すぐに役立つコンテンツ

【やる気のスイッチはどこにある?行動が伴う人になる3つの原則+1】

こんにちは。河野です。
今日も開封して頂き、ありがとうございます。

  ※・新潟でのミニ勉強会&公開収録 5月18日最終申込受付中です。
    http://www.contentslab.net/seminar-niigata.html
    詳しくは編集後記で!

「あなたは行動力のある人ですか?」

ビジネスをしていてつくづく感じる本質。

それは、「やる。」「やってみる。」「やり続けてみる。」
こういうことに集約されるよねってことです。

要するに”行動力”だけが収入すら決めている気がします。

でも多くの人の実態は、

「時間がなかなか取れません。」

「悩んだり迷ってしまって行動に移れません。」

「なぜか進めることができません。」

と、行動すれば成果がでるとわかりきっている人でも
行動が伴いません。

もちろん僕もです。

でも僕はこれは致命的だと普段から感じているので
自然に行動するようにどうすればいいか?
自分のためにも多少検証したり実践してきました。

結果、行動が伴う人になっている瞬間って、
僕、多くのクライアントさん、周りの起業家仲間を見ていて
共通するエッセンスがあるなって思うんですね。

ということで今日は、
行動を伴わせるためのコツや考え方をお話したいなって思います。

■はじめることをはじめる。

僕が”行動”を伴わせる方法を考えている中で
とっても勉強になった本があります。

それは、池内裕二さんという学者さんが書いた
脳の動きについての何冊かの書籍群なんですが、
そこには納得の事実がたくさん書いてありました。

で、そのうちのひとつがこれです。

・脳がやる気を出すことは「やる気を出す」という意思の力ではできない。

ということなんです。

どういうことかというと・・・

脳は外的な要因=スイッチが入らないと、
そもそもやる気にならないそうなんですね。

わかります?

内面(脳みそとか心)でやる気が出る。 → 外面で行動する。

この順番じゃないんです。

外面で行動する。 →  内面(脳みそとか心)でやる気が出る。

簡単にいうと、ジョギングを日課にしているとするじゃないですか?

家で「よし走るぞ!」というやる気ガ出ると走りたくなる(行動)
のではなくて、

やる気なんて関係なく靴を履いて外に一歩でで、1メートルでも
走り出したらそこで、はじめて脳みそがやる気を出すということなんです。

これは相当納得できます。

小さい話でもないですか?

テレビドラマが面白くもないのに、
見始めてしまうと、その気になってみてしまう。

だんなさんの白髪を見つけて、
丁寧に抜いてあげる気はないんだけど、
抜き始めたら永遠に没頭してしまう。

こういうことなんです。

ということはですよ?

行動するには、行動し始めることをなんでもいいから初めてみればいいんです。

はじめることをはじめる。

これに集中するわけです。

たとえば、朝5時にトイレにおきます。

眠い・・・。

パソコン開く?

ありえませんよね。

でも開くんです。

そしてブログの管理画面を開き、
かすんだ目で「記事の編集」メニューを開いてみます。

なーんにも思いついていませんが、

「こんにちは。河野です。」

と書いてみます。

だまされたと思って一度やってみてください。

たぶん”何か”書いているうちに思いつくんですよね。
不思議なもので。

僕も今日のニュースレター。

書くことは直前まで考えていませんでしたし、
思いつきもしませんでした。

でも、タイトルに「今日は何を書こうかな、なんかないかな・・・」
と書いてみたら、不思議なことにアイデアがでるものなんですね。

なんでもいいから、
はじめることをはじめる。

これはとっても大事です。

・サイトを作らないといけないのなら、
 テキストエディタやフォトショップをとにかく開いてみる。

・ワードファイルを開いて、「サービスと費用」とか
 書き出してみる。

・人を雇いたいなら「ランサーズ」にアクセスして
 アカウントを取得してみる。

”はじめること”を、”はじめて”みてください。

■なりきってみる。

2つ目のコツは、
僕自身が意識していたことなんですが、
なんと池谷先生の本に書いてありました。

なので脳的にも正しい見解じゃないかと。

それは、「自分を演出してみる。」ということなんです。

たとえば手始めに名刺。

ネットでビジネスをする限り、
本来必要ありませんよね。

金がかかるだけ無駄です。(笑)

