつ悩んでいます。

「ある一般的な介護ビジネスを展開したいと思っている人がいます。
 まずまずのお金もちです。
 そのビジネスを全国に広げたいと思ってるそうです。
 まずは既存の小さいビジネスを購入してはじめてもいいし、
 一から作ってもいいと思っているそうです。
 この介護ビジネスの手伝いをしてほしいと言われています。
 非常にわずかな活動費用と、ビジネスからの収益が生まれたら成果報酬をもらえるそうです。
 これに乗ろうと思うのだけどどう思う?」

ざっくり言うと、

・あるビジネスのアイデアを聞いた。
・自分の思っていた漠然としたものとも通じる。
・協力をしてほしいといわれた。
・得意な分野や経験のある分野ではない。
・雇われるわけじゃないのですぐお金にはならない。
・うまくいけば儲けはでかそうだ。
・どうすればうまくいくかはまだよくわからない。

こういう状態ですよね。

いわゆるこんな「儲け話に一口乗らないかい?」
と言われたり言ったり
ってことなんですが、
みなさんならどー対処していますか?

今日は僕がこの手の話を聞いたときの
考え方をシェアします。

——

僕がこの手のお話を聞いたときに、
まず考えるのは、
「そのビジネスが儲かるかどうか?」とか
「誘われている本人がやりたいか?」よりも、
まず”誘われている本人の役割”がどこにあるか?を考えます。

昔からビジネスに大切な要素に、

人。物。金。

とゆうのがありました。

違う言い方をすると、

やる人。
払う人。
サービスや商品を作った人。

てことになるとおもうんですよね。

この全てが埋まるから
うまくいくと思うわけです。

「いや、小さいビジネスは
少なくても金はなしてやってるよね?」

というのはあるんですが、
体を倍以上使って
労働力とゆう”お金”で足りないものをフォローしてるだけだったりするわけです。

そう考えると、
前半の儲け話の場合、
誘ってる方は、

払う人。

さらにイタリアンレストランは
すでに手に入れているので、
サービスや商品を作った人。

普通に考えると、
足りないものを補うために人をさそうのじゃないかと思うんです。

そーなると、、、

A: ”払う人”として参加しないかい?

B: ”やる人”になってくれない?

こうゆうことじゃないかと。

でも、たいていは、
誘われているほうは資金力でAにはなれないので、
ほぼ100% B:のお誘いだと思うんです。

そうなると、

・レストランの運営そのものを行って大きくしれくれ。

・介護サービスを開設運営して大きくしてくれ。

これを要求されていることになりますよね。

その場合の取り組み方って
3種類くらいあると思います。

イ:労働力を差し出すので給料をもらう。

ロ:労働力を差し出すけど報酬は成果報酬。、

ハ:労働力を自分のお金で雇って確保する。

これまた普通に考えると、
その分野に完全に素人、
間違いなく上手にはできない、
よくわかってないなら
イかハのパターンで取り組むのが自然です。

もちろん、
その分野に詳しくて、
実績を出せる人脈なり、ノウハウなり、
経験があるときだけロというのがありえると思うんです。

でも僕が見聞きするケースって、
その分野に完全に素人、
間違いなく上手にはできない、
よくわかってないのだけど
ロのパターンでやろうとしてるケースが多いです。

そして多くのケースでは
誘われたロのパターンでそのビジネスを開始した
”やる人”である本人が、
さらにロのパターンで”やる人”を探しているという
途上ってのがあったりします。

ここに問題点が2つあって、
人間は報酬なしに不確実なことで
かつ得意でもないので確証がもちにくいものに力を入れるとき
力を入れ続けることができる人種はなかなかいないってことなんです。

となると、
成果を出すポイントって

イ:労働力を差し出すので給料をもらう。

か、

そのビジネスかその人に本当に入れ込んで

ロ:労働力を差し出すけど報酬は成果報酬

のスタイルにせよ、

「本人が根性出して気合いれてやる」

しかないと思うのですよね。

でも、誘っている人が

ロ:労働力を差し出すけど報酬は成果報酬

という誘い方をしているときって
その人が「それが超得意」だと思っているので
そのほうがフェアだと思っているケースも多いと思うんです。

ってことは

「本人が根性出して気合いれてやる」

ということが優先っていうより、
「得意でしょ?」
ってことが誘っている理由だったりすることもあったりするんですよね。

伝わりますかね?

結論としては、
儲け話において自分の役割はたいていは
「やる人」
であれば、報酬あるなしは思惑で変わるにしても、
根性出して”やる人”としてコミットメントがあるなら乗る。

ってことになると思うんですよね。

とはいっても、
「儲け話」にのりたくなる心情を具体的に持つ人って
やる人になる気持ちがあんまりなかったりします(笑)

”からみたいけど自分がやるってイメージはわいてないし
 やり方もいまいちわからん。”

こんな感じ。

であれば僕は、

やる人としてイメージのわく分野のときだけ
のればいいと思うんです。

たとえばお金持ちのお誘いをすごく受けるなら、
なんというか気にいってもらているのだと思うんですよね。

そういう「誘い」をして成立したら
いくばくかの報酬をもらう秘書とか代理人みたいな仕事。

その払う人のお金を運用する
ファンドをやる仕事。

こんな仕事を「やる人」として
参加したほうがレストランを運営するよりも、
きっと得意なのじゃないかなと。

いかがですか?

