すぐに役立つコンテンツ

【アジアビジネス渡航記+気合を入れてWebサイトを作るときに気が軽くなる3つのこと。】

こんにちは。河野です。
今日も開封して頂き、ありがとうございます。

 ※チェンマイとサムイ島より。今週は雑談が長いです。

 ※1月24日(土)海外で起業とか海外に行ける起業セミナー 申込開始です。
http://www.contentslab.net/jan-workshop.html

 ※かわい過ぎるわが子がスカウトされた話。

 ※音声版はこちらでお聞きいただけます。
  http://contentslab.net/podcast/mix20141216.mp3

 →詳しくは雑談コーナーと編集後記で!

「Webサイトを気合を入れて立ち上げる。」

こういうステータスにいる人って結構いたりします。

たとえば、誰かと何かをつなげるマッチングサイト。
たとえば、特殊なネタを集めた情報サイト。
たとえば、ニュースサイト。
たとえば、アパレルのECサイト。

これらをコストをかけず、
割安のASPサービスなんかを使って
軽く手作業で作る場合は、
ぱぱっと作っちゃう人も多いと思うんですが、
結構気合が入っているWebサービスを立上げたい場合、
ご本人にとっては安くないお金を使って外注したりします。

そういう時にたいていハマルポイントがあります。

・作ってもらっているのだけど一向に出来上がらない。

・どういうサイトにするか?議論だけで時間ばかりが過ぎていく。

こんなストレスのまま1年とかかかることとか
意外と多いんですよね。

ということで今日は、
結構気合をいれてWebサイトを作るときに
はまらないポイントをお話しておこうかなって思います。

■気合を入れてWebサイトを作るときに気が軽くなる3つのこと。

こういうことを意識すると、
Web制作にハマらなくて済むと思うことが3つくらいあります。

これから3つ分けて説明していくのですが、
一番大事なポイントは実はひとつの根っこに集約されていまして、

「やってみなければわからないよ?」

ってことなんですね。

これから解説する注意点は全部、

「(たくさん売る、アクセスが集まるサイトにするにはこうあるべき。」

という「答え」に沿って作っていると失敗するってことを
形を変えていっていたりします。

なぜなら、市場がすべてを判断してくれるからなんですね。
そういう目でぜひ3つを読んでみてください。

1.完成ははじまりと知る。

今のWebサイトで何が優先順位かと聞かれると
たぶん僕は”速度”と答えるとおもいます。

完成までの速度じゃありません。

1年かかるとか2年かかるとか、
もちろんいいことなんてひとつもないですが、
もっと大事な速度は完成してからの速度なんです。

なんの速度かというと、
改造、改善、修正の速度です。

当然、webサイトなんですから、
コピー、デザイン、コンテンツなんてものは
とても大事。

ただ、気合を入れているサービスっていうのは
たいていはお客さんの反応を見たことがない状態で
走っているのですね。

ということはですね、
コピー、デザイン、コンテンツといったとても大事なものが
どういうものなら正解か?ということを
誰も知らない状態ってことになるわけです。

ということは、
完成して余に出してみてからはじめて

「これじゃダメだったね?」

「こう変えたら良いかな?」

こんな修正をはじめる必要が出てきます。

このときに大事なのが
修正できる速度と気軽さ。

もし完成をゴールにしていまっていると、、、

「相当の時間とお金を使って作りました。
なんとか”このサイトのまま”で、
売れるようにしたいのです!」

って状態になっちゃったりするのですね。

Webサイトというのは、
広告のクリエイティブであり、
カタログであり、
営業マンななので

・どうすれば売れるのか?

・どうすればアクセスが増えるのか?

・何を売れば売れるのか?

この作業を繰り返すゲームだとも言えるのですね。

100万かけてサイト作成して
予算的にチカラ尽きた。

1年半かけてサイトを作ったので
思いいれが強すぎて修正したくない。

こういう相談ってもらうことも多いです。

やはりさかのぼってお話を聞いていると、
「完成形」をめざした努力を金と時間を使って
しているケースがあるのですね。

修正をする体力、気力、予算は残して、
かつ、修正の速度が遅くないサイトの設計にすることが
大事なんですね。

2.エゴはほどほどに。

たいていは、サイトオーナーの個人的な感覚で
サイトは作成していきます。

つまり、

「これだと売れる。」

というゴールに向かうのではなく、

「私が気に入るかどうか?」

「私が売れると思い込んでいるものになるかどうか?」

こういうゴールに向かいガチです。

やっている本人は大真面目ですし、
そこまで真剣に考えてやっているのですから
「私が気に入るもの。売れると思い込んでいるもの。」は、
それほどはずしてもいないのですね。

