すぐに役立つコンテンツ

【自己啓発と目標設定の副作用】

こんにちは。河野です。

「2年後にはこのビジネスで月商500万になる。」

「5年後にはビジネスを人に任せて、 世界中を旅行しながら収入を得れるようになる。」

こんなふうに目標設定をして、紙に書いたりする人って多いと思います。

いわゆる成功法則のセオリーですよね。

僕は自己啓発の専門家ではありませんが、効果はすごくあるなーと感じています。

でも、こういう自己啓発を勉強して、目標設定なんかをしていればしているほど、苦しくなっている人もいたりするなーと思うんですね。

・自己啓発するをすればするほど精神的にきつい。。
・自己啓発をすればするほど成果が出ていない気がする。

こういう風に苦しそうに見える人が少なくないなーと思うのは、僕だけじゃないと思うんですね。

ということで、今日は僕なりに思う、成功法則の副作用と、その対処らしきものについてお話したいなと思います。

■ぜんぜん成果が上がらなくてイライラする

まずは成功法則の副作用から順番に見ていきましょう。

ちなみに、僕は成功法則を教えてあげれる立場にないですし、成功法則を知り尽くしてなどいませんが、書籍ならものすごーくたくさん読んでいますので理屈はわかっていると思います。

で、とにかく成功法則の目玉といえるのは、”目標設定”だと思うんですね。

しかも
・目標が高くて実現不可能とか思わない
・いつそうなっているか期限を決める
・具体的にする
・数値にする

ということがよく言われています。

さらに、成功法則の古典。

「思考は現実化する」

によると、

・マスターマインドという 志がみな高く、お互い目標達成を補完しあえるような 仲間を持つ

なんてことが書いてあります。

さらに、

・成功している人の仲間に入る

とか書かれていたりします。

で、これを読んだ人はだいたいこんな風になると思うんですね。

例えば、まだ会社員で年収400万くらいしかなくて、自分でビジネスなんて何もしていなくても、

「5年後に5億の資産を持つ。 海の近くに別荘を持つ。」

なんて目標を紙に書いたりします。

で、ビジネス上成功している人とか年収の高い人の仲間に入ろうと心に強く思ったりするわけです。

で、ここからが副作用なんですが、こんな風になったりします。

・自分は年収5億とか言っているけど 今はビジネスすらはじめていない。1年も自分では稼いでいない!

・成功者の仲間に入らないといけないのに、 セミナーや勉強会に行っても挨拶だけで終わってしまっている!

・同じ志を持つ仲間も一人もいない!

つまり、

「あー!なんて私はだめな人間なんだ!」

と、普段の自分は一ミリも変わっていないはずなのに勝手にダメダメだと思い込んでしまいがちなんですよね。

すこしも状況が悪いわけじゃないのにです。

求める理想の姿に「なれたらいいな」だとそんなことはないと思うんですが、成功法則では「なれたらいいな」は許してくれませんので、「なる!」「なっている!」と強く思うことを求められます。

求める理想像を、「そうなるのが当たり前。」「そうならないかも。なんてありえない。」と強く思うのがコツであるから、その反動でそうなっていない自分がありえないというか・・・

今より豊かにしたいのに、なんとも皮肉な結果ですよね。

■今の自分の周りを侮辱してしまう

「自分はなんて充足していないのだ」

と思うだけならいいのですが、これにはもっと怖い副作用があると思います。

それは、自分の周りのすべての要素を否定していまうということなんですね。

例えば、もしお掃除代行サービスで創業して、ビジネスをしているとしましょう。

で創業当初に最低の月商で1000万円を設定していました。

そのために、事前の準備も十分に行ったし、創業後も努力を惜しまずコツコツがんばっているとします。

でも、半年たっても既存客の数はわずか30名。

顧客単価が月額2万くらいだから月商といってもわずか60万。

ここで、成功法則に強く影響されすぎていると・・・

「目標の10分の一も達成していない!」「こんなのじゃダメだ!」

と思ってしまうと思うんですね。

もちろん、「まだまだがんばらなきゃ!」という自分への叱咤になるんなら良いことです。

でも、その逆が怖いんです。

「こんな状態ぜんぜんダメだ!」と思い続けるということは、今まさに信頼して毎月お金をいただいている30名のお客さんを軽視することになるんですね。

つまり、今のお客様への感謝を忘れる。

ということです。

これはサービス業といわず、ビジネスをしている人にとっては致命的と言っても言い過ぎじゃないと思います。

間違いなく今のお客様を忘れて一気に1000万にする方法ばかりに目がいきますので、何をやるにしても集中できませんし、今のお客さんの抽出も招きますので業績が下がることはあってもあがることはないんじゃないかなと思います。

わかりますかね?

一気に逆転を狙うことばかり考えますので愚直にコツコツ継続することができなくなる。


そのためすこしずつでも新規を増やすということもできなくなる。


今のお客さんを軽視することで、リピートも安定しない。

こういう悪循環にはまるというわけです。

他にも、あらゆることへの否定をしてしまいます。

例えば健康。

例えば昔から一緒に笑ってくれる友人。

例えば家族の健康。

例えば災害で”被災していない”自分。

例えば毎日食えるだけの収入がある自分。

これって、気も合わないし、別に人間的に尊敬できるかどうかもわからないどこかの”成功者と言われている人”との無理してすごす時間より、1000倍くらいの価値があると僕なんかは思うわけですね。

