すぐに役立つコンテンツ

【売上げを増やしてパンクしちゃえ!スモールビジネスのジレンマ】

こんにちは。河野です。
今日も開封して頂き、ありがとうございます。

 ※ビジネスがちょっとだけ回ったら休憩しなきゃ。の話。

 ※チーズ嫌いの憂鬱。

 ※12月12日バンコク勉強会会場受付中。楽しい感じになってます。
  http://www.contentslab.net/bangkok_2014.html
 
 ※音声版はこちらでお聞きいただけます。
  http://contentslab.net/podcast/mix20141028.mp3

 →詳しくは雑談コーナーと編集後記で!

「忙しい。もう無理。でも人を雇うには売上が足りない。」

「時間(つまりは人)が足りない。人を増やしてから売上げを増やします。」

一人でビジネスを始めるとたいていは近いうちにこうなります。

どこにでもある風景ですよね(笑)

僕もあの手この手でいろんな人いろんな業態で
解決しようと試みてきたつもりです。

でも簡単には解決しないまま何年か経過。

これもどこにでもある風景です。

今日もここ最近出ているこの忙しくなってきた系の話でも、
僕の考えていることの中でも
いたってシンプルな解決策を話てみたいなって思います。

■パンクしちゃえ。

たいていの思考回路ってこうです。

「忙しい。もう無理。でも人を雇うには売上が足りない。」

こういう場合やることはひとつ。
マーケティング、セールスのプロセスを
今の仕組みのまま拡大することと
新たな経路を増やすこと。

同じ広告メディア(たとえばアドワーズやらYahooやら)
の予算を増やす。

別の広告メディアに出す。

BtoBの販路を探す。

そこそこ軌道に乗せたって時点で
優秀な方ばかりですから
100%全員がわかりきっていることです。

でもできないんですよね。

理由はひとつ。

人を増やしている間
(つまりいい人が見つかったり、
 いい人に育てたりしている間)
増えた受注の対応を自分がやるはめになるので
これ以上できないというブレーキが入るからじゃないかと。

1日は24時間ありますので、
マーケティングに裂く時間って
間違いなくみんなあるんですよね。

そもそもマーケティングってのは
仕掛けとレビューの繰り返しなわけで
作業ってだけだと稼動時間が長いってわけじゃありません。

忙しいからマーケティングをする時間がない
わけじゃなかったりすることが多くって、

要するに、
忙しくなるのは困る。
忙しくなるのはしんどい。
忙しくなってお客さんに迷惑がかかる。

理由はいろいろですが
要するに自分がやるのはいやだなーと。

こういう感じ。

「時間(つまりは人)が足りない。人を増やしてから売上げを増やします。」

これなら大丈夫に見えるのですが、
実は同じなんです。

人を雇ってから。

ってことは
コストをいくらかはかけるわけで、
固定費じゃないにしても
”今あるものから減らす。”
って作業をすることになります。

心理学の書物によると、
人は

得られる欲望

よりも

失う恐怖

のほうがはるかに強いそうです。

つまり、
お金を減らして、増やすための準備をする。

みたいなことに
舵を切れるのってある種経営者
リーダーとしての才能
マインドが完成している必要があったりすると思うのです。

僕もいろんなメンバーさん
お友達とお付き合いしてきましたが
ここをスッとできる人って
やはり才能だなって思います。

(あ、僕はできなかった口ですよ(笑))

で、結局、
「売上げが増えたら・・・」
みたいな話に落ち着いて、

「今の感じが限界なのだけど、
 増えるでもなく減るでもなく。」

みたいな均衡になる感じが多いのじゃないかなと。

この解決策って、
僕は自分の会社のことも含めて
えらく小難しく考えてきましたし、
この小難しいことが効果をそうしたことも多いのですが、
クソシンプルな方法もあると思っています。

単純で、

”パンクさせちゃうくらいお客さんを増やす。”

ということです。

実はマーケティングって
作業の総数はそれほど多くありません。

思考錯誤の回数とか、
頭脳とうのは使うのですが、
作業そのものは、たとえばデザインをするなら3日日とか
アテンドするならまる1日とか
時間を占有されますよね?

