すぐに役立つコンテンツ

【「○○○の方が稼げる」という極論-ネットビジネスにありがちな話ー】

こんにちは。河野です。

「広告なんて金かかるから駄目。絶対SEOをやるべきです!」

「SEOなんて難しいから駄目。絶対広告をやるべきです!」

「SEOとか広告なんて駄目。絶対ソーシャルメディアでやるべきです!」

「アメーバブログでザクザク稼げますよ!」

さて、あなたもこのどれかの意見と同じだったりしますか?

ここまで、ネット・ホームページで稼ぐという情報が多くなったり、
取り組んでいる人が多くなると、
「稼ぐには○○が一番!」みたいな極論も増えてきますよね。

実際どれかに偏って取り組んだ結果、
そのとおり成果がでて、やっぱり「これが最高!」と
思っている人もたくさんいるんじゃないかなと思います。

アメーバブログだけで成果を出している人もいれば、
SEOだけで膨大な利益を出している人もいます。

広告だけでビジネスを急成長させた人もいます。

さらにそれを広めている人もたくさんいます。

で、いったいどれが正しいのでしょうか?

僕は、全部不正解であり、全部正解だと思っています。

つまり、「○○がいい」「○○が駄目」っていうような単純な話じゃないってことなんです。

ということで今日は、
ネット・ホームページで集客をするにあたって、
極論を持つことの危険性をお話したいと思います。

■今稼げているかどうかは問題じゃない。

最初にどの極論も不正解だと思う理由からいきましょう。

2つあります。

1つはリスクで、もうひとつは機会損失。

たとえばアメーバブログ。

アメーバブログが稼げるといわれるゆえんは、
数多くあるブログスタンドの中でも、
アメーバブログの利用者が突出して多いことや、
ブロガー同士のつながりが、まるでソーシャルメディアのようになっていることから、
ビジネス目的の集客をしやすいからです。

で、もちろんまめな更新やランキングのアップなど、
労働力は必要とするものの、
一人が食べていくくらいなら個人で稼いでいる人が
多いのも事実です。

ここまで聞くとなんの問題もないように見えるんですが、
アメーバブログというのは無料サービスです。

規約をよく読めばわかりますが、
ブログのURL、ブログの内容すべてにおいて
運営会社の考えていかようにもできるということなんです。

いきなり消される。

なんてこともありえます。

しかもアメーバは商用利用は一応禁止になっているんですね。

今のところ完全に黙認されていますが、
1%も自分の資産になりえていないということがリスクなんです。

また、アメーバブログというサービス自体が、
今後何年も人気があり続けるか?
=利用者が多くあり続けるかは誰にもわかりません。

ほんの数年前までは無料ブログといえば、
ライブドアブログが一番人気だったんですから
どうなるかなんてわかりようがないですよね?

なので、今稼ぐ方法としてアメーバブログをやることそものは
正解かもしれませんが、
偏るのはあまりに危険ということになるわけですね。

機会損失も起こります。

アメーバブログから自社のサイトへ誘導して、
メールマガジンに登録するしかけを入れるとか、
アメーバブログのアクセス解析を自社のSEOのキーワード選定の
参考にするとか、さらにアクセスやお客さんを増やすための
取り組みができるはずなんですね。

それをやらずに、アメーバブログの読者だけを対象にしていると、
どうしても個人事業や副業のレベルが超えられない壁ができてしまいがちなんです。

次にたとえば、SEO。

SEOはしっかり正しい方法で地道に行えば、
長期的なアクセスを約束してくれます。

しかもSEOというのは多くの人が誤解しているように「難しい」のではなくて、
「面倒くさい。根気がいる」ということですから、
努力すれば成果は出せるんですね。

で、安定的に毎月1万アクセスを生み出して、
100人のお客さんを得るなんてことも「個人でも」十分可能です。

ただ、Googleが永遠に検索エンジンを支配しているかどうかは
誰にもわかりません。

またGoogleのアルゴリズムが変わったタイミングで、
いきなりサイトがインデックスから削除されることも可能性はゼロではありません。

実際僕は一部のサイトがインデックスから削除されたことがりますから。

毎月1万アクセスを生み出して、
100人のお客さんを得ていたサイトが一瞬でこの世の中から
消えるかもしれないと思うと夜も眠れないですよね?

また、SEOもそれ自体に偏ると機会損失があります。

SEOで増やしたアクセスをもっと効果的に使うためにも
メルマガに誘導できる無料オファーを入れてみたり、
成約率を上げるためにアメーバブログをやって親和性を高めてみたりという
使い方ができるはずなんですね。

広告もしかりです。

おそらく費用対効果が一番高い広告といえば、
Googleアドワーズと、ヤフーリスティングになるんですが、
この2つであっても、広告費の高騰で出せなくなる、
広告掲載ガイドラインの変更で出せなくなる、
いきなりアカウント停止を食らうなどリスクはたくさん含んでいます。

このように、リスクのことだけ考えても、
ひとつのことに偏っていることの怖さがあるとわかってもらえると思うんですね。

もちろん、今はへっちゃらだと思います。
数年はへっちゃらかもしれません。

でも、得られるかもしれない利益を得るためにも、
ゼロになってしまうかもしれないリスクを避けるためにも、
ゆっくりでもいいので他のこともやっておくほうがいいんですね。

”ひとつだけ”

はとっても危険です。

■最初の一歩としては正解

ここまでのお話でもうわかっちゃったと思うんですが、
僕の主張は、

「全部やれ」

です。

リスクと機会損失を考えると全部やるほうが絶対いいですね。

ただ、労働効率の問題で、一度には物理的に全部できないとう
現実もありますよね?