でもこの場合も1番と同じで
時間とお金をかけすぎることになりますし、
修正していくというコストや気力、柔軟さが失われていきます。

あ。僕はエゴとか出してんじゃないよ。なんてことはぜんぜん思っていないのですね。

せっかく金を出して、自分の子供のようなビジネスを立ち上げるんです。

エゴくらい出しましょうよとも思います。

「ほどほどに」ってことなんですね。

エゴが100の値だとしたら
エゴを40くらいで作成して、
修正しながらエゴを60投入していく。

こんなバランスがいいのじゃないかと思います。

そうするとエゴを入れたくても、
リリース後はいやでもマーケットの審判をうけちゃうんで
そこまでエゴを注入しなくなるメリットもあるんですよね。

3.未来の設計は無限地獄

たとえばニュースメディアを作るとしましょう。

ニッチな分野に絞ったニュースを
配信してくれる総合ニュースサイトだと仮定しますね。

よくあるケース、、、、

「カテゴリはどうしよう、、、芸能、政治、経済は決まりだよね。
 でも芸能の中にもアイドルとか、演歌歌手とか、声優とか分けるといいかも。
 でもカテゴリ意外に、記者をエリア別とか性別とか年齢別に
 選べるようにしたいよね。
 でもプロフィールて検索するようにするのだったけ?」

こういう会議というか打ち合わせとかってありがちです。

みなが利用する人気ニュースサイトにしたい。
という思いが強すぎて、完成形の議論が
迷宮にはいっていきます。

でもスタート当初は経済のニュースだけが
数本ずつアップできる状態だったりするのですよね。

この場合も「完成形」を目指しすぎる失敗パターンだと
僕は思うんです。

リリースするまで、

・どんなコンテンツが反応(アクセスとか滞在時間)良いか?

・どれくらいのペースでどのカテゴリの記事が増えるのか?

こういうことってわかってないのです。

当然リリース後に、
スカスカのサイトになってしまって、
コンテンツのカテゴリを絞ったり、
思わぬカテゴリが反応がよかったり、
修正するポイントがいくつもでるのですよね。

その場合に重要なのは

・どうなってもそれにあわせてソートができて
 検索できること。

という機能だったりするんですよね。

極論カテゴリわけなんて最初しなくてもいいくらいです。

つみあがってから何を目立たせるか
どんなわけ方が反応がいいかがわかってくるからなんですね。

ここでも同じポイントにいきつきます。

完成形は目指さず、早く手軽にカテゴリわけが修正できるように
するほうが合理的なんですね。

いかがですか?

・いつまでたってもサイトができない。

・納得いくサイトにならない。

・カテゴリとか分類で悩む。

こういうときは、

「何がいいかはリリースしてしかわからない。」

「手軽で早く修正していけるかがミソ。」

これを意識して
完成させてみるといいのじゃないかと思いますよ。

以上

今回のトピックは、いかがでしたでしょうか?

このメールにそのままお返事いただくと僕が直接全部お返事しますので
感想、ご質問、ご相談など、ぜひご連絡くださいね。

【今週の雑談】

今週はタイの南にあるサムイ島から
すごく興奮しながら書いています。

1週間の渡航だったんですが、
今回は別の国いかずタイの地方を転々とするたびでした。

バンコクに一日だけ、チェンマイに3日、サムイ島に2日です。

今回の渡航はとにかく不思議なことと
感謝することがたくさん起こった旅でした。

聞くと単純なのかもしれませんが、
まずは行きの飛行機。

僕は勉強会の前日の朝の便で
余裕をもっていたはずなのですが
この便が 飛行機の故障でまさかの欠航。

たまたま便が一緒で同じ勉強会にご参加の二人と
延々と待ちぼうけをくらってました(笑)

10:00搭乗が14:00に遅れ、
待たされたあとで15:00頃欠航が決定。

当日最速で別のバンコク便に振り分けるというとで、
19:00まで待っていたのですが、
まさかの 振り分けギブアップ宣言。

吉本新喜劇みたいに
みんなずっこけてました。(笑)