でもあえて作るんです。

もしネットショップを始めてみたなら、

”○○店 店長”という肩書きにしてみるとか。

”代表”という肩書きにしてみるとか。

こういう風に何もなくても、なりきってみるわけです。

メールの署名を変えてもいいです。

極端に言えば会社を作ってもいいですよね。

いきなり作るんです。

会社なんて儲かっていなければ実質維持費は
年間でも10万くらいじゃないかと思います。

これで「やる気」が手に入るなら安いものじゃないかと。

あとは、マックブックとiPhoneをそろえて、
ノマドなフリーランサーなんかが集まるカフェにいって
わざと仕事してみるとか。

自己紹介で○○のビジネスをしています。

と言ってみます。

「まだはじめたばかりなんですけどね。えへ(笑)」

なんて保険はいりません。

なりきる遊びのようなものですから
大いになりきってみるんです。

そうすると、
脳がだまされて、そうしようと動くというからくりです。

■反射的にやる。

3つ目もすっごく簡単なくせに効果絶大なんですが、
反射的にやっちゃうってことです。

”思いついたらすぐにやる。”

言うほど難しいことはいっていません。

1つ目のコツも組み合わせると実はそれほど
難しくありません。

”思いついたらすぐに、はじめることをはじめてみる。”

これだけでいいのですね。

たとえば、僕が今年各地でやっているミニ勉強会。

アイデアとして思いついても、

「会場はどうしよう・・・」
「空いている場所探さなきゃ・・・」
「ページも作らなきゃ・・・」
「原稿書かなくちゃ・・・」
「いつのニュースレターで告知しようかな・・・・」

こんなこと考えていたら
忙しさもあって永遠にやらなかったと思います。

でも僕は、

思いついたその日に、はじめることをはじめてみたわけです。

会場とか人数とか内容とかページとかはすぐできる時間がありませんでした。

なので、ポッドキャストで「参加しますか?」というアンケートをとる
ということからはじめることをはじめてみたわけです。

その週の配信ではアンケートを告知してしまったわけです。

あとは自動的に自分の言ったことが追いかけてきますから(笑)

1つ目のやる気があとからついてきたんですね。

何かをそろえるとか、ちゃんとしてからとか、
そういうことを考えた瞬間に行動の量って半分以下になると思います。

人と合うならその場で日時を決めないとだめです。

僕はそうしないと半年以上会えないです。(笑)

「○○をしたら 次に○○」

と考えるなってことなんです。

「今できることって何だ?あこれだけやっておこう。」

こうして欲しいってことなんですね。

不完全でもいいんです。

行動力って反射神経だと思うんです。

しかも年齢とともに劣化はしない反射神経。

使わない手はないと思うんですね。

■選ぶんじゃなくて消す

あと最後にプラス1つおまけのコツを。

効果があるものはどれだ?と
論理的に選びすぎると行動の量って
驚くほど減ります。

あたりまえですよね。

・失敗しなさそうなこと

・成功しやすそうなこと

・見返りの大きいこと

・自信のあること

これを選ぶわけですから、

「考えて、悩む」

時間がほとんどになります。

これだと成果は逆に遠いなって思うんですね。

何度もいいますが、おそらく”行動量”がすべてを決めると思います。

”すべてを”決めると思うんです。

そうなると失敗するかしないか?

とか些細なことなんですよね。

失敗したら、「頭をかいてごまかしてください。」(笑)

失敗を10個やって1個だけ成功すると
失敗って不思議と気になりません。

なぜかというと「成功」という自信があるからなんです。

でも吟味した1つの行動で1つ失敗して
成功が0個だとどうですか?

「失敗した量が1つでよかった。ラッキー」

って感じないと思うんです。

「せっかく選んだのに失敗しちゃった・・・はぁー。」

みたいな(笑)

わかりますかね?

これが行動量を圧倒的に増やすコツだと思うんですよね。

もちろん、

こんなこと意識しなくても、自然に体が動くくらい
好きなことをビジネスにできればいいですよね。

でも実はこれも同じだったりして・・・

「やっているうちに好きになる。」

そんなもんじゃないかなって思います。

さ!このメールを読んだらすぐに、

「”はじめること”をはじめましょう!」

以上

今回のトピックは、いかがでしたでしょうか?

このメールにそのままお返事いただくと僕が直接全部お返事しますので
感想、ご質問、ご相談など、ぜひご連絡くださいね。

————————————-

過去3週のネタ

【そろそろ人材を採用しなければならないのですが・・・】

【起業している人が大事にしている習慣を聞いてみる】

【起業の最適なタイミングってどんな時?】

※ニュースレターの以前のバックナンバーはコチラから

<ポッドキャスト版>好評いただいています。
http://www.voiceblog.jp/contentslab/
<ニュースレター版>
http://www.contentslab.net/category/news-letter

————————————-

【編集後記】

新潟の勉強会5月18日土曜 駆け込み申込みは追伸から!
(公開収録ですが匿名でもご参加可能なのでご安心を。
 面白い人たくさん来ますよー。)

ちょっと、感心した出来事があったので聞いてください。

わけあって、自宅を引越しをすることになりました。

で、引越し業者を探さなきゃってことで、
一括見積りサイトを利用させていただきました。

そうしたらなんと、
送信ボタンを押して1秒後に電話が!

