すぐに役立つコンテンツ

【あなたの”儲かるネタ”はどこに消えた?】

こんにちは。河野です。

それは、ある日、ある時、あるクライアントさんとの
ミーティングの一コマから始まります。

「河野さん、この学習プログラムは需要が多いのですっごく儲かるんですよ。」

「では検索需要と購買需要をリサーチして、○○をして○○をして、
 早速リリースしましょうか。」

そして、同じクライアントさんとの1ケ月後のやりとり。

「河野さん、このサプリメントがすごくいいんです。
 日本での需要も多いし、○○(国の名前)では人気があるんです。」

「では検索需要と購買需要をリサーチして、○○をして○○をして、
 早速リリースしましょうか。」

そして、同じクライアントさんとの1ケ月後のやりとり。

「河野さん、面白い人と会いまして、
 一緒にこのサービスを始めることになりそうなんです。」

ここまで聞いただけでも、

「学習プログラムはどうなったんだ?」

「サプリメントはどうなった?」

「で、今度はなんだ?」

なんて突っ込みをいれたくなりますよね?

アイデアマンで情報感度も高くて、
頭のいい人ほど、こういう状態になっているのをよく見ます。

周りにも一人や二人はいませんかね?

「これをこう売ると儲かるんだぜ!(と聞いた)」

「あれなら楽に稼げるよ!(と聞いた)」

でも、本人は何もやっていない。みたいな。

僕の知る限り、
こういう人で大儲けした人も、
大儲けしている人も、見たことがありません。

ということで今日は、
こんな風な情報通、アイデアマンに
なっちゃっわない方法、なっちゃった時の対処法をお話したいと思います。

もし次のどれかに当てはまる場合、

・儲かるアイデアはいくらでもある。

・よく、人と一緒にビジネスしようと盛り上がることがある。

ぜひ読んでみてください。

■アイデアに価値はない。

僕は、たまにリサーチをかねて、
本屋に何時間も居座ったり、
何軒も本屋をはしごしたりすることがあります。

先日も本屋にいって、ビジネス書の平積みを見ていると、
アイデアの出しかたに関する本がすごく多くありました。

「○○アイデア法」

「○×式アイデア構築法」

アイデア=金脈であるかのような扱いです。

この考えに反対ではないのですが、
アイデアは金になりません。

当たり前のことを言いますが、
それ(アイデア)は実行してはじめて金になるからです。

アイデアそのものには1円の価値もないんですね。

アイデアを出すことの難しさ指数を10とするなら、

実行すること(リリースすること)の難しさ指数は100を軽く超えます。

情報を獲得する難しさ指数を10とするなら、

事実を知る(実体験すること)の難しさ指数は100を軽く超えます。

これ、経験者ならわかりますよね?

たとえば、先ほど出たサプリメントを売る話。

実行する場合、本当に儲かるかどうか知る場合、
こんことをしなければなりません。

サプリの効果を調べて、
検索需要と購買需要とマッチングさせます。

ライバルの商品、売り方をくまなく調べます。

ペルソナ(想定顧客)を設定したりして、
サイトの訴求ポイントを決めます。

コピーを書きます。

価格決定をします。

商品撮影をします。

サイトを作ります。

広告を出します。

レビューして改善します。

この作業の分量は、

「サプリが売れるらしい。」

という情報をただ知るとか、思いつくことの
100倍はメンドクサイ。

だけど、これがなければ、
お金は1円も入ってきません。

実行することに比べれば
アイデアなんていくら画期的でも
価値はないんですよね。

そんなことなら、
通りがかりの整体院に入って、
「僕に集客をやらせてください!」
とリアルアフィリエイトの契約をして、
家に帰って早速サイト作成しているほうが、

1000倍の価値があります。

なんの変哲もないありきたりの商材を売り出して
10万円儲けるほうが1000倍の価値があります。

画期的な学習プログラムを思いついて
わくわくしているより、

ありきたりのパン教室をオープンして、
毎週3名集めているほうが、1000倍すごいです。

収入もいずれはアイデアだけの人の10倍くらいになるんじゃないかと。

■アイデアマンになる人の特徴

ま。このあたりのことって、
僕に言われなくたってわかると思うんです。

「はいはい。わかってるよ。実行が大事なんでしょ?」

そんな感じははずです。

でもなぜかやらない。

そうこうしているうちに、

今日もアイデアが出る。

明日もアイデアが出る。

明後日もアイデアが出る。

この心理はふたつしかありません。

・一発でホームランを狙っている。

または

・コツコツ準備をする段になると
 急激につまらなくなる。

どっちかです。

こういうのって
”起業家マインド”とも言います。

起業を志す人なら絶対にはまる心理です。

僕もなりますし、たまになっています。(笑)

「わくわくする。これで一発ドカンといきたい。
 でも細かいことはメンドクサイ。」

こういう状態。

でも、やっぱり無理やりにでも、
コツコツ実行する人(実務家)のマインドを引っ張りだしてこないと、
永遠にお金にならないんですよね。

僕が大好きな経営者である
日本マクドナルド創業者の藤田田(ふじたでん)さんが、

「商売とは、あっちから1000円、こっちから500円を集めて
 やがて1000億になるもの。
 満塁ホームランを狙っていては1円も儲からない。」

と書籍で幾度となくおっしゃっていました。

藤田さんといえば、”銀座のユダヤ人”を自認していた、
超合理主義、超儲け主義の方です。

”ビジネスなんて勝てば官軍。”

”儲けるネタなんていくらでもある。”

と豪語していらっしゃった方です。

そんな藤田さんでさえ、
こうおっしゃっていたので僕にはすごく刺さっています。

どんなものでもいいので、
アイデアでも、ありきたりの商材でも、
まずは1000円を儲けるために、
コツコツ準備をする。

一番の解決策はここかなと思います。

■モグラになれ!