でもマーケティングってのはそこまで時間を使ったりしないのです。

なので実はすぐに、目の前のこととして、
できることってマーケティングの強化だったりするのですね。

忙しい中でできる作業は何か?
って考えてもこれが一番早いと思うんです。

で、すべては後で考える。

これが何かのステージを上げるシンプルな手法に
なっているケースって多いと思います。

しかも・・・

意外と自分の対応可能の許容範囲が
結構増えたりします。

クオリティを下げていないのに。です。

これは人を使うようになるとわかるんですが、
人間ってやることの量と納期に応じて
速度を変えちゃう修正があるんですよね。

夕方までと決まっていれば夕方までにやるし、
午前中までといわれれば午前中にやったりします。

この人間って納期と量に合わせて
能力を変化させるってところがポイントでして、

毎月50件のお客さまを対応しているとすると
一人で意外と100件できたりします。

かつ、本来の課題であった人の問題。

これは101件目から、
絶対自分でできないとわかっていますし、
第一金が減るというデメリットを感じてない状態で
探すのですんなり決まったりします。

もちろん人材を探すとか育てる工数はなんともしがたいのですが、
自分の速度はあがっていますので、
探すとか育てる速度を上げたりするのですよね。

伝わりますかね?

ちょっと精神論にみえるのですが
たぶん脳科学あたりでは証明されてる気がします。

人は自分の仕事の場合だけ
許容範囲と納期と速度を
最適化する。

ってことなんです。

もちろん。。。

・人をどう採用して

・どうやって理念を共有して

・チームをどう作るか?

とかってすっごく大事。

でも、
自分の作業量と相談して
仕事の量を制御するために
売上げを増やそうとしなかったり、

お金が減るのは嫌だなーって気持ちで
人を採用できなかったりしていると
何もどうにも進みようがないのですよね。

ってことで単純な解決策は
劇薬ですが
バンバン、集客してパンクさせちゃうって方法かと。

マーケティングは
非常に重要なのだけど
オペレーションよりは作業時間の総数はかからないのです。

であれば
ちゃっちゃとやっちゃって
パンクさせるのも、景色を変える薬じゃないかなって思います。

以上

今回のトピックは、いかがでしたでしょうか?

このメールにそのままお返事いただくと僕が直接全部お返事しますので
感想、ご質問、ご相談など、ぜひご連絡くださいね。

【今週の雑談】

「でも起業したら休憩も必要だよね。」

今日のメイントピックは、
「パンクするくらい仕事を取れ!」
って威勢のいい話でしたが、
まったく逆の話をしています。

それは欧州のメンバーさんと話してたのですが、
その方は今シーズンすっごくがんばられました。
(生意気な言い方ですが、本当すごいんです。)

