すぐに役立つコンテンツ

【普通の人が普通に稼ぐ思考法ーなぜ起業に躊躇してしまうのか?-】

こんにちは。河野です。
さて、今日も恒例の質問から。

もしこれから起業したり、ビジネスをスタートするとして・・・

A:インターネット回線の販売代行

B:放射能や食品添加物が気になる方への安全な食材ショップ

こういうビジネスをやらないかと言われたら
どちらをやりたいですか?

・・・・

たぶんなんですが、
まだビジネスをはじめていない人の場合、
Bを選んだと想像しています。

逆に、すでにビジネスを長くしている人なら人ほど
Aを選んだんじゃないかなと。

僕はAです。どちらややれと言われたら間違いなくAをやります。

Aのほうが儲かる確率が高いと思うからなんですね。

Bは儲かる確率が低いと思うからという単純な理由です。

でも起業前の人って、Bのような選択をする人が多いんです。

それは「儲かるかどうか?」とは違う選択基準があるからなんです。

起業前の人でも、勉強されている人なら、
ビジネスをスタートする上では売れるものを売るべきというることは
当然知っているんですよね。

なので、「稼げる確率の高い」ありきたりな商品やサービスをやろうと行き着くんですが、
それがありきたりなのでなんかしっくりこないと思う人が多いってことなんです。

この”しっくりこなさ”は「稼ぐ」ということ以外の別の価値観からくるものです。

で、別の価値観から、Bの選択をしようと思ってしまうものの、
「儲かるかどうか不安だなー」とか、「儲からないんじゃないかな?」とも思っているので、
独立にしても、副業にしてもスタートに躊躇して悶々としてしまっていたりします。

ということで今日は、
・なぜ起業したい人は悶々としてしまうのか?
・なぜ儲かるかどうかわからないビジネスをやろうとしてしまうのか?
について僕なりの考えをお話したいと思います。

■「稼ぐ」以外に「人からの評価」が気になる

ずばり起業したいけど悶々としている多くの理由は、
起業して成し遂げたい目的が相反するものだからです。

誤解を恐れずに言うと、起業の目的って、

「稼ぐこと」

だと思います。

別に富を蓄積するとか大げさなものじゃなくて、
自分、家族が食べていけるだけ、
将来も安定してストレスなく暮らせるだけの金にしても、
まずは稼ぐことなはずです。

僕は最初は目的なんてこれだけの方がシンプルでいいんじゃないかな
とまで思ったりもしていますが、
悶々としている人はこれにもうひとつ加わります。

「周りにすごいと思われたい」

「仲間にバカにされたくない」

つまり、人から見たときに”イケてる”ビジネスをしていたいという
目的があったりするんですね。

たとえば、

・プーアール茶のネットショップ

・英会話講師の斡旋業

・リフォーム会社の集客代行

こういうビジネスって、僕からすると普通にやれば
普通に稼げるだろうなーと思う種類のものなのですが、
「稼ぐ」「人からすごいと思われたい」という2つの目的に照らしてしまうと、
やれなくなってしまうんです。

「ただのおちゃのネットショップなんてかっこよくない。」

「しかも失敗したときに、”だからお茶なんて駄目だって言ったじゃないか”と
 バカにされそう・・・」

こんなこと考え始めたら、絶対できないですよね。

僕もサラリーマンだった頃は、
こんなことばっかり考えていました。

スティーブジョブズさん、宅急便の父 ヤマト運輸の小倉さんをはじめ、
画期的なビジネスを成功させた偉人の起業伝ばかりを読んでいましたから、
余計そう思っちゃうんです。