僕は勉強会が翌日だったので、
やばいなと。

で、ダメ元で一番偉い方に「ある方法で」お願いしたところ、
なんとか最終のJALに乗せてもらえることに。

まさにファインプレーでぎりぎりセーフです。

お名前なんてかけませんが
その方に本当感謝です。

そして本当はバンコクにご一緒するはずで
ご本人にも予定が狂うにもかかわらず、
快く「先にいきなよ」って行ってくださった二人にも感謝です。

そんなこんなでなんとか開催できた
勉強会は、ものすごく楽しかったです、

実はアジアエリアの勉強会は
毎年同じ時期にやっていまして
今年は「変化」をテーマに話をしたんですが

去年よりみなさん例外なく
成長されていて、例により刺激は半端なかったです。

学びというより自動的に成長するスイッチという
そんな言葉のほうがあっているなって最近思います。

僕も自分の変化を、すこしはずかしかったですが、
お話して、またいいアファーメーションになったなーって思います。

懇親会もたくさんの方とお話できて
2次会では屋台で夜通し話してました。

男性、女性ともに夜中までおつきあいしてくださり、
とても楽しい時間でした。

で、今度は友人でもあるメンバーさんと
チェンマイに行ってきたんですが、
そこでアテンドを無理にお願いした方に
たくさんの引き寄せをもらいました。

そもそも友人がオーガニックコットンの生地を
仕入れたいことで第一の目的はそれだったんですが、
偶然はいったお店がオーガニックコットンの
輸出ではタイ一番のカリスマのお店だったり、

つれていっていただいた縫製向上が
名だたる日本のアパレルブランドの
縫製を受託している向上で、
小口のロットで製造を安くしてくれる場所は
なにげにチェンマイにあったことを知れたり、

さらに、ご本人が経営されているヨガや
タイマッサージの教室をアブローディグで
使わせていただけることになったり、

夕食では、占いの技術で
「いける」という元気ももらえました。

(詳しくはポットキャストで話してます。W)

楽しい時間があっというまでしたが、
急な連絡にもかかわらず
(直前まで日程飛行機宿泊全部
決めずに押しかけました。W)
大変よくしていただいた
まいこさん、まみさんに感謝です。

で、最後は思いつきで
バンコク勉強会にきてくれていた友人から
「サムイ島波あるかもよ?」
とはっ!とする言葉。(笑)

サムイ島はタイの南にあるリゾートなんですが
冬の間波がでるのですよね。

12月はまだないって通説を
なぜか信じていた僕だったんですが
うねりがきているかもってことに
思い至らなかったんですよね。

で、急遽最後の2日間をこちらに移動したわけです。

そして今日。

各地で仕事をしてくれている
コンテンツラボのみんなに感謝。

サーフィンできました。

最高でした。

だめです、やっぱりこのアドレナリンって
何者より強烈です。

そして今回は友人も一緒にサーフィン。

仲間と波乗りってやばいんですよね。

ということで、
今回も最高の渡航になりました。

支えてくださる方に囲まれて、
この仕事しててよかったです。

・・・
最後にこんな長い日記を読んでくださった
みなさまに感謝です(笑)

(コーナー説明)

僕が日ごろビジネスに限らずいろいろと思ったり
知ったりしたことをユルクご紹介するコーナーです。

なのでたまーに。「今週はなし」とかもあるかもしれません(笑)

【■編集後記】

渡航中に妻から連絡が。

「息子がスカウトされた!」

「そっかーあいつも可愛い顔しているしなー。。。」

と親ばか前回で思いいってました。

デビュー^したらどうしよう。
Youtubeチャンネルを俺がつくってあげよかな。

その5分後また連絡が。

「なんか撮影代とかレッスン代とかで何万も金がいるみたい。」

(笑)

よくある”あれ”だったみたいです。

てことで
うちの息子は僕のせがれ以上ではしばらくなさそうですね。

<<お知らせ1>>

1月24日(土)海外で起業とか海外に行ける起業セミナー 申込開始です。
http://www.contentslab.net/jan-workshop.html

1月24日東京で合同のセミナーをすることになりました。

今回は”ビジネス”というテーマでの勉強会兼セミナーです。

女性が多くご参加されます。
なので女性にもおすすめです。

なぜかというと・・・

日本はもちろん海外にも
ファンを多く持つカリスマ女性起業家の方2名との
合同セミナーだからなんですね。

僕自身のだからこそとっても楽しみにしています。

セミナーという名前をつけていることからもわかるように、
結構ガッツり話すのは4年ぶりかもしれません。

僕のパートでは今のリアルなトピックをご準備します。

ネットの今。(すごく変わりましたからねー)
海外をからめたビジネスをするならこれ。
タイプ別 いまどきのネットのビジネスの使い方

あ。お席は20名なのですが、
僕だけじゃないのですぐ埋まる気がします。

お申込はお早めに。
1月24日(土)海外で起業とか海外に行ける起業セミナー 申込開始です。
http://www.contentslab.net/jan-workshop.html

<<お知らせ2>>

僕らの手がける、新しいWebサービス。
アブローディング( https://abroading.net )

世界中の日本人に助けてもらえるサイトです。

https://abroading.net

年末年始の渡航にどうぞ。

最新の記事はこちら