「見積り依頼をいただきましてありがとうございました。」

依頼した業者のうち1社のコールセンターからです。
それほど大手じゃないですよ?

それだけでも相当驚きましたが、

「30分おそくても1時間以内にご訪問して見積りできますが
 いかがですか?」

30分でくるっていうじゃないですか、
いちいち別の日に約束するのも面倒なんで
来てもらうことに。

そしたら、本当に営業さんが1時間以内に到着。

で、手際よく見積もりして、
手際よく値引きして、

「決めてくれたらあと○円引きます。」

と見事なクロージングです。

僕はこういうの最安を探すとかするのが
面倒になるたちなのと、

「せっかくすぐにきてくれたし、
 親切だし。」

みたいなことに影響されるタイプなので
一切比較をせず決めちゃいました。(笑)

で、その後職業病で営業さんを質問攻めにしてたんですが、
なんでも 厚木から昼飯を中断して飛んできたとのこと。

引越しって見積りに来てもらうのがおっくうになるので
1番最初に訪問したときが突出して成約率が高いんだそうです。

かつ、ネットで見積り依頼するときは
家にいることが多いので、出かけるかもしれないであろう
30分くらいで到着するとアポが取れる率が上がるそうです。

だから、コールセンターの人も
飯くってても張り付いて、
営業マンもいつでも飛んでいけるよう臨戦態勢なんだそうです。

ただ、ただ、感心。

これがわかっていても、
なかなか実行できないと思うんですよね。

社長だったら違いますが、
担当者が自らやっているってのも驚きました。

僕らの業界でも返信は早ければ早いほうが
成約率が上がるっていうデータがありますが、
それを徹底するとこうなるんでしょうね。

僕が自分の会社でこれと同じことをしろと
いわれると選択したくはありませんが、
しかしすごいな。と。

みなさん引越しするときは
そういうところも見てみてください。

■追伸1

(お知らせ)

新潟市内でのミニ勉強会&公開収録
5月18日(土曜)午後14時から

現在7名のご参加予定です。
申込みフォームも公開しております。
ご参加くださる方お申し込みをお願いします。

<新潟市内 ミニ勉強会の申し込みはこちら>
↓↓↓↓

http://www.contentslab.net/seminar-niigata.html

※もしかしたら名前が公開されたり、
 意見を言わないといけないと思っている人へ。

 そんなことないのでご安心を。
 統一もお名前を匿名にすることもできますので
 そういうのをお気になさっている場合は
 躊躇なさらないでくださいね。

新潟も面白い人きますよー。詳しくはページをごらんください。

ミニ勉強会は参加者の方からとってもよいご評価をいただけます。

迷っているくらいなら、
興味がおありなら絶対出ていただいたほうがいいと思います。

モヤモヤしている方にとっても、
最初の1歩としてはいいのじゃないかと思います。

お会いするのをすっごく楽しみにしてますね。

申し込みはこちら。

<5/18 新潟市内 ミニ勉強会の申し込みはこちら>

↓↓↓↓
http://www.contentslab.net/seminar-niigata.html

■追伸その2

ベトナムでの田中さんとの
起業家インタビューシリーズ。

やっとリリースできる運びになりました。

といってもなんの複雑な事情があったわけじゃなくて、
僕がサボっていただけという話なんですが、
本当によい内容になっていると思います。

海外に興味がる人ない人関係なく
絶対聞いたほうがいいと思います。

それだけの内容を田中さんが包み隠さずお話いただいているのですね。

何かを強要することはあまりありませんが、
これは聞いてください。

絶対聞くべきですよ。

あ。そうそう。youtubeで当日のダイジェストをアップしています。
雰囲気を見たい人はこちらでごらんいただけます。

(youtubeで当日のダイジェストをアップしています。)
http://bit.ly/10iGmhl

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

ベトナムからオーダースーツを売ってみた

あなたは本当の海外進出を知りたくありませんか?
資金もコネもない人間がベトナムでネットビジネスを連続で成功させた秘密

田中通隆さん × 河野竜夫 編

http://www.contentslab.net/kigyokataidan/tanaka-san.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■追伸その3

個人でもFace Book 結構書き込んでいます。
仕事、プライベート。

そんな書き込み気になる奇特な方は
友達申請するなり、フィード購読でもしてください。

河野のFace Book

http://www.facebook.com/kounotatsuo

また、このニュースレターとポッドキャストの
FaceBookページが実はあります。

http://goo.gl/hMxqN

よろしければ「いいね」よろしくお願いします。

最新の記事はこちら