で、周りの仲間にもバカにされたくないぞと。

これが起業したい人にとっての、「稼ぐ」という目的以外の
別の価値観の正体です。

今思えば本当にしょうもないこと考えていたなと思いますが、
当人からするとかなり深刻な問題だということもよくわかります。

どうしても、「これまでにない○○」というような、
”イケてる”ビジネスをしたいんですよね。

すっごくよくわかります。

なので、ここで、

「人からどう思われるかじゃなくて、 自分がどう思うかだ!」

「人の評価なんて気にするな!」

とか知った風なことは言いません。

ただ、やはり考えは改めて欲しいのですね。

だって稼げないんだから。

考えを改めていただく上で、
それをちょっと理屈で説明していきたいと思います。

■そこそこ儲けている人を見てごらん

まず気がついて欲しいこと。

それはネットと使ってでも、使っていなくても、
そこそこで稼いでいる周りの人を見て欲しいのですね。

画期的なビジネスをしている人とか、
サービスや商品自体が”イケてる”ことをしている人っていますか?

いなくないですか?

実際となりのネットで成功している人たちをみていても
年商何十億の会社は ただの雑貨屋だったり、
ツアー紹介サイトだったり、サプリメントショップだったりします。

知り合いでお金を稼いでいる人も案外普通だったりししませんか?

僕の周りもリフォーム屋、投資マンションの仲介屋、
美容院の経営、留学斡旋・・・普通のことをやっている人ばかりです。

たとえば日本で大きなレコード会社になった
エイベックス。

この社長の松浦さんも最初は輸入レコードの卸売り会社から
スタートしています。

僕の尊敬する日本マクドナルドの創業者である藤田田さんも
最初は海外ブランドの輸入商です。

別に”イケて”なくないですよね。

そもそも、稼ぐという最初の目的を達成するために、
普通に稼げる普通の市場からはじめています。

もちろん普通にやっても駄目です。

普通の市場なわけですから、
ほっておいてもバンバン客が増えるなんてことは
絶対あません。

下手すると、ライバルに埋もれて潰れてしまいます。

でも、普通の努力と普通の工夫でいいんですね。

所詮ビジネスは相対的なものだと思いますので、
他の人の1cmでも先にいっていればいいわけです。

全部の1cm先じゃなくてもいいんです。

・品揃えの嗜好をある属性のお客さんに絞る。

・お客様サービスのひとつに、他がやっていない手間のかかることを一つ入れてみる

・マッチングサイトからの集客に頼っている他者と違い、
 自分はSEOと広告に時間をちゃんと使う

もしくは僕のようにニッチなマーケットを作ったっていいですよね。

僕もホームページ制作とか、ネットマーケティング支援とかかなり普通のビジネスをしています。

でも、海外在住者向けに絞ったことで他社よりは1cm先に出ることができたわけですね。

普通でいいんですね。

僕たちのクライアントさんでも、そんな方が大体うまくいっています。

たとえば、オーダースーツを販売している人。

オーダースーツをオンラインで販売して、
ベトナムで製造することで多くの店より安く、(最安値じゃないのがミソ)
背が低かったり、大きかったりしても対応できることを売りにしている。

決して自宅でオーダースーツが作れるキットを売ったり、
画期的なことはありません、普通に普通の工夫をして売っているだけなんです。

たとえば、フィレンツェで観光ガイドをしている人。

数多くある観光ガイドをやっているけど、
大手が嫌がるガイドコースのカスタマイズをしていて、
問合せの際の回答を数時間以内に、
かつ聞かれたことの3倍にして答えてあげていることで
成約率はダントツになっている。

決して、画期的な観光ポータルサイトを立ち上げたり、
画期的なことをしているわけじゃありません。

どれも、売れる普通の市場で普通に工夫をしていっているだけなんですね。

くどいですが、「簡単に」ということはありません、
それなりに努力はいります。

ただ、努力をすればほぼ稼げるので努力のしがいがあるんじゃないかということなんです。

・当たり前に売れているものをすこし工夫して売る

僕はこれが稼ぐためのスキルだと思っています。

普通のものを扱うので、もし1つ目が失敗しても、
また次の普通のほか業種でも置き換えて取り組めます。

さらにいうと、「画期的な○○」というイケテルサービスや商品を扱って、
たとえうまくいったとしても、結局はいずれ普通のものになる日がきます。

そうなると、タイミングが遅れるだけで、
結局は普通のものの中で稼ぐ工夫はすることになるんですね。

つまり、起業するということは、
稼ぐスキルを身につけることでもあるわけで、
市場が”イケテル”かどうかなんて関係なくって、
それよりも、稼げている工夫をしているそのことが
”イケてる”んじゃないかなということなんです。