もちろん、だからといって今を満足してつつましく過ごそうなんてことは僕は少しも思っていません。

やっぱり自分の欲には忠実にいきたいと思います。

「今の自分もたくさんの物を持っていて、 さらに持ちたいと願って努力している。」

という風に思うべきなんじゃないかって話なんですよね。

繰り返しますが、自己啓発色の強い目標設定を強く持ちすぎると、

・今のお客様を大事にしない

・周りの人を大事にしない

・継続した努力をしたくない

・ゆるやかな成果を喜ばない

こんな副作用が出てしまう怖さがあります。

これについての僕の考えはすごく単純です。

・今もっているものやことにフォーカスする。

当たり前すぎてまとめにすらならないですが、これにつきます。

僕自身も自己啓発は大好きですから、自分がこの副作用にかかってしまうのが怖いのですね。

なので、普通に目標設定もしますし、紙にも書きます。

目標のレベルも高いと思います。

でも、もう一つ強く意識しているのが今持っていることに感謝するってことなわけです。

・せっかくの休みに海が荒れててサーフィンできなくっても、 サーフィンできる健康に感謝する。

・利益が目標に届かなくても、 今の利益を生み出しているお客さんに感謝する。

・お客さんからのクレームではなく、お褒めの言葉にフォーカスする

・まだ目標は達成していないことばかりだけど その目標目指して努力できる健康に感謝する。

くさい話ですが、本当にこれって大事だと思います。

僕も若いころにこの副作用にかかったので余計思うんですよね。

別にスピリチュアルな話をしているわけじゃないんですよ?

・体が健康でサーフィンをしている限り、 本当にたまーに、血が沸騰するくらいいい波に乗れる

・目の前のお客さんを大事にすることが 一番業績が上がる

・褒められたことをさらに伸ばすほうが 反応率がいい。

・目標達成って結局は”やり続ける”ことでしかかなわない

こういう具体的な理屈があるからこその結論なんですね。

いかがでしょうか?

成功法則を長年実践している方。

副作用に一度かかったことがある方。

人間的成熟されている方。

にとっては退屈な当たり前に話だったかもしれません。

でも、もし、なんとなく苦しいと思っている方にとって少しでも参考になればうれしいです。

以上

今回のトピックは、いかがでしたでしょうか?

今日の感想、僕への個別の無料相談もお受けしています。このメールにそのままお返事いただくと僕が直接全部お返事しますのでぜひご連絡くださいね。

また次回お会いしましょう。

————————————-ニュースレターの以前のバックナンバーはコチラから
<ポッドキャスト版>http://www.voiceblog.jp/contentslab/<ニュースレター版>http://www.contentslab.net/category/news-letter

最近のネタ
【今すぐ、すべてをテストせよ!】
【情報に振り回されないために】
【「とっておきのアイデア」というやっかいなもの】
【「お客様の声はありません。」とか言う前に・・・】
【ゲスト対談続編-リピート率を100%以上する秘密】
【ゲスト登場!-サービス業で起業する教科書】
————————————-

【編集後記】

僕は大阪出身者です。
大阪で生まれて、22歳まで大阪にいました。

とはいっても、もう20年近く首都圏にいますので、大阪弁もタメ口を聞くときくらいしか出ません。

地元の友達には馬鹿にされますがタメ口でも「~じゃん!」とかいっちゃったりします。

大阪より東京にいるほうがいごこちがよかったりします。

で、そんな中、我が家で”たこ焼き”と”お好み焼き”を作ることになりました。

「大阪人でしょ?おいしいのお願い。」

ということです。

もちろん大好きですし、”たこ焼き”と”お好み焼き”の味にはうるさいです。

でも、おいしく作る自信がないぞ。と・・・。

だて、この30年くらい作ったことありません。

はい。 調べましたよ。

Googleで。

「おいしい たこ焼き 作り方」

とか検索して。

結果は、出るわ出るわ。

動画、写真、親切に書いてくれている人がなんと多いんでしょう。

おかげさまで、かなりおいしかったです。

大阪人の面目が立ちました。(笑

にしても今は情報が簡単に手に入るのでストリートダンス少年とか少女のレベルも昔に比べると飛躍的にあがったらしいですね。

うまい振り付けとかの情報が無限にあるからなんだそうです。

ビジネスにしてもそうみたいです。

サーチ力の高い方はずいずいぐんぐん進めていっちゃうので見ていて気持ちいいですね。

足元でなかなか気がつかないですがGoogleで知りたい情報を見つける力と斜め読みでインプットする力を上げていくのも重要だなーと。

たこ焼きを必死の形相で焼きながらえていました。

追伸:

※ポッドキャストをお聞きのみなさまへ重要なお知らせです。
ITUNESに河野のポッドキャストは2番組あります。
■1つ目海外在住者向けホームページ制作実績NO.1 コンテンツラボ 河野竜夫 の「インターネットビジネスってそういうことだったのか」http://itunes.apple.com/us/podcast/id317269853

■2つ目インターネットビジネスってそういうことだったのかhttp://itunes.apple.com/us/podcast/id317276379

このうち1つ目の番組が8月で配信停止になります。
1つ目を御登録下さっている場合は、2つ目の番組に変更してくださいますようよろしくお願いします。

追伸その2:
ゲストで登場いただいた岡林さんとの無料対談音声。大好評リリース中です。
細かい説明は不要なくらい、”絶対に”役にたちます。
岡林さん×河野の対談インタビューはこちらです。

サービス業で起業して軌道に載せる教科書
⇒ http://www.contentslab.net/kigyokataidan.html

今週もがんばりましょう!

 

 

 

 

 

似たような記事はこちら
最新の記事はこちら