とはいっても、
アイデアはどんどん出てくるし、
情報もどんどん入ってくるものです。

そうすると、
起業家マインド満載の人は
いてもたってもいられなくなります。

で、僕がそういうクライアントさんに言うのがこれ。

「しばらく、あまり人と会わないでください。」

「しばらく、本も読まないでください。」

「家に籠ってパソコンと暮らしてください。」

・人と会わない。

・家に籠る。

これは、よく経営者は絶対やってはいけないといわれていることです。

インプットなくして、
優良なアウトプットはありませんから。

でも実行なくして、明日の1000円は生まれません。

1円にもならない優良なアウトプットとか
この際どうでもいいです。

「とにかく机にかじりついてやってくれ。」

これが一番の解決策なんです。

いかがでしょうか?

もし自分が次のどれかに当てはまる場合、

・起業家マインド満載だ。

・儲かるアイデアはいくらでもある。

・よく人と一緒にビジネスしようと盛り上がることがある。

こういう人は、リリースすることだけに集中してみてください。

モグラになって実務に没頭してみてくださいってことですね。

以上

今回のトピックは、いかがでしたでしょうか?

このメールにそのままお返事いただくと僕が直接全部お返事しますので
ぜひご連絡くださいね。

また次回お会いしましょう。

今後もリスナーさんからのご質問を取り上げてみたいと思います。

「いったい何をやればいいのか?」悶々としていることでも結構です。

無料相談が怖いななんて躊躇している人は
匿名でもいいですから軽く質問してくださいね。

※ニュースレターの公開質問相談はコチラまで。
http://www.contentslab.net/podcastrequest.html
(匿名OKです。)

————————————-

過去3週のネタ

【一生に一度の経験を売る幸せ。と、すこしの不幸】

【「やりたい事がない。」は「働きたくない。」】

【起業して100%うまくいく方法】

※ニュースレターの以前のバックナンバーはコチラから

<ポッドキャスト版>好評いただいています。
http://www.voiceblog.jp/contentslab/
<ニュースレター版>
http://www.contentslab.net/category/news-letter

————————————-

【編集後記】

先週の編集後記で取り上げたネタ。

起業家(起業志望)の旦那と、もっと家事育児を手伝ってほしい妻

起業家(起業志望)の妻と、もっと家事育児をしてほしい旦那

この解決策は
いろんなご意見いただきました。

面白かったのは、
圧倒的に奥様が起業していて子育てもされている方だけ
ご意見いただけたことです。

世の旦那さんは僕と同様、よほどバツが悪いんでしょうね(笑)

一部ご紹介すると・・・

「我が家は金で解決です。」

これは起業家の奥様が家事を軽減するために、
自動お掃除機、食器洗濯機といった機械と、
あと家政婦というか、家事代行をたまに呼ぶんだと
おっしゃっていました。

要するに、家事と育児を100%どっちかがやるという
発想を変えたわけですね。

「お互い期待しない。」

これは、相手にもっとこうしてほしいとか思わない。
自分ができることをできる範囲でやれば伝わるということですね。

あと、

育児は育自

というのもアメリカのクライアントさんから
教えていただきました。

言いえて妙ですね。

でも、やっぱり、
家事育児の負担を奥さんにさせるなら、
副業であれ、起業準備であれ仕事は全力で取り組まないと
筋が通らないですよね。

たぶん本気さが伝わないんじゃないかなと。

ナイターみてビール飲んでから仕事

とか

見たい映画は見る

とか

しているならダメでしょうね。(笑)

■追伸その1

僕は起業前、副業前?の悶々とした相談も取り上げています。
気軽にどうぞ。

リスナーさんからのご質問を取り上げてみたいと思います。

無料相談が怖いななんて躊躇している人は
匿名でもいいですから軽く質問してくださいね。

※ニュースレターの公開質問相談はコチラまで。
http://www.contentslab.net/podcastrequest.html
(匿名OKです。)

■追伸その2

もうすぐ 11月28日(水曜)の ベトナム ハノイ勉強会

ご参加くださる方、感謝です。
参加者の方が増えています。

勉強会の詳細はコチラです。
http://www.contentslab.net/hanoi.html

現地で起業され日本向けネットビジネスと、
現地向けビジネスを両方成功している
クライアントさんのお話も予定しています。

現在ベトナム ホーチミンの方
シンガポールの方
日本からのクライアントさん
ポッドキャストリスナーさんなどがご参加予定です。

お申込みと勉強会の詳細はコチラから

http://www.contentslab.net/hanoi.html

■追伸その3

学生さんとの座談会

すっごく面白かったのと勉強になりましたので
第2弾があります。

12月15日土曜日の14時からです。

すでに2回目からのご参加が2名いらっしゃいます。

今回はより具体的に
学生の間に得ておくスキルというか体験として
ビジネスというか、
集客を実践するというテーマになりそうです。

興味のある方は連絡くださいませ。

■追伸その4

このニュースレターとポッドキャストの
FaceBookページが地味にあります。

http://goo.gl/hMxqN

よろしければ「いいね」よろしくお願いします。

また個人でもFace Book 結構書き込んでいます。
仕事、プライベート。

そんな書き込み気になる奇特な方は
友達申請してください。(抵抗あればフィード購読だけでもいいですよ)

河野のFace Book

http://www.facebook.com/kounotatsuo

似たような記事はこちら
最新の記事はこちら