すぐに役立つコンテンツ

【例のあれをやってくれる人は見つかりましたか?ほか台湾近況 No.309】

こんにちは。河野です。今日も開封して頂き、ありがとうございます。

今日は台湾からお送りしています。台湾話はこの後で。

---<おしらせ>------  ※今台湾です。さっそく面白いことがたくさんありました。
※音声版はこちらでお聞きいただけます。


→詳しくは雑談コーナーと編集後記で!
---------------

「手伝ってくれる人を探しています。」

「一緒にやってくれる人が見つかりました。」

ビジネスを一人でやっていても、これからやろうとしていても、いずれ単純なお給料という形で報酬を支払う人材採用や、パートナーシップという形で役割分担をしてビジネスをする場合などでこういう話になっていきますよね。

だって1人より2人がいいに決まってます。

でもその前段階で意外といい人を組めなかったり、OKをもらえなかったり、あまり相手が機能しないってことも多いと思うんです。

きっと10名中10名は経験しているかも。

僕にももちろんあります。

理由の中で単純なものは、お相手が期待する役割においては適性がない。やる気がないってケース。

経験している人も多いと思います。

当然すべては自分の責任だと反省して選定ミスしないように採用基準を変えようとか、いろんなことを思い巡らせます。

そんな感じですよね。

でも、自分も含めてもうちょっと潜在的な失敗の要素があるってことも思ってます。

ということで今日は手伝ってくれる人を見つけるときの失敗かもしれないあるあるを書いてみたいなと思います。

■例のあれをお願いする場合に2つある誤解かもしれないこと。

結論から言うと・・・

1:腹のくくり方が足りない。

2:いけそうな人から選ぶ。

これが一番失敗してるなと思うんです。

順番にあるあるで見てみましょう。

1:腹のくくり方が足りない。

言葉のとおりです。

「このビジネスをあなたが手伝ってくれれば うまくいくと思うのだけど・・・」

「このビジネスやりたいと思えばやってほしいのだけど・・・」

「まだうまくいくかわからないのだけど 困ってて手伝ってほしい。」

全部謙虚で人をお誘いするときにはぴったりな言葉選びだろうと僕も思っていたし今でも思うのですが、

ただ、ちゃんと一緒に仕事で何かの目標に向かってほしいと思っているなら、これでは人は動いてくれないなと。

いいように言えば謙虚。

悪く言えば無責任。

相手がやりたいというから・・・

うまくいくとは約束してない・・・

結構自分に言い訳できる言葉選びなんですよね。

他力本願がだめなんて僕は1ミリも思わないのです。丸投げもタイミングと仕事の種類によっては必要なことだなと思うくらいです。

そうではなくて、

「私はこれがやりたい。」

「私はうまくいくまでやるつもり。」

「うまくいかせてみせる。」

こういう決断がないって話だと思うんです。

別に約束をしろとか、保障しろとかそういうことじゃなくて決断の問題だと思うんですね。

プロポーズのときに、

「僕は君を幸せにする自信がないのだけど、 あなたは誠心誠意僕についてきてください。」

「僕は君を幸せにする自信がないのだけど、 僕たちが幸せになれる方法なにか思いつきますか?」

と言っていることに近い感じっていえば伝わりますかね?

これって僕もそういう言葉選びをしてしまうことが昔はあったのでわかるんですよね。

別に根拠なんてなくていいと思うんです。やる!やってみせる!

と、びっくりマークほど熱くなくて、
「やると決めたから力を貸してくれ。」

という言葉の中の「やる」という”決断”がないことで採用した人材、パートナーがうまく機能しないことや断られたりって失敗が多いのではないかと思うんですよね。

2:いけそうな人から選ぶ。

これは1番につながる話なんですが、簡単に説明できる例があります。

あなたがあんまりモテた経験は思い出せない男性だとします。(僕を含めてたいてはこの分類ですが)

すっごくタイプの素敵な女性が目の前にいるのだけどおモテになるだろうし、自分のことはあまり興味がなさそう。

なのでデートや食事に誘ったり、ましてや口説こうとかは夢にも思いません。

一方、自分のことを好意的にいてくださる女性が目の前にいたとすると、その女性はすっと口説いちゃったりできちゃいます。

書いている時点で、何重にも失礼で、何重にも男らしくなくて、何重にイケてない男の話に聞こえますよね(笑)

この例は大げささとしても、人材やパートナーシップだとこういうことをしてることが結構あると思うんです。

これを読んでいる人の中でこっそり身に覚えがあったりしませんかね?

