すぐに役立つコンテンツ

【40代既婚で子持ちの起業術】

こんにちは。河野です。今日も開封して頂き、ありがとうございます。

僕は40前で会社をやめて完全に独立しました。37歳の時です。

赤ちゃんがが1名。妻が1名(あたりまえですが)いました。

収入が続く保障もなく、預金もほとんどありませんでした。

自信家でしたから「なんとかなるだろ」とは思っていました。

でも、ふたを開けてみたら、業績が一向にあがらず、預金が減っている中で、恐怖におののく日々もある程度経験しています。

逆に、業績が急転し、優秀な会社のメンバー、クライアントさんにも恵まれ、喜びや人間的な成長を感じることも経験しました。

あ、今日は僕の苦労話なんかがしたいわけじゃなくてですね、

そんな僕から、同じ立場にいる方へのメッセージがあるんです

伝えたいことはたーくさんあるですが、その中でも、たったひとつだけ言いたいことがあるんですね。

ということで今日は、”おっさん”な人とか、”美しくはあるけれどもヤングではないかもしれない女性”で起業したいなーなんて思っている人へひとつだけ伝えたいことです。

■今を生きてますか?

40代くらいで起業したい人や起業したばかりの人に一番伝えたいことはたった一つです。

「今を生きてますか?」

ということなんです。

以前の僕も含めてですが、40代くらいで起業したい人や、起業したての人って、心が ”今” にない人が多い気がするんです。

たとえば、成功欲が強い人ならだれしも成功法則は活用すると思います。

・明確な高い目標をたてる。・達成する期限を決める。・情熱を持つ。

こういうやつですね。

でも僕は起業予備軍の人も多く活用する成功法則には副作用があると思っています。

それは、

”今を生きることができなくなる。”

ということです。

どういうことかというと・・・

「今の自分は目標もぜんぜん達成できていない。 なんてイケていないんだ。」

「今の自分は仮の姿で、 将来のあるべき姿が自分の本来の姿だ。」

「今はこの勉強をしているけど、 いつかはきっと!」

こんな風に思ってしまうわけです

ここまでいってしまうと、間違いなく”今”を乱暴に扱います。

・今の仕事
・今の人間関係
・今の生活
・今の消費
・今の時間
・今のお客さん
・今の収入

すべてを”仮のもの”として扱うというか”わずらわしいこと”として扱ってしまっているんじゃないかと。

これは間違いなく成功法則の副作用です。

今に感謝して、今を楽しめない人は将来にあるべき姿になってもおそらく次の成功を目標設定してそのときの”今”は、仮の姿になってしまうんですよね。

たぶん。

僕はそうでした。

会社を辞めて自由になると決めて、自由になるまでは”仮の姿”です。

その後、その通り会社をやめて時間が自由になって充実した毎日になったとします。

でも、その瞬間に年収2千万とかの目標を設定して、”今”はまた”仮の姿”になるわけです。

今を生きていない例としてはもうひとつあります。

成功法則の副作用に近いのですが、

”いつか○○する病”です。

「子供が大きくなったら起業するぞ。」

「今の仕事が落ち着いたらビジネスするぞ。」

「この学習をマスターしたと判断したらビジネスはじめるぞ。」

「まずはこのビジネスでもやってお金に余裕があれば海外に行けるようになるぞ!」

「アイデアがまとまったら・・・」

こういう感じですよね。

○○しないと次にいけないと思い込んでいて、やりたいこと、なりたい姿を未来に設定しているわけです。

これって、おいしいものを食べずに最後にとっておく感覚に近いのかもしれません。

でも意外と客観的に考えて、今できることが多かったりするんですよね。

○○になったら起業したい?

→会社を辞めれば誰でも今すぐにできます。

○○円貯めたら起業したい?

→資格も資金も必要ないので明日からはじめれれます。

アイデアがまとまったら起業したい?

→まずはまとまる前のものをリリースしちゃえば?

将来は海外に自由に行き来する仕事がしたい?