なので、ひとつひとつを順番にやっていくという位置づけで

「まずはアメーバブログで。」とか、

「まずはSEOだけ」とか、

「まずは広告だけ」とか、

そういうスタンスがよいと思います。

実際の状態とかやっていることは変わらないんですが、

「アメーバブログだけ!」

というのと、

「アメーバブログから!」

というのではぜんぜん違いますよね?

・・・・・

いかがですか?

この理屈って、実はビジネスを長くやられている人なら、
誰でも知っているというか、わかっている話だと思います。

なのに、なぜここまで極論が多くなるかというと、
「○○で稼げる!」と言いきったら方が稼げる人がいるからなんです。

だって、アメーバブログで稼ぐ方法 とか、
SEOで稼ぐ方法 とかを教えてお金をもらう人は、
極論を言ったほうが儲かるじゃないですか?

このあたりも意識して情報を読み解くと、
自分なりの取り組み方が見えてくるんじゃないかなと思います。

以上

今回のトピックは、いかがでしたでしょうか?

今日の感想、僕への個別の無料相談もお受けしています。

このメールにそのままお返事いただくと僕が直接全部お返事しますので
ぜひご連絡くださいね。

また次回お会いしましょう。

————————————-
ニュースレターの以前のバックナンバーはコチラから

<ポッドキャスト版>
http://www.voiceblog.jp/contentslab/
<ニュースレター版>
http://www.contentslab.net/category/news-letter

最近のネタ

【好きな事と、儲かる事の狭間で・・・】

【なぜネットショップばかり目指すのか?ネットでビジネスをする場合に気にしておくべきこと。】

【自分のサイトやサービスの強みを生かすために守るべきこと】

【はたして”読書”でお金が稼げるか?】

【あなたは、売りにくいこんな商材を扱っていませんか?】.

【起業や独立で失敗しない為に最低必要なんじゃないかと思うこと】

【安易に「問合せ」「カートに入れる」ボタンを作る前に気にするべきこと】

————————————-

【編集後記】

子供の七五三にいってきました。

健康に育ってくれたことは本当ありがたいので
しっかりとお礼をしてきたわけですが、
ご祈祷の待ち時間に、他の方が書いて神社の木にぶら下げている金運札を
眺めていました。

われながら悪趣味ですねー。

でも目に入るので、ついつい見ちゃいます。

で、一番多かった願いごとってなんだと思いますか?

それは、

”ロトで1億円あたりますように”

というものでした。

僕はああいうのは商売をしている方が
繁盛を願って書くことが多いと思っていたので
すこし驚きました。

でも長く忘れていましたが、
普通に勤め人の環境にいて、
普通にお金持ちになろうと思ったら

「宝くじでも当たらないかなー」

って思いますもんね。

なんだか「起業してお金を稼ぐぞ!」と決めてから
考えているだけの時間も含めて10年近くたつので
その感覚を僕は忘れていました。

そういう方でも、
一冊でも人生を変える本や人に出会うと急激に
考え方が「自分で稼ぐ」というふうに変わったりするかもしれないから、
人生ってわからないですよね。

でも、そういう人は最初からビジネス書なんて読まなかったりするから、
結局そのままだったりすることが多くて、これまた面白いなと。

そう考ええるとビジネス書だけど
ビジネス書を読まない人にも読みやすくて
生き方を変えるくらいのインパクトがある本が
爆発的に売れる意味がわかります。

”金持ち父さん 貧乏父さん ”

とかまさにそうですよね。

物語式になっているのでビジネス書なんて読む気がない人でも読みやすく、
しかも自分の生き方を見直そうと思わせる威力がある内容になっているからです。

詳細は省略しますが、

『チャンスー成功者がくれた運命の鍵ー』

『成功者の告白』

『ザ・プロフィットー利益はどのように生み出されるのか?-』

『はじめの一歩を踏み出そう』

このあたりも、とっつきやすい小説形式です。

そう考えると、

逆にすでに生き方を「自分で稼ぐ」とシフトしてしまった人の中で、
本をあまり読まない人にとっても、物語式のものならビジネス書を読んでいく上で
入りやすいんじゃないかなと思います。

本を読まなきゃなーと思っている方なら
ぜひどれか試してみてください。

追伸:

上京時にサウナ暮らし、コストゼロから初めて、いまや出張整体サービスで大成功されている
岡林さんにゲストで登場いただいた河野×岡林さんとのビジネス無料対談音声。
大好評リリース中です。

細かい説明は不要なくらい、”絶対に”役にたちます。

岡林さん×河野の対談インタビューはこちらです。

サービス業で起業して軌道に載せる教科書

⇒ http://www.contentslab.net/kigyokataidan.html

*ちなみに岡林さんはうちの妊娠中の妻の赤ちゃんが逆子だったのを
 その場で直してしまった”神の手”のプロフェッショナルです。

最新の記事はこちら