まー、こつこつやる人をできる人はそもそも儲け話に
興味をもたずに、「自分でやろう」と思ってて、

こつこつやれない人で「やる人」になれない人ほど
「やる人募集中」の儲け話に「やる人じゃないなにかの役割」
で参加しようとするってオチもあるんですよね。

話していてまた強く思いましたが、
儲け話であろうが、自分ではじめるビジネスであろうが、
払う人、やる人いずれにせよ
「”自分がやること”を”やる人”になる」を全うできるのが
一番の儲け話かもしれませんね。

まとめ:

「あ。その話僕も絡めるかも!」

は要注意ってことで。

今回のトピックは、いかがでしたでしょうか?

このメールにそのままお返事いただくと僕が直接全部お返事しますので
感想、ご質問、ご相談など、ぜひご連絡くださいね。

【今週の雑談】

子供のお友達家族とバーベキューに行ってきました。

行ったのは母の日です。

なので、我が家母の日は前日にやりました。

娘が料理を作ってあげたいってことだったんで
当日はバーベキューでできないと思って、
前の日にハンバーグを一緒に作って振舞いました。

それはそれで喜んでもらえたみたいで
よかったです。

そして翌日のバーベキュー。

結構山奥でやりました。

ですが、お友達のお父さんが
サプライズで有名店のケーキを手配してくれていて、
なんと宅配便でその山奥まで運ぶ手配まで。

おまけに子供たちが送るメッセージカードまで
用意してくれていて、こっそり当日
書かせてくれてたりしてました。

ただただびっくり。

このサプライズに一番びっくりしてたのは
僕かもしれません(笑)

このお父さんは普段からこういう気遣いのできる
スーパーいい男なんですが、
目の前で見るとさらに感心。

なんも考えてない僕との対比がシュールな感じでしたが(笑)
みんなにいい思い出をつくってもらって
ありがたい話です。

ちなみにご職業は
女性の従業員、
お金持ちのお客様をとてもたくさん扱うサービス業の
管理職。

最近心使いのできる人の
心使いをしてくれるシーンによく遭遇するのですが、
そういう人は仕事も一流だなって思います。

能力が高い人の要素にはきっと
心遣いができる人ってのも含まれるのでしょうね。

あ、ちなみに僕は来年の花の日に
この出来事を忘れてしまっていそうな次第です。

【■編集後記】

-------------------
<<お知らせ1>>

フランス パリでの勉強会開催決定しています。
5月30日土曜日 13時ーです。

パリお申込みも開始してます。
http://www.contentslab.net/workshop_paris.html

勉強会の雰囲気を味わってもらうために
去年のロンドン様子を一部音声で公開しています。

<<お知らせ2>>

ハワイのホノルルでもやりますよー!
旅行でも偶然いる方でも仕事でもアメリカから帰国ついででも
どうぞご参加を!

7月21日(火) 13時ー ワイキキ中心部徒歩でこれる場所です!
ホノルルお申込みも開始してます。
http://www.contentslab.net/workshop_honolulu.html

-------------------

この年で不覚にも虫歯になりました。

歯医者に通っています。

で、わけあって歯を抜きました。

痛い・・・(笑)

あれ?歯医者ってこんなに痛かったけ?

というくらい苦悶に満ちた顔してます(^_^.)

でも、欧州、ハワイと長期の海外が続くので
今のうちの気がつけてラッキーでした。

おまけに、痛いは痛いにしても、
治療は優秀な歯医者さんを紹介してもらって
すこぶる快適なんです。

それだけでもありがたいっす。

とポジティブに言ってみても、
痛い・・・・(笑)

-------------------
<<お知らせ3>>

夏の渡航とかのこと続々相談いただいています!

この夏とか春に海外旅行やお仕事で海外に行かれる方。
僕らの手がける、新しいWebサービス。
アブローディングのスタッフ一同で
現地で体験したいこと。やりたい仕事。
頼みたいことを一緒に手伝ってくれる方を
お探しします。

すでにアブローディングに登録いただいた方も歓迎。
まだの方も歓迎です。

・変わったガイドして
・通訳して
・ものを探して
・泊めて

ご連絡は気軽にこちらまで。
https://abroading.net/contact/index.php

※僕らの手がける、新しいWebサービス。
 アブローディング( https://abroading.net )

世界中の日本人に助けてもらえるサイトです。

https://abroading.net

-------------------

最新の記事はこちら