→休みを取れば、10万くらいでアジアはいけます。 仕入れもできちゃいます。

実は、行動って今できる方法を考えるほうが楽なんです。

なぜかというと取り巻く環境が確定しているからなんですね。

どんな仕事をしていて、給料はどんな感じで、自分や家族の健康状態はどうで、時間はどれくらいあるか?

これが確定していますので、クリアする方法が考えやすいんです。

これが将来のことになると、「子供が大きくなったら」という条件を設定してたとしても、そのときに今度は給料が減っているという条件が出ているかもしれません。残業が死ぬほど多くなっているかもしれません。リストラされているかもしれません。

そうすると、2年後に子供が大きくなっていても、同時に仕事が忙しくなっているわけです。

で、また「○○できたらやる。」という不のスパイラルに入ってしまいます。

■すでに何者かになっている自分」じゃないと嫌

ここまでお話した、今を生きていない例の2つ。

・将来のなりたい姿でない自分は仮の姿

・○○やったらやる病

こうなっちゃうおおきな原因ってはっきりしていると思います。

・「すでに何者かになっている自分」じゃないと、 イケていないという見栄や自意識の部分。

あとは、

・今に感謝できていない。

この2つだと思います。

要するに今努力している、まさに向上しようとしている自分がかっこいいと思えないんじゃないでしょうか。

努力をして地べたを張っている人に注目できず脚光を浴びている人の脚光を浴びているところだけにあこがれているのかもしれません。

イケていない自分を人に見られるのが最高に恥ずかしいのかもしれません。

少なくとも僕はそうでした。

そうなると、今の頑張れる土壌にある自分の環境に感謝できなくなるんですよね。

たぶん。

親も元気。
配偶者も元気。
子供も元気。
自分も元気。
仕事も一応ある。
楽しい友人がいる。

こういう当たり前のことを軽視しちゃうわけです。

僕は過去そうでした。

なんたって、イケている自分じゃないと認めていないんですから、今の状態はそんなに好きじゃなかったりもします。

解決策は単純です。

・今の状態に感謝しつつ、 頑張るというか実践し続ける自分を イケていると思う。

・今の状態に感謝しつつ、 やりたいことは不確実な未来にとっておくんじゃなくて 今やるようにする。

こういうことですね。

あ。もちろんだからといって浪費とか散財も今やりたいならすればいいということじゃないんです。

怠惰な生活でいいんじゃないの?ってことじゃないんです。

「何年も何年もどうしても欲しいものなら 今手に入れる方法を考えてもいいのでは?」

「その努力を今はじめてもいいのでは?」

ということなんですね。

・なりたい姿になろうと行動している自分

これを楽しむのが起業だと思うんですよね。

これをイケてると思えると今を生きれるんじゃないかと。

そう思うんです。

そうしないと今の自分、自分の周りのすべてを軽視しちゃうこともありえるんです。

人生は案外短かったりするかもしれません。

いつ死ぬかわからないなんて、深い話はするつもりがないのですが、やっぱり20年後は60代になっているわけで、老人になってからのために今を失うのはどうかなと。

いかがでしょうか?

結構精神的なことを言っているようで、このあたりはビジネスの結果にも響いてきます。

今稼ごうとしている副業の10万を仮の姿だと思うと行動量とか実践の量がどうしても鈍るんですよね。

だって目の前の10万円を軽視していますから。

将来の目標までは仮の姿だと思うと、パッと儲かること以外は数け月で諦めてしまうんです。

いきなり、いけてる自分にならないと本来の自分じゃないからです。

そんな人が本当多いなと思います。

起業(副業でもいいのですが)が今できない理由を並べて将来にとっておく癖をつけると、今できない理由を考える達人になります。

そんな風に思うんですね。

これは40代あたりの人だけの特徴じゃなくてすべての人に当てはまると思います。

ただ、なぜ40代の人へのメッセージですという言い方をしたかというと、体力がある期間が若い人より圧倒的に短いんですよね。

背負っているものがあるはずですから、自分の周りで発生する問題が圧倒的に多いはずなんですよね。

そうなると、

・今できないから将来にとっておく。

とか、
・成果の出ていない期間。努力している姿は見せたくない。

とか、

・今は世をしのぶ仮の姿。

とか、

「そんな、のんきなこと言っている場合じゃないんじゃないの?」

ということなんです。

少なくとも、昔の僕には言ってやりたい。(笑)

