アーカイブ|ネットマーケティングコラム

リスティング広告の管理について

リスティング広告の管理について書きます。
リスティング広告は管理する必要があります。
評価の決め手は、費用対効果です。
あるキーワードにいくらの費用を使って、いくらの対価を得たのかが重要です。
費用は、当然のことながら、粗利益を下回っている必要があります。
あるキーワードに対して、費用を使って、もうけが出るならどんどんリスティング広告をしていくことが賢明です。
他方、あるキーワードについて、広告費を使っても、それに見合うもうけが出なければ、どんどん切っていく必要があります。
リスティング広告では、大中小の以下の3つのディレクトリがあります。
①「キャンペーン」
②「広告グループ」
③「キーワード」
「キャンペーン」では、1日あたりの広告の予算上限を設定することができます。
また、広告の宣伝期間の設定ができます。
また、宣伝する地域の限定もできます。
「キャンペーン」では、商品やサービスの種類によって分けます。
「キャンペーン」の下の階層が「広告グループ」です。
「広告グループ」では、実際に投入する「キーワード」を考えながら、ターゲットとするユーザーの種類ごとにグループ化していきます。
「キーワード広告」は、テストを重ねるうちに、完成されていきます。
テストの期間には、グルーグルのAnalyticsとキーワードツールを使うのが良いでしょう。

最新の記事はこちら