忙しい時間を縫ってコツコツコンテンツも出して
広告でもおもいきってお金もつかってテストして。
運用もしっかりこなして。

おかげさまで、
シーズンにはお断りするくらいお客様からの
ご依頼が来ていて、
1シーズンで回したといってもいいと僕は思っています。

これからオフシーズンにはいるのですが
やることはひとつ。

同じことを繰り返して拡大すること。

つまり、広告の量を増やす。コンテンツを増やす。
だから人も増やす。

これだけです。

今から1ヶ月、3ヶ月でやることをペらペら話せといわれたら
いくらでも話せます。

でも僕は

「ちょっと休憩なさってもいいですね。」

って話をしていたんですよね。

ご本人も聞くとそういう気分だったとのこと。

なんか「ヤレヤレ」言っている僕が言うのも
変に感じるかもしれませんが、
こういうタイミングって必要だと思うんです。

特に0から1にした直後って結構しんどかったはず。

いや。しんどかった人ならなおさらちょっと休む
っていうか 儲けたことをかみ締める。

そういう時間がいるのじゃないかと。

ほしいものがあるなら買う。

とか

意味なく高級旅館で温泉につかる。

とか

仕事をひとつ嫌な人なら断ってみる。

とか

旅をしてみる。

とか

高いネイルとスパとエステに行く。

とか

だれかに自分のビジネスを自慢してみる。

とか

簡単に言うとご褒美ですね。

自分へのご褒美がある人は
金持ちにならない。

とか言われて言いますが、
お金を永続的に得ていくなら
継続力ってのが必要なわけで、

毎日毎日動画撮影して、日中朝から晩までアテンドして、
夜はメール対応して 睡眠5時間。

みたいな生活に夢を抱く人なんていないわけです。

きっと年収1億でもそうじゃないかな(笑)
たぶんですが。

当然ビジネスだから
今日のテーマのように
だんだん人を雇っていって
自分じゃなくてもできるようにしていくことが
面白いのであって
何も休憩しなくたって
楽しくなっていくわけです。

でも、あるタイミングタイミングで
楽しい感じ。
気持ちよい感じ。
を感じていないと。

ずっとこんな感じだといいのにな。

って思いも抱きにくいのじゃないかと。

忙しすぎるとたぶん通帳も
見なくなる人多いいのですよね。

努力と継続でだんだん楽にはなるのですが、
それが見える化するためにも
休憩ってか褒美的なものは僕はいると思うんです。

2から3にするときとかは
それほど必要ないのですが
(十分楽しい感じは知ってしまっていると思うんで)

0から1になったときって
燃え尽きて もうしんどいって思うことも多いので
やはり必要かなって思います。

あ、ただ現状維持でいいやと思って
遊ぶのはいけないなと。

やはりビジネスって生き物なので
現状でいいやと思うと必ず衰退するのですよね。

別に野心的であれとも思わないのですが
衰退しないために
心地よい状態を維持するためだけであっても
進化はいるわけで、

その努力をまた始めるためには
楽しいじゃんってな感覚はもっておくほうがいいと思うんです。

今週はそんな話をしていました。

(コーナー説明)

僕が日ごろビジネスに限らずいろいろと思ったり
知ったりしたことをユルクご紹介するコーナーです。

なのでたまーに。「今週はなし」とかもあるかもしれません(笑)

【■編集後記】

<<お知らせ>>

12月12日金曜日 バンコクで勉強会 申し込みはじめってます。
楽しい人からのお申し込みもいただいています。楽しくなりそうです。

http://www.contentslab.net/bangkok_2014.html

タイ、マレーシア、シンガポール、ベトナム、インド、日本各地から
面白く、刺激的な人たくさんご参加予定です。

ビジネスもしているお友達もたくさん来てくださるってことで
にぎやかになる予定です。

ぜひぜひみなさん集まりましょう。きっといいことありますよ。

お申込みはこちらから。
http://www.contentslab.net/bangkok_2014.html

<<こっちが編集後記>>

「チーズ嫌いな人」あるある。

・チーズのにおいがまじで無理。

・イタリアでチーズ嫌いですとか言うとチョトンとされる。
 (何しにいたんだ?おまえ?)

・ピザは食べれる。

冗談みたいな話ですが、
チーズ嫌いは たいていピザだけ食べられます(笑)

ちなみに僕はチーズ嫌い。

44年間ずっと嫌いです。

小学生の頃 給食のチーズは
食いしん坊の友達に上げていました。

家族からは「つまんない人」といやみを言われます(笑)

でも大発見がありました。

場所はタイランド。

現地に最近できた人気のイタリアンに行ったんです。

そのとき一緒にいたメンバーさんが、
たのんだのがモッツァレラチーズ

よくトマトとはさんで出てくるあれです。

モッツァレラチーズ

僕のイメージは
もろチーズじゃん。

でもなんか間違って酔ってたのか
食べちゃったんですね。

なんと!臭くないじゃない。

ピザ的な感じだ!

もうひとつあるあるを見つけてしまいました。

チーズ嫌いは
モッツァレラチーズなら食べられる。

人生 知らないことって多いですね。

これからイタリアンに行くのが
もっと楽しくなりそうです。

【■ご依頼】

僕らの手がける、新しいWebサービス。
アブローディング( https://abroading.net )

世界中の日本人に助けてもらえるサイトです。

https://abroading.net

バンコク プノンペンでも
賛同者をたくさん得ることができました。
ぜひのぞいて、使ってみてください。

最新の記事はこちら