人からどう思われるかということにしても、
人は”イケているビジネスをしているかどうか?”で評価しません。

”稼げているという事実”を評価するんだと思います。

それをあらわすよに僕がクライアントさんの事例を
人に話す時、

「普通のビジネスをしているこのサイトを見てみてください。」

というと、「へー。」と無関心な人も。

「とっても稼いでいらっしゃいますよ。」

というと、「えー!そうなの?いったいどうやって?なぜ?」

みたいに興味をもたれます。

・・・・・

いかがですか?

すでに起業している人にとっては、
「そうなんだー」とか、「あるある」って感じの話なんですが、
これから起業したいけど、なかなかビジネスを決めきれない人にとっては、
すこしは刺さる部分があったんじゃないかなと思います。

とにかく、

「稼ぐ」という目的を達成しないことには、

・人の役にたつ

・人を育てる

・人からよく思われる

・周りのみんなを幸せに

ここにいけないと思うんです。

ぜひ、普通の人が普通に稼げる普通のことをやって、
腹をくくって普通に努力していきましょう。

以上

今回のトピックは、いかがでしたでしょうか?

今日の感想、僕への個別の無料相談もお受けしています。

特にこれから起業したいけど紋々としている人の
相談も歓迎です。

このメールにそのままお返事いただくと僕が直接全部お返事しますので
ぜひご連絡くださいね。

また次回お会いしましょう。

————————————-
ニュースレターの以前のバックナンバーはコチラから

<ポッドキャスト版>
http://www.voiceblog.jp/contentslab/
<ニュースレター版>
http://www.contentslab.net/category/news-letter

最近のネタ

【「○○○の方が稼げるという極論に気をつける-ネットビジネスにありがちな話】

【好きな事と、儲かる事の狭間で・・・】

【なぜネットショップばかり目指すのか?ネットでビジネスをする場合に気にしておくべきこと。】

【自分のサイトやサービスの強みを生かすために守るべきこと】

【はたして”読書”でお金が稼げるか?】

【あなたは、売りにくいこんな商材を扱っていませんか?】.

【起業や独立で失敗しない為に最低必要なんじゃないかと思うこと】

————————————-

【編集後記】

この前、車のライトが片側いきなり切れちゃいました。

で、実は僕、車のことがぜんぜんわかりません。

男のくせに。

免許とって20年以上たつのに。

ライトがどうやってついているのかとか
意味不明です。

普段はガソリンスタンドで、言い値で交換してもらったりするんですが、
車に詳しい友人から一言。

「お前浪費癖で金持ちになれないタイプだね。自分でやってもすぐだよ?」

自分でも倹約するほうだと自負している僕としては
かなりショッキングです。

まー逆にパソコンが壊れてもある程度直せちゃう僕からすると、
ちょっと動かないだけで買い換える人を同じように思いますから
まーそうかと。

で、人生で初めてライトを変えました。

amazonでライトと検索しても出てこなくて、
バルブと呼ぶんだと気がついたりして。

で感想ですが・・・・

めっちゃ簡単です。

わずか3分くらい。

子供でもできるんじゃないかと。

「俺には無理」

とか先入観で思うって本当に駄目ですよね。

今度はタイヤ交換でもしてみようと思います。

え? 誰でもやれるって?

すみません。男のくせに。

似たような記事はこちら
最新の記事はこちら