もちろん、思いきって会社もやめろ。海外いきたいなら、預金削っていってしまえ。とか乱暴な話でもないんです。

「君はいったいいつはじめるんだよ?」

ということであり、

「今の自分を楽しもう。」

ということなんですね。

ほとんどの人は、

「一度も失敗せず、無理をせず、 できるだけ早くイケてる感じに確実になりたい。」

という欲求からきていると思うんですが、

「イケてる感じになるために実践しまくっている状態 それをどんな形にせよ楽しんでいる状態が イケていると思いますよ?」

ちなみに、これまで僕に

「いつまでに稼げますか?」

と期限や期間を聞いてきた人で成果を出した人を僕は知りません。

成果を出されるかたは、

「何をやればいいですか?」

こう聞かれるんですね。

ちなみに、昔の僕は、

「いつまでに稼げますか?」

と聞いていました。(笑)

ということなんです。

・英語がぺらぺらになるまで影練習して、 外国人を話すのは納得してから。

・禁煙は健康を実感できるまで、とりあえず辞めてみる。

・素敵な女性と明確に確信できて、 彼氏も旦那さんもいないとわかって、 かつ自分に気があるとわかったら告白する。

そんな風にしているには40代は年を取りすぎていますよね?

スティーブジョブズはいいました。

===============
「点と点のつながりは予測できません。 あとで振り返って点のつながりに気がつくのです。」
「その点がどこかにつながると信じていたら、 他の人と違うことをしていても自信をもって歩いていけるでしょう。」
「今やっていることがどこかにつながると信じてください。」
スティーブ・ジョブズ
===============

抽象的に、
「とにかくチャレンジしろ。」

とかいうつもりはないんです。

ビジネスは論理的に考えて欲しいです。
(僕はそれでないと凡人は成果が出せないと思っていますので。)

でも、

論理的に考えて、準備して、成功するとわかりきってからやる。

と、

論理的に考えて、準備して、でも成功するかどうかわからないけどやり続ける。

のとは、大きな違いがあるんですよね。

ぜひ、

・今は仮の姿
・○○になったらやる。

という40代の方がいたら、この辺を考えてみて欲しいなと思います。

おそらく人生”今”しか存在しません。

その”今できること”を積み上げていくのがイケているんだと思います。

今やれること、今やろうとすることを積み上げるのがかっこいいんじゃないかなと。

それをイケていないという人がいれば、おそらくその人が今を生きていないんじゃないかなと。

どうでしょうか?

もちろん人の人生、いろんな価値観いろんな選択があります。

僕はそう思ってから成果が出ました。

という風に読み替えてもらえるとうれしいです。

以上

今回のトピックは、いかがでしたでしょうか?

このメールにそのままお返事いただくと僕が直接全部お返事しますので感想、ご質問、ご相談など、ぜひご連絡くださいね。

また次回お会いしましょう。

今後もリスナーさんからのご質問を取り上げてみたいと思います。
「いったい何をやればいいのか?」悶々としていることでも結構です。

無料相談が怖いななんて躊躇している人は匿名でもいいですから軽く質問してくださいね。

※ニュースレターの公開質問相談はコチラまで。http://www.contentslab.net/podcastrequest.html(匿名OKです。)

————————————-
過去3週のネタ
【新年恒例:新年に目標を立てるときに気をつける3つのこと】
【付き合う相手を選らばなければならない3つの理由】
【クリエイターとして生きる道 後編】