人間の心理っていうか本能でしょうがないことだとは思うんですが、人材ってのは自分より能力の高い人を使ったり協力してもらうのが一番成果がでると思えば、やはり タイプの素敵な女性 をちゃんと口説いたほうがいって理屈になるはずなんですよね。

そこで必要になるのが、「決断」なんですよね。

「やる」と決断した。

だから、

「この人を巻き込む」と決断する。

こういうことだと思うんです。

あ。

この話。できるようで難しいです。

無理してもいけませんし、かといって身の丈で謙虚という言葉の裏には、腹をくくっていない甘さがあったりするのですよね。

もし、人を探しているとか、パートナーを探しているとか、誰も手伝ってくれないとか、

そういう感じだとしたら、自分の「決断」のありかを考えてみてもいいかもしれませんね。

意外とすっと絶世の美女を落とせるかもしれませんよ。

以上

今回のトピックは、いかがでしたでしょうか?

このメールにそのままお返事いただくと僕が直接全部お返事しますので感想、ご質問、ご相談など、ぜひご連絡くださいね。

【今週の雑談】

今日は台湾から配信しています。ポッドキャストもメルマガも台湾のホテルです。
到着からわずか2日目ですが、早速面白いことが盛りだくさんで最高のたびになってます。

・怖かったけど自らサンドバックになってみたら、学びと気づきが半端なかった件

・台湾でご縁をいただいた日本人女性のホスピタリティが半端なくて癒されまくった件

・俺は「まだまだだなー」って思い知らされた夜?

・僕は友達がほしいのだなと自覚した件

・こんな国ほかにはないぞって感動した台湾の話

・台湾の若者の話が面白かった話

実際ポッドキャストを聞いてみてください。

 

また来週も台湾の深い話をご報告しますね。

【■編集後記】

今回お世話になった方。

集合で時間も空けてくださったスイスの良子さん

いつも楽しい旅を付き合ってくれるベトナムのみちさん

いつも楽しい旅を付き合ってくれる新潟の丸山さん

忙しい合間に台湾にかけつけてくださった上継さん

台湾でありえないほどのホスピタリティで癒してくださったAさん

台湾で無理なオーダーを聞いて座談会を2回も開いてくださったTさん

台湾で手配師のように完璧な案内とアレンジをしてくれたアブローディングの浅井ちゃん。
台湾のきっかけをくださった龍羽ワタナベさん

ほかにももっといらっしゃいます。

感謝しかありません!

<<お願い>>

この夏とか春に海外旅行やお仕事で海外に行かれる方。僕らの手がける、新しいWebサービス。アブローディングの関連でアンケートをさせていただけるとうれしいです。

何の義務もありませんのですこしだけ意見を聞かせていただけると助かります。

すでにアブローディングに登録いただいた方も歓迎。そんな気がない方も歓迎です。

僕とちょっと話してくれませんか?(ちょっと話すだけが目的でも歓迎です)

ご連絡は気軽にこちらまで。kounotatsuo@contentslab.net
またはFacebookメッセージで。

<<お知らせ>>

今後の海外勉強会の予定です。

5月30日(確定) パリ勉強会やります。
7月21日(予定) ホノルル勉強会やります。
ぜひ空けておいてくださいませ。

<<お知らせ2>>

僕らの手がける、新しいWebサービス。アブローディング( https://abroading.net )
世界中の日本人に助けてもらえるサイトです。

https://abroading.net

最新の記事はこちら