※ニュースレターの以前のバックナンバーはコチラから
<ポッドキャスト版>好評いただいています。http://www.voiceblog.jp/contentslab/<ニュースレター版>http://www.contentslab.net/category/news-letter
————————————-

【編集後記】

焦りました。

1月にインドにいくんですが、航空券も取っていましたのですべては直前でいいやと高をくくっていました。

最近の渡航は全部そんな感じで現地にクライアントさんがいるからという安心感もあるものの、ガイドブックすらめを通さないいい加減さです。

それで罰があたったんですが、インドってビザがいるんですよね。

僕は日本人の最強パスポートを信じきっていて、よほど変わった国にでもいかない限りビザなんてほぼいらないと思っていたんです。

クライアントさんの一言で気がついたんですがすげー焦りました。

なぜ焦ったかというと、大使館管轄のビザセンターは年始から空いていたので電話とネットで確認すると、

「もう間に合わないかもしれない、とにかくすぐ来い。」
とか

「間に合うかもしれないからすぐ来い」
とか

「申請はオンラインしかだめ。」
とか

「申請は紙でもOK。」

とか、とにかく窓口の人、Webサイトで全然言うことが違うんですよね?

でドキドキして申請しにいったら、なんのことはなくって、紙で申請もできて4日くらいで発行されるそうです。

僕はこの程度の小さい小さいことでしたが、この1件だけでもインドにいる日本人ビジネスマンすべてのタフさがうかがえた気がしました。

珍しくドキドキしていますが今からとっても楽しみです。

念のためこのサイトご覧あれ。これで正しい情報がわかる人がいれば変態です(笑)http://www.indianvisaatjapan.co.jp

■追伸その1

学生さんの座談会その3やります。
2/2(土曜)10時から昼過ぎまでです。(時間はすこしだけ前後するかもしれません)

今度はテーマを学生さんのリアルに戻したくてこんなテーマにする予定です。

『将来の不安をなくし、イケテル自分、イケテル人生をすごすための20代の過ごし方 』
~ なぜ海外にいっておいたほうがいいのか?海外経験を生かす人 殺す人 ~

でいきたいと思います。

学生さん社会人でもでご興味のある方連絡くださいませー。
限定12名だそうです。

■追伸その2

新春音声メッセージまだお聞きでない方はどうぞ。
以下をクリックするとお聞きいただけます。↓↓↓http://contentslab.net/podcast/mix20130101.mp3

■追伸その3

今年も新しい企画やらプレゼント結構準備しています。

いくつか予告しておきますね。

・ポッドキャストの公開収録 東京都内でやります!おそらく何度か。

・海外起業家インタビュー第四弾は いよいよクライアントさんの登場です。 もちろん初回はベトナムの・・・。 これは相当やばいです。面白いです。 なので一部意地悪でカットしようと思っているくらいです。(笑)  公開は来年です。乞うご期待。

・幻の?初回配信も含めポッドキャストバックナンバー 特別プレゼント付で配布します。 公開は来年です。乞うご期待。

・今年はやるぜ! 大新年会 ごめんなさい これはうちの会社のクライアント様 (コンテンツラボメンバーズといいます)だけですが 結構楽しみです。(笑)

■追伸4

リスナーさんからの公開質問をこのニュースレターで取り上げてみたいと思います。

直接相談するのに躊躇している方は、ニュースレター上でお返事しますのであまり構えることもないかなと思います。お気軽にどうぞ。

起業前、副業前?の悶々とした相談も取り上げています。

※ニュースレターの公開質問相談はコチラまで。http://www.contentslab.net/podcastrequest.html(匿名OKです。)

■追伸その5

このニュースレターとポッドキャストのFaceBookページが地味にあります。
http://goo.gl/hMxqN
よろしければ「いいね」よろしくお願いします。

また個人でもFace Book 結構書き込んでいます。仕事、プライベート。

そんな書き込み気になる奇特な方は友達申請してください。(抵抗あればフィード購読だけでもいいですよ) 河野のFace Book
http://www.facebook.com/kounotatsuo

